《あなたはO脚?X脚?》美脚の大敵「足の歪み」を解消する方法4つ

《あなたはO脚?X脚?》美脚の大敵「足の歪み」を解消する方法4つ

BEAUTY

足の歪みは女性に多い悩みのひとつです。
足が歪んでいると、細くても綺麗に見えないといったコンプレックスもありますね。

また、足の歪み方には種類があります。
足の歪みについて知ることで、改善する可能性も見えてきますし、歪みの対策をとることもできるでしょう。

今回は、足の歪みについてご紹介していきます。
もし足の歪みを治したいと思っている方は、ぜひチェックしてみてくださいね♪

足が細くても、歪みに悩んでいる女性が多い

スタイルを良く見せるために、とても重要なポイントとなる足。

足は、細ければ良いというわけではないんです。
歪んでいる、形が悪いといっただけで、スタイルに悪影響を与えるでしょう。

せっかくすらっとした細い足を持っているなら、とことん綺麗に見せなくてはもったいないですね。
特に、春夏などの暖かい季節は、足を見せる機会も多いので、自信を持ちたいものです。

足の歪みで悩みがちなのが、O脚とX脚、XO脚といった固有の形状です。
疲れやすいといった悩みはもちろん、足に脂肪がつきやすいといった弊害も伴うようですね。

足の歪みの原因

多くの女性が悩んでいる足の歪み。
そもそもどうして足は歪んでしまうのでしょうか?

足の歪みの原因は、ほとんどが普段の生活の中にあるようです。

運動不足、高いヒールを履く、足を組む、猫背、立っている際に左右どちらかに体重をかけている、荷物をいつもどちらか片方の手で持ってしまう、など、挙げだしたらきりがありません。

これらを習慣的に行っている方は、足が歪んでいる可能性があります。
たとえ今歪んでいなくても、将来的に歪む可能性があるということに……。
普段の生活の中で少しでも歪まないように、対策することが必要になってくるでしょう。

あなたの足は大丈夫?歪みチェック

自分の足は歪んでいるのか歪んでいないのか……。
鏡を見て分かる方もいれば、分からない方もいるはずです。

そこでおすすめするのが、足の歪みチェックです!
足の歪みは、自分でも簡単にチェックすることができるのです♪

まず、美脚の条件は、立った際に親指の内、くるぶしの内、ふくらはぎ、膝、太ももがピタッと綺麗にくっついていて、なおかつそれぞれに隙間ができている状態です。
これらの条件を満たしてれば、歪みはないと考えても良さそうです。

<チェック方法①>
①立った状態でくるぶしの内をくっつける。
②3センチほど、親指と親指の間に隙間を作る。

この時、膝下や膝上、または両方に間が空いてしまう場合はO脚!
膝同士が当たってしまい、膝下、膝上に隙間ができているとX脚です!
膝が内を向き、ふくらはぎはくっつかず、膝とくるぶしがくっついている場合はXO脚です!

<チェック方法②>
もっと簡単にチェックできる方法があります。
普段自分が履いている靴の裏を確認する方法です。

靴の底が外側だけすり減っていて、ガニ股系傾向の方はO脚!
逆に、内側がすり減っている内股傾向の方は、X脚と言えるでしょう。

いかかでしたか?自分はどの歪みの傾向に当てはまったでしょうか?

足の歪みの種類①O脚

歪みの種類のひとつである、O脚について説明していきます。

実は、日本人の約9割の方は、O脚といわれています。

O脚には大きく分けて、2つの種類があるそう。
ふくらはぎが開いているO脚と、ふくらはぎと膝と太ももの全てが開いているO脚です。

1つ目のふくらはぎのみが開いているO脚は、股下O脚と呼ばれています。
股下O脚は、ふくらはぎが開いてしまっているというのが特徴です。
そのため、ふくらはぎの外側に筋肉がついてしまい、足が太くなる可能性があります。

ガニ股歩きをすることで、ふくらはぎの外側に筋肉がつくので、骨が外に引っ張られてしまい、O脚になりやすくなるんだとか。

モデルの歩き方をイメージして、上半身で足を動かす感覚で歩くと、ガニ股が改善されるみたいですよ!

2つ目のふくらはぎと膝と太ももが開いているO脚は、ふくらはぎや太ももなどに筋肉がつくため、足全体が太く見えやすくなります。
こちらもガニ股の人が多い傾向にあります。また、猫背の方にもあてはまるそう。

猫背になると、骨盤が後ろに傾いてしまい、重心が後ろに移動してしまいます。
それを支えようと、足の外側の筋肉を使うんですね。
そして、骨を外側へ引っ張ってしまうことで、O脚になってしまうんだとか……!

