忙しくて頭の中がごちゃごちゃ……!生活を整理する方法って?

LIFESTYLE

忙しいと考えることがたくさんあって、頭の中がゴチャゴチャに...。
忘れっぽくなることもあるし、もはや何を覚えなくちゃいけなくて、何を忘れていいかのさえ区別がつかないほどに。
そんなときに役立つ「生活を整理する方法」をご紹介。

【生活を整理する方法①】タイムマネジメントをする

忙しいときに一番感じるのは「なぜ一日が24時間しかないのだろう」とか「もっと時間があればできたのに」という“時間”が足りない問題。

確かに時間があればできることも増えるし、やりたいこともできます。
疲れた体を休む時間だって当たり前のように確保できるのです。

しかしながら24時間という時間の制約はどうにもできないもの。
24時間でどれだけ仕事ができるのかという“タイムマネジメント”をするべきです。

そのためには24時間を円グラフのように仕切ってみるのがおすすめ。
今の生活はどのような時間管理のもとで成り立っているのかを視覚化できます。
それを見てみると必ず改善点を見つけることができるので、自分の理想の時間配分を円グラフ化しましょう。

きっとその円グラフはタイムマネジメントされて、すっきりしているはずです。

【生活を整理する方法②】身のまわりを片付ける

忙しいと部屋中に散乱しだす資料たち。
どこにあったっけ...なんて一枚一枚探すシーンが今にも頭に浮かんできそうです。
定期的に片付けられればいいですが、片づける時間も惜しいほど。
ついつい部屋やデスクの整理整頓って怠りがちです。

そんな時こそ、手を止めて整理整頓をしましょう。
資料を一つずつ見ながら、今自分がどんな仕事をしているのか、なにをこなさなくてはいけないのかが、同時に頭の中で整理されていくのがわかるはずです。
部屋の片付き具合は頭の中を表していることに気付くはず。

いらない書類が出てくるときもあるでしょう。
そういう時は潔く捨てましょう!余分なことを考えずに、シンプルに生活していくのがポイントです。

【生活を整理する方法③】やらなくてはいけないことは余裕を持たせる

やらなくてはいけないことを明確化するための方法は簡単です。
✔今どんなタスクを背負っているのか
✔その締め切りはいつなのか
✔誰とチームを組んでいるのか
そんなことを紙に書いたり、メモに保存したり、いつでもすぐ見られる手元に残しておくことです。

やらなくてはいけないことが視覚化できたら、次はそれを“どのように進めていく必要があるのか”を吟味していきましょう。
✔起こりうる状況を予測する
✔事前に準備できるところはしておく
✔やり始めたら最後までやり通す(意思を持つ)

忙しいのにそんなことまで考えられないよ、という気持ちはわかります。
でも3分でいいから少し考えてみましょう。
前もって準備をすることで、心に余裕をもってそのタスクに挑むことができます。

切羽詰まって行ってもいい結果は生まれません。
同時進行しなければいけないこともあるとは思いますが、余裕はとても大切。

【生活を整理する方法④】大切なものを大切にする

出典:www.beautyh2t.com

忙しければ忙しいほど、大切なものに対して大切に扱わなくなります。
大切なものとは、家族や恋人、親友、そして自分です。

自分のことを分かってくれている存在、許してくれるであろう存在だからこそ、相手にしなくなってしまいます。

でも一番あなたを気にかけてくれているのは、いつもそばにいてくれる人たちと自分のからだ。
みんなを大切にしてあげましょう。
今何をやっているのか、相手にあたってしまったら心に余裕がなかったと謝る等、丁寧に説明することも必要なときがあります。

また、忙しいときもっとも労わってほしいのがあなたのからだ。
とても疲れています。悲鳴を上げているかもしれません。
その声にしっかり耳を傾けてあげてくださいね。

①タイムマネジメント
②身のまわりの整理整頓
③やるべきことに余裕を持たせる
④大切なものを大切にする
これらのことを頭の中に整理整頓して、ひとつひとつのタスクに集中できるといいですね。
紙に書き写しておくのも効果的ですよ◎