お母さんに若々しくいてほしい!50代女性の足の悩みとは

BEAUTY

何歳になっても美しくありたい!と女性なら誰しも考えることですが、年齢と共に身体が変化し、気持ちだけではどうしようもなくなることがあります。

50代になると特にその差が生まれるようで、中には一見年齢不詳の「美魔女」と呼ばれる女性もいます。今回は年齢の出やすい下半身、特に50代女性の足の悩みやその対処法を探ってみました。

お母さんに若々しくいてほしい!50代女性固有の悩み

出典:experiences.lastminute.com

女性は一生のうちで3回、身体の変化を経験するといわれています。

一度目は8歳~18の思春期の時期で、少しずつ女性らしい体型に変わり、生理も始まります。二度目の身体の変化は24歳~26歳の間です。女性ホルモンの分泌が活発な時期でもあるため、より女性らしい体つきへと変わります。

成熟期の後半、37歳~39歳のころに三度目の身体の変化がやってきます。この頃になってくると、徐々に女性ホルモンの分泌量が減ってくる時期でもあり、さらに身体全体に加齢によるたるみを感じるようになってきます。

50代に入ってくると更年期の症状を感じる方が増え、さらにエストロゲンの分泌がいよいよなくなる時期にもなります。エストロゲンは、女性らしい身体をつくってくれるのと共に、コレステロールを下げるはたらきもあるため、なくなってしまうと肥満や高血圧などに悩まされる場合もあります。

50代以上の女性の足の悩み①疲れがとれない

出典:www.istockphoto.com

足の悩みの上位に上がることが多い足の疲れは、10代や20代の頃なら少し休めばなくなったり軽くなったりしましたが、年齢を重ねると少し休んだだけではとれにくくなってきます。

考えられる原因は加齢もありますが、更年期障害が原因の場合もあります。更年期障害の症状として、のぼせや発汗といった「ホットフラッシュ」がよく上げられますが、だるさや疲れもあります。

ケガをしていたり、熱があるわけではないため、周りからは「やる気がないだけでしょ?」と見られがちですが、更年期障害は女性ホルモンが減少して、自律神経のバランスが崩れてしまって起こるため、自分ではどうしようもありません。

特にまじめな方は「今まで出来たんだから……」と無理してしまうことがあり、余計に足の疲れを招いてしまうようです。

まずは自分をいたわり、周りに遠慮せず体調が悪いときは決して無理をしないようにしましょう。睡眠をきちんと取り、規則正しい生活を心がけるようにすることも大切です。

50代以上の女性の足の悩み②つりやすい

出典:www.davidwolfe.com

寝ている間や、運動中にふくらはぎや足の指がつり、あまりの痛さに目が覚めてしまったり、うずくまってしまったりした経験は誰でも1度はありますよね。

足がつる原因は、脱水症状や運動不足が上げられますが、冷えもそのひとつです。

女性は男性と比べると筋肉量が少ないため冷え性の方が多く、血液の流れが悪くなっているところに急に発汗があると、足がつってしまうようです。

ですが、足の動脈が詰まったり、血管が細くなったりしたことが原因で足がつる場合もあります。足がつる状態を頻繁に起こすのと同時に、むくみやしびれ、喉のかわきがひどいなどの症状を感じる場合は、医師に診てもらうようにしましょう。

50代以上の女性の足の悩み③臭い

出典:www.istockphoto.com

気になる体臭といえば、ワキガや加齢臭、口臭の他、足の臭いがありますよね。こういった体臭は、男性に多いイメージがありますが、実は足の臭いに関しては女性の方が多いともいわれています。

足の裏は汗をかきやすい場所ですが、女性はストッキングやタイツ、通気性の悪いパンプスを履く機会が多く、冬場になるとブーツを履く女性も増えるため、足がむれやすくなります。

