タラレバ卒業宣言!男女問わずモテる「大人の余裕」を作る方法

LIFESTYLE

現在日本テレビ系列で放映中の話題沸騰中のドラマ、「東京タラレバ娘」。
アラサー3人娘の奔走する姿に自分を重ね、心がズタボロになるアラサー多数……。

アラサーでなくても、恋に仕事に奮闘する女子なら、誰もが経験したことのあるシチュエーションに共感の嵐!
とはいえ、共感しているだけではダメなのです。「〜だったら」「〜してれば」はもう卒業して、年齢を重ねた分の余裕を醸し出せる自分になる方法をご紹介します♡

タラレバ卒業宣言。大人の余裕を作る方法①過去を振り返らない

「もっとこうだったら」「あの時こうしてれば」と、タラレバが出るのは過去を振り返って後悔をしているから。
年齢を重ねる中で取捨選択してきたものを振り返った時に、「あの時こうしていれば良かった……」と後悔することも、中にはあると思います。
でも、後悔したところで現状は同じ。それは、あなた自身が1番よくわかっているはず。

自分が今まで選んでこなかった人生の代わりに過ごしてきた時間が必ずあります。
それは人生の中では余暇かもしれないし、恋愛を顧みずに仕事に没頭してきた時間かもしれません。

それはどんな時間であっても、あなたを彩るかけがえのない時間のはず。
「何も得ていない」と焦るのではなく、今ある現状に感謝すること。
そして目の前にある余白をこれからの伸びしろと思って、可能性に思いを馳せましょう♡

タラレバ卒業宣言。大人の余裕を作る方法②柔軟性を持つ

年齢を重ねると、視野が広くなると思いがちですが、実は逆に視野が狭くなっている可能性があるかもしれません。

自分の価値観や周囲の環境に情報が偏ってしまい、考え方が凝り固まってしまうことがしばしば。
世間体や周りの情報に振り回されるのではなく、自分の置かれている状況や経験の中で自分にとっての幸せを見いだせるようになったら今よりもグッと生きやすくなるはず♪
隣の芝は青く見えるかもしれないけれど、逆も然りなのです。

幸せになりたいと思う気持ちは誰もが抱くもの。
けれど世間で言われている「幸せ」と、自分の感じる「幸せ」は必ずしも同じとは限りません。
両方をバランス良く考えることが柔軟性を作り出して大人の余裕を醸し出せるのではないでしょうか♪

タラレバ卒業宣言。大人の余裕を作る方法③素直さを忘れない

経験値が増えていくにつれて、素直さが少しずつ減ってきてはいませんか?

失敗を恐れて自分の気持ちにブレーキをかけたり、保険をかけて傷つかないようにすることは、未来の“タラレバ”を生むことになります。

知識や経験が増えれば、恐怖心や羞恥心もおのずと付きまとうものですよね。
それでも、自分の気持ちにいつも素直にいることが、「あの時こうしていれば」と後悔する機会をひとつ減らすことになるかもしれません♡

タラレバ卒業宣言。大人の余裕を作る方法④プライドの使い所を間違えない

年を重ねると、自分の仕事やライフスタイル、価値観など至るところにプライドが顔を出します。
自分の意見に誇りを持ったり、ポリシーを貫くことはとても大切なことです。

でも例えば、年下の男性を好きになってしまった時。
プライドが邪魔して素直になれないなんてことがあるなら、それはプライドの使い所を間違えています。
これこそ後に「あの時素直になってれば……」とタラレバ確定!?

経験を重ねる毎に、複雑に絡み合う思いを素直になることで軌道修正できたら、こじらせることもなくなるはずです。

タラレバ卒業宣言。大人の余裕を作る方法⑤たまには「タラレバ」も良し

ここまでタラレバはやめましょう、と言ってきましたが、時には「あの時こうだったらな〜」「もっともうしていれば!」と女子会で言い合うことも、実は前を向くために必要なこと。
女子会の時間があるからこそ、明日また元気に頑張る活力を得ることが出来るのです。

その代わり、タラレバ言うところで立ち止まってしまったらもったいない!
タラレバ発散をした後には、今日の自分をもっと好きになって、年齢に急かされず自分の人生を楽しみましょうね。

周りに惑わされずに自分の人生を謳歌することこそが、大人の余裕を作り出すことに近づくはずです♡

年齢を重ねる毎に、経験や知識やプライドが邪魔して身動きが取れなくなってしまうことがあると思います。
そんな時こそ初心を忘れず、重ねる年齢を楽しめ大人の女性は魅力的ですよね。
大人の余裕を作り出して、素敵な女性へと変身していきましょう♡