普段から、骨盤の傾きを改善することに意識しましょう。
重心を中心に持ってくると良いですね。

足の歪みの種類②X脚

次に多いといわれているのが、X脚。
X脚は基本的に内股になっている状態で、女性らしいシルエットが特徴です!
そのため、ポジティブに取られている女性もいるでしょう。

ふくらはぎと太ももが開いているX脚は、おしりと太ももに筋肉がつきやすく、太く見えがちです。
このタイプは、骨盤が後ろに傾いていて、おしりが突き出た状態であるケースが多いです。

O脚の1つの例でも、骨盤が後ろに傾いているということがありました。
その状態の時に、ガニ股にならないように足首を内に持っていこうとすると、X脚になりやすいのです。

お尻を上げた状態を保てるよう、意識すると改善しやすいそうですよ♪

足の歪みの種類②XO脚

XO脚とは、太ももとふくらはぎとくるぶしが開いてる状態のことをいいます。
こちらはX脚よりさらに内股で、足の歪みがわかりやすいことが特徴です。

XO脚の方は、足でバランスをとるのではなく、上半身でとろうとするため、上半身が太りやすいようです。
前に重心がかかり、お尻が突き出した状態の方に多く見られます。
つま先に体重がかかり、膝が引き寄せられた状態になっているんですね。

傾向を見ても分かる通り、骨盤が前に傾いていることが多いです。
逆に後ろに傾きすぎていてもO脚になってしまうので、体の中央に重心を置くことが大切です!

スカートを履く際に足が開かないよう、太ももに力を入れてしまうと、XO脚になりやすいそうです。
品良く座ることは大切ですが、無理に力を入れすぎないようにしてくださいね。

足の歪みを治す方法①靴の選び方に注意する

特にX脚の方は、自分に合った靴を履いてないことが多いので、靴選びはとても重要です。

靴が自分の足にしっかりフィットしていないと、徐々に歩き方がおかしくなり、足が歪んでしまいがち……。
靴選びから見直し、根本的に改善していきましょう♪

自分に合った靴を選ぶ際には、自分の足のサイズを知ることが大前提です。
長さだけで判断する方が多いですが、周囲など全てを含めてサイズを決めるのが基本となります。

また、靴に余裕があるというのは、あまり良くないようです。

なお、つま先部分が1センチ程度隙間があるものがおすすめですよ。

足の歪みを治す方法②歩き方に注意する

O脚にしてもX脚にしてもXO脚にしても、普段の歩き方を改善することで、歪みが良くなる可能性があるんだそう。

まずは、内にも外にもつま先が向かない歩き方が理想です!
爪先が真っ直ぐ前を指すことを意識して歩きましょう。

それができるようであれば、さらに歩幅を広く、そして速く歩くことがポイントです。
その方が足の歪みに影響がない歩き方になるんだそうです♪

爪先が真っ直ぐ前を向くように、歩幅を大きく、速く……この3つのポイントを押させて歩き方を見直してみましょう♪

自宅に姿見などがあれば、鏡の前で練習してみると良いですね。

足の歪みを治す方法③ストレッチをする

足の歪みが気になるなら、ストレッチもおすすめです。

足の歪みに効くストレッチは数多くあります。
今回は、簡単にでき、どんな歪みにも効果があるといわれている、ストレッチ方法をご紹介します。

<ストレッチ方法>
①足を真っ直ぐ伸ばした状態で座ります。
このとき、猫背にならないように気をつけましょう。
②足を肩幅くらいに広げます。
③その状態で、爪先を内に向けます。
足首が垂直になるように意識しましょう。
④今度は逆方向に、かかとを内に向け、できるだけ爪先を外に向けます。
⑤これを30回ほど繰り返します。

このとき足先だけを動かすのではなく、付け根から足全体を使うイメージで動かすことがポイントです!

足の歪みを治す方法④エステサロンや整体に相談する

足の歪みは、人それぞれ異なります。
さらに、骨盤の歪みが関わっていることが多く、自分では対処方法がわからなかったり、根本的な対策が打てなかったりするでしょう。

そんな時は、エステサロンや美容外科クリニックなど、プロに任せてみることもひとつの手段です!

主なクリニックをご紹介します。

◆渋谷DSクリニック
渋谷と銀座に院を構えるクリニックです。
全身・部分痩せ医療ダイエットや肥満外来を中心に施術を行っているそう。
ダイエット骨盤整体も行っているようです。
オーダーメイド診療を心がけているそうなので、カウンセリングにて相談してみてはいかがですか?

◆Dr.KAKUKO スポーツクリニック
首・肩・背中・腰などの診療やボディーワークに関する指導を行うクリニックです。
代官山に院を構えています。
「健康であることは美しい」をポリシーとして、姿勢・全身を整えるプログラムを用意しているそう♪
興味がわいたら、まずは問い合わせてみませんか?

今回は、足の歪みについて詳しくご紹介しました!

多くの女性の悩みでもある足の歪み。
足の歪みについて知ることで、自分はどのようなボディバランスなのか、美脚になるためにはどうしたら良いのか、自ずとわかってきそうですね♪
O脚、X脚、XO脚といった3つの歪みをご紹介しましたが、歪みの種類によって、原因や改善方法も変わってくるでしょう。

今回の記事を参考に、まずは自分がどれに当てはまるのかを見つけてみましょう!
その上で、セルフケアに努めてみると良いですね。

しかしすでに痛みがあったり、太りやすくなったといった悩みを抱えていたりする場合には、プロに施術をお願いする方法もアリでしょう!
歪みを改善するだけでも、見た目の印象が変わる可能性もあるんです。
整体やクリニックへ相談をしてみて、より具体的で適切なアドバイスを受けてみてはいかがですか?