意外と探すのが困難?「普通の男性」の見つけ方、教えます♡

20代も後半になってくると、よく耳にするのが、「普通の人が良いのに」という普通の男性を求める声。
でも、なかなかこの“普通の人”がいないんですよね。
「普通のはずなのになぜかどこにもいない……」と思っているあなたにとっての普通の人の見つけ方、お教えします!

「普通が良いのに……」考え直すべき恋愛条件①“普通”の基準は人それぞれ

高校生や大学生の頃は、「かっこよくて、気配りも出来て、おしゃれなお店も知っていて……」とたくさんあった理想の彼氏への条件。

結婚を意識しだし、落ち着いてくる20代後半に入ると、「やっぱり普通の人が良い!」と一周回って原点回帰する女性も多いですよね。

でも「普通の人がいいよね〜」「わかる〜!」と意気投合する友達とさえ“普通”を共有できていないのです。

なぜなら、“普通”とは人によって考え方が違うものだからです。
これまでの経験や個々の価値観によって、“普通”と思うことは人によって異なるのです。

「普通が良いのに……」考え直すべき恋愛条件②条件がある方が見つけやすい

普通の人と出会いたい時は、“普通”と思っている条件を、細分化して考えてみることが大切です。

「普通の人に出会えますように!」と思っていても、自分の中の普通が漠然としすぎていると、いざ自分にとって“普通”だと思う人に出会えても、無難すぎてスルーしてしまう可能性も。

どんな人が自分にとって“普通”で居心地が良く、恋愛対象になるのか、具体的に紙に書き出してみましょう。

そうすることで、自分がどんな恋愛条件を持っているのか認識しやすく、男性に出会った時に「条件に当てはまっているか」を自然とチェックすることが出来ますよ♡

「普通が良いのに……」考え直すべき恋愛条件③結婚まで考えられるかを想像する

恋愛は甘いものだけれども、結婚は現実の生活です。

恋愛の距離感だったら、言わなくてもいいことや我慢出来ることでも、結婚となれば何でも言い合えないと苦しくなってきます。
結婚したら、365日ずっと一緒に居て、様々な生活を一緒に乗り越えないといけないのです。

キュンとする気持ちやドキドキする恋愛感情も大切ですが、自分のだめなところも含めて、素の自分でいられるかどうかもとても大切です。
そして、相手のそれらも受け入れることが出来るかどうかも大切です。

結婚した後の生活を想像した時に「自分の生活水準や価値観に合う人」と考えると、結局自分にとって“普通の人”ということになるかもしれませんね♪

「普通が良いのに……」考え直すべき恋愛条件④自分の“普通”を見直してみる

自分の家庭や生活について、もう一度思い返してみることもおすすめです。

例えば「学生の頃に留学をさせてもらった」「実家では犬をずっと飼っていた」など、こんなことひとつを取っても、自分にとっての“普通”が見えてくるものです。

“普通の人”は、シンデレラストーリーにはそぐわないけれども、きっとあなたに1番マッチする理想の人かもしれません♡
いかがでしたか?
あなたにとっての理想な“普通の人”が早く見つかるよう願っています♡

【関連記事】恋愛マスターが使い込んでいる♡出会いを引き寄せる魔法の言葉4つ

頭は恋愛したいという気持ちでいっぱいなのに、知らず知らずのうちにチャンスを逃していませ...

見直す 条件 恋愛 見直すべき

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

岩間 あゆみ

Writer / Planner / Instructor
HP:http://ayumiiwama.com/

>もっとみる