汗そのものはほとんど臭いがないのですが、足の汚れや古い角質などが、靴の中にひそむ雑菌の繁殖を助けてしまい、あの独特の臭いを発してしまうのです。

50代以上になると、女性ホルモンの減少が原因で加齢臭が強くでる場合もあります。それと共に、足の臭いがきつくなることもあるようです。

対策としては、入浴したときにしっかりと汚れを落とし、爪垢の手入れも忘れずに行いましょう。5本指ソックスとストッキングを併用したり、靴の中敷きを消臭や抗菌効果があるものに変えるのもおすすめです。

消臭効果があるスプレーをこまめに使うのもおすすめです。足用のスプレーもありますので、気になる方は常にバッグに入れて、気になったときにスプレーしましょう。

【医薬部外品】ドクターショール フットスプレー 足用 制汗スプレー 150ml

¥619

販売サイトをチェック

50代以上の女性の足の悩み④かかとなどの全体的な肌荒れ・乾燥

肌の悩みは?といったアンケートを行うと、どの年代でも「乾燥」が入ってきます。顔や手はもちろんですが、冬場になるとかかとやすねの乾燥がよく上げられます。

50代以上になると、かかとに関しては乾燥に加えてひび割れに悩む女性も増えます。あまりにひどくなり、歩くたびに痛みが走ったり、ストッキングが引っかかって切れてしまったり、などというCMを見ることがあるほどです。

歩いたり、体重がかかったりする足裏は固くなりやすく、古い角質がたまりやすいところです。しかも足裏には皮脂腺がなく、汗をかきやすいのに乾燥しやすいというやっかいな場所でもあります。

まず溜まった角質を取り除いてから保湿ケアをするようにしましょう。

50代以上の女性の足の悩み⑤爪水虫、巻き爪、スプーン爪、冷え

出典:www.fashionlady.in

手の爪は1日の間で何度も見たり気にしたりしますが、足の爪はあまり気にしない方が多いですよね。ですが、いつの間にか爪の形が変わったり、指の形が変わったりしてしまうことがあります。特に「爪水虫」「巻き爪」「スプーン爪」は気を付けたい爪の病気です。

水虫は男性がなりやすいものと思う方も多いですが、今は女性の間で爪水虫に悩む方が増えてきました。ブーツやパンプスなど、蒸れやすい靴を履く時間が長く、そのため爪の間の汚れや垢をエサにして水虫菌が増殖することが原因です。

巻き爪は生まれつきの方もいますが、ペティキュアなどが原因でなることもあるそうです。スプーン爪は、特定の爪だけなる場合もあるそうですが、主な原因は貧血といわれています。

年齢とともに、二枚詰めや爪の割れに悩む方も増えてきますが、栄養の偏りや冷えが原因であることが多いです。

冷えに関しては、女性ホルモンの減少から自律神経が乱れ、50代になってから冷え性になってしまった方もいます。

鉄分の多い食品や、タンパク質を積極的に食べるように気を付けたり、しっかりと睡眠をとったりするようにしましょう。

50代以上の女性の足の悩みを改善する方法①足への負担を減らす

出典:store.monique.com

足の悩みはいろいろありますが、悩みがあっても「歩く」ことからは逃れられません。まずは靴を見直しましょう。

外反母趾のように、足指の形が変わってしまったり、爪の形が悪くなってしまったりしたなら、専用の靴に変えたり、中敷きを入れたりしましょう。中敷きは、全体に入れるものだけでなくいろいろなタイプがあります。目的に合ったものを選ぶと、だいぶ足の負担が減ります。

仕事の関係でヒールが手放せない方でも、年齢や足指対策が施された靴が販売されています。値段はお高めですが、足の健康を取り戻さなければ身体にも影響が出てきます。

靴そのものを替えなくても、靴修理専門店で当たるところを伸ばしてもらうこともできますので、気になる方は一度相談に行ってください。

50代以上の女性の足の悩みを改善する方法②食生活とマッサージ

出典:headsup.boyslife.org

立ち仕事やデスクワークの女性の中には、朝は丁度よかった靴が、夕方になるときつく感じたり、足がむくんだりすることがあります。これは、筋肉不足や冷えによる血行不良や、50代の女性の悩みでもある更年期が原因だそうです。

