普段の仕草にちょこっとプラス♡簡単に「上品さ」を出すコツ4つ

BEAUTY

いつの時代も、愛される女性の条件として挙がるのが「上品」であること。
今回は、この「上品」を簡単に身にまとう仕草をお教えします♡

愛され上品を作る簡単な仕草①会話の途中に一呼吸置く

会話は相手とのコミュニケーションです。

区切りの良いところまで話した後は、一呼吸。
一呼吸置くことで、バーッと自分だけが話すことを避けられますし、相手の意見を聞くタイミングにもなります。
そのタイミングで、相手の話に切り替えることも出来ますよね。
その余裕が品の良さに繋がります♡

また話すスピードは、早口にならないように気をつけましょう。
遅くない程度の落ち着いたスピードは、相手にとって聞きやすくて丁度良いですよ♪

愛され上品を作る簡単な仕草②口角を上げて、目を見て話を聞く

話をしている時に、視線を逸らしてしまう人は多いですよね。

話を聞いている間中、ずっと目を見つめる必要はありません。
けれども関係の無いところを見るのではなく、目の近く(鼻や口元など)を見ながら話をすることで、ちゃんと話を聞いていることが相手に伝わりやすいのです。

そして、口角を上げて楽しそうに聞くこともポイント♡
相手の話をしっかりと聞く姿勢こそが、品のある仕草にも繋がるのです。

愛され上品を作る簡単な仕草③手足はお行儀良く

手足はだらっとせずに、綺麗に揃えるのが「上品見え」の鉄則。
どんなに話し方や身だしなみが整っていたとしても、手足がだらしないと台無しになってしまいます。

話を聞いている最中などは、手遊びをせずに両手を整えて置くことや、マグカップは両手で持つことが大切。
座る時には、足を組まないこともポイントです。

足を組む仕草はかっこよく見えますが「上品」という点では、足を揃えて座ることが正解です。
パンツスタイルの時でも座る時は、膝頭は必ずつけるように心がけましょうね。

また床のものを拾う時には、腰をかがめて拾うのではなく、必ずしゃがんで拾うように気をつけましょう。

愛され上品を作る簡単な仕草④背筋を伸ばす

背筋が伸びている女性は、凛としていて綺麗ですよね。

スマートフォンの使用と日々の疲れで、ついつい前のめりで、猫背な姿勢になってしまいがち。
電車でも吊革にもたれかかるようにして立っている人をよく見かけますよね。

そんな中でスッと伸びた姿勢の女性は目を引きます。
背筋を伸ばして歩くだけで、歩き方も綺麗になり、顔が上を向くので周りの目に美しく映ります。

姿勢の良さは、品格を感じさせますよね♪

いかがでしたか?
ぜひ普段の仕草に一工夫して、簡単に「上品」を手に入れてくださいね♡

エロさだけじゃない♡
モテる「大人の色気」を醸し出す仕草とは