日焼けしちゃった…!ダメージを残さないアフターケア方法とは?

BEAUTY

日焼け対策はばっちりだと思っていても、急な外出やうっかり塗り忘れ、長時間の屋外や汗によって落ちちゃったり……
さまざまな理由で思いがけず日焼けをしてしまうことはあるもの。
うっかり日焼けをしてしまっても、諦めてはいけません!
日焼けによるダメージはアフターケアで軽減することができるのです♡

ダメージを残さないアフターケア方法▷① その場で冷やして応急処置!

ヒリヒリが長引く赤くなるタイプの人も、皮がぼろぼろ向けちゃう黒くなるタイプの人も、とにかく出来る限り冷やすことが重要!日焼けとは、言ってしまえば軽いヤケド。なによりお肌の健康状態が最優先です!

バーベキューやアウトドアであれば、手持ちのドリンクや保冷剤を。海などであれば極力真水でぱたぱたとするなど、身の回りのものを活用しながら、とにかく冷やしてくださいね。

自販機やコンビニで冷えているアイスや、ドリンクを購入するのもオススメです。もちろん、冷たすぎる氷などは一枚布をはさんで、直接肌に触れないように。

それから、すでに焼けてしまっている部分は、これ以上焼かないよう気をつけることも大切です!

ダメージを残さないアフターケア方法▷② 「お風呂」がカギ!

受けたダメージは、なるべく早めにケアすることが大切。日焼けとの戦いは、時間との勝負でもあるのです!

日焼けでダメージを受けた体に、あったかい湯船はNG。必ずその日のうちにシャワーを浴びるか、リラックスしたい人にはぬるいお風呂に入ることをオススメします。

髪や体を洗う際にも、日焼けした部分にお湯が当たってしまうのは極力避けて下さい。日焼けした部分は、とにかく冷やすことを考えましょう。

体を洗うときには、タオルなどでこすらず、しっかり石鹸を泡立ててから手で優しく洗いましょう♪この時ソープの類をしっかり泡立たせないと、体についた日焼け止めが落ちず、肌荒れなどのダメージの原因に。

ダメージを残さないアフターケア方法▷③ 日焼けをしても「美白」は大事!

日焼けダメージのアフターケアで一番大切なのが、ケアをその日のうちにやめてしまわないこと。

もちろんその日のケアが最も大切ですが、続けて行なうことでダメージはかなり軽減されるのです!それでは、続けてほしいケア方法とは?

お風呂上がりや寝起き、外出から帰ってきた際など、無意識に肌にダメージがかかっているとき、実践してほしいのが、「パッキング」。全身に使える化粧水を購入し、夏のあいだは常に冷蔵庫で冷やしておくのが日焼け対策の常識!

日焼けケア専門のものも、ドラッグストアなどで売っていますが、お肌の潤いが保たれにくいので、「美白タイプの乳液」が俄然オススメ!冷やした化粧水をコットンにとり、日焼けした部分に優しく当てるだけで、跡残りや痛み、熱っぽさが全然違いますよ。

ダメージを残さないアフターケア方法▷④ 継続こそ究極の「日焼け対策」。

②や③で紹介したアフターケアはもちろん、一度ダメージを受けてしまった部分に関しては今後焼かないよう、さらに努力をすることが重要。

日焼け止めやメイク用品同様に自分の肌質・体質に合ったケアの方法、ダメージ軽減を目指すことが大切ですよね。

食生活でも、リコピンが多く含まれるトマトなどを摂取することを心掛けたりすると◎内面も外面もケアしていくことで、本当の意味での日焼け対策が完璧になるのです!

引きずりたくないダメージは、事前にも事後にも重ねて対策するのが一番!
もし日焼けをしてしまっても、諦めずにご紹介したアフターケア方法を実践してみて下さい。
肩や足に跡が残らないのはもちろん、お肌へのダメージだって軽減されるのです♡