対策として、コーヒーやアルコールを飲み過ぎたり、加工食品をあまり食べ過ぎたりしないように気を付け、カリウムが多く含まれている食品1日2000mgを目安に食べるようにしましょう。

《カリウムを多く含む食品》
・アボカド 1個 1000mg
・バナナ 1本 390mg
・ジャガイモ 1個 230mg
・サツマイモ 1個 450mg
・納豆 1パック 330mg
・まぐろ(赤身)5切れ 40g 150mg

家で行える簡単なマッサージもおすすめです。気持ちいいと感じる程度の力加減で、お風呂上りに行うといいですよ。

《マッサージの方法(足全体)》
①軽く膝を曲げて座り、足首から膝頭に向けて手のひらでさすり上げます。
②膝の裏を5秒間押します。(3回)
③膝頭から太ももに向かって、手のひらでさすり上げます。
④1~3までを片足ずつ3回行います。

《マッサージの方法(足首と足指)》
①内くるぶしの後ろを親指で押します。
②そのまま足首をつかんで、もう片方の手の指を足の指の間に挟みます。
③2の状態のまま、足首を3回まわします。
*右足首は左手でつかみ、足の甲側から指を挟むとうまくできます。

50代以上の女性の足の悩みを改善する方法③市販薬やクリームに頼る

出典:www.idiva.com

足のむくみは市販薬に頼るのも方法のひとつではないでしょうか。おすすめをご紹介いたします。

■エスエス製薬 アンチスタックス
赤ブドウの葉が血管の疾患治療や傷薬として使われていたことから、乾燥エキス混合物が有効成分として使用され、足の疲れやつっぱったような痛みに効果が期待される市販薬です。まずは約3週間続けるといいそうです。

【商品情報】
エスエス製薬「アンチスタックス」
40カプセル(20日分) 2,900円(税抜):60カプセル (30日分)3,900円(税抜)

■DHC メリロート
メリロートはマメ科のハーブでクマリンという成分を含んでいます。そこへトウガラシエキスやイチョウ葉エキスなどを合わせ、余分な水分を排出してくれる効果が期待できるそうです。

【商品情報】
DHCメリロート
1日2粒目安(30日分)950円(税抜)

かかとのひび割れは、セラミド入りのクリームを使うとより効果が期待できます。セラミドは油分や水分を抱え込んでくれる細胞間脂質ですが、加齢や環境の変化で減ってしまいます。数ヶ月続けて塗っていくうちに、ひび割れが収まる効果が期待できます。

バリアバランス保湿ジェル

¥7,344

販売サイトをチェック

50代以上の女性の足の悩みを改善する方法④専門クリニックや美容外科クリニックに相談する

出典:www.webmd.com

足の悩みは、自分ひとりでは解決できない場合もあります。そんなときは思い切ってプロに相談するのもおすすめ。足専用サロンをご紹介いたします。

■Salon de Pure Body(サロン ド ピュア ボディ)
女性専用のサロンで、足の悩みならなんでも相談に乗ってもらえる頼もしいサロンです。メインは2時間以上かけて行うコースに、オプションで靴診断も行っています。

■aplicie(フットケアサロン アプリシエ)
歩行や姿勢、ウォーキングレッスンまでオーダーメイドで足の悩みに対応してもらえる、こちらも女性専用のサロンです。

Salon de Pure Body(サロン ド ピュア ボディ) aplicie(フットケアサロン アプリシエ)

足の悩みはは年齢に関係なく女性の永遠の悩みです。50歳以上になれば身体の変化に伴い、さらに悩みが増すこともあります。

でも、決して諦めることはありません。解消できる方法はいくらでもあります。いくつになっても美しく元気にいきましょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。