あなたはマナー守れている?Instagramの更新が多い人の特徴4つ

SNSの中でも画像要素の強いSNSがInstagram(インスタグラム)。
最近ではインスタグラマーやインフルエンサーなど、Instagramを中心にお仕事をしている方もいるほどの人気ぶりです♡
ただ他のSNSと同様に頻繁に更新しても、フォロワー数が減っていくかも!?
今回は、更新が多すぎる女性のInstagramでの行動をご紹介いたします。

Instagramの更新が多い人の特徴①ハッシュタグをつけすぎている

Instagram(インスタグラム)は他のSNSに比べると、特徴的な使い方をします。
特にポイントとしては、ハッシュタグをつけることで“いいね”をたくさんもらえること。

空の写真をアップしたときに「#sky」「#sunset」と英語表記も交えることで、海外のインスタグラマーからも反応してもらえるのです。とはいえ、Instagramを通して仕事をしていない限り、そこまで本格的に臨む必要もないでしょう。

どちらかというと、インスタグラマーのつもりで更新をしすぎると、周りから反感を買う場合もあります。ハッシュタグについても、つけすぎると、他の人からは反応してもらえても、友人たちからはあまり評判がよくないかもしれないので注意!

Instagramの更新が多い人の特徴②どこもかしこも撮影している

一つのSNSに留まることなく、おそらく多くの人が他のSNSとうまく使い分けながら、更新をしていると思います。

その中でも画像や動画を載せるSNSといえば、やはりInstagram(インスタグラム)ですよね。特に動画を載せると反応も素早いこともあり、ハマっている人も多いのでは?

中には電車や駅の端っこで撮影したものをアップする人もいますが、これは基本的にマナー違反。他人が写り込んでしまっているなら、加工をして顔を隠すか、アップするのをやめないと、今は何も起きていなくても、いずれトラブルに発展する可能性もあります。

どこでもかしこでも撮影する動画をInstagramに投稿する人は、どうしても更新頻度が高くなってしまうのでしょう。

Instagramの更新が多い人の特徴③公共の場で動画を撮影している

先ほどもちらっと触れましたが、公共マナーを守らずに面白い動画を撮ったところで、反感を買うだけ……。たとえInstagram(インスタグラム)の“いいね”の数が圧倒的に多くても、それが支持されていることとイコールとは限りません。

よく電車の中で撮影した動画を載せる女性もいますが、マナー違反どころか、いくら他人であっても失礼な話です。

面白い動画を撮って支持を集めていても、自分のためにはなりません。
今、本当に撮影するべきかどうか、よくタイミングを考えたうえで動画や写真を撮影しましょう。

マナー違反の写真や動画ばかりみせられても、周りは不快に感じてしまうかもしれません。

Instagramの更新が多い人の特徴④「動画でした」「彼女なうに使ってもいいよ」などブームに必ずのっかる

Instagram(インスタグラム)では数か月に一度のペースくらいで、突発的にトレンドが起きます。
つい最近だと「彼女なうに使ってもいいよ」と、彼女風の写真を撮影して載せることが一つのトレンドでした。

ただし、いくら流行っているとはいえ、周りのペースに流されすぎるのは、とても危険!
特に彼女風の写真を載せるのは、いつどんなタイミングでどのように悪用されるか分かりません。

トレンドを追いかける姿勢とモチベーションは大切ですが、ブームにのりすぎて、さらに更新頻度が上がりすぎないように気をつけて!
いかがでしたか?
Instagram(インスタグラム)は、他のSNSよりも更新していて楽しいと感じる度合いが高いのでは?
画像にこだわることで、セルフブランディングにも繋がり、大きく飛躍するチャンスを掴めるかもしれません。
とはいえ、あまりにも更新しすぎても反感を買います。これ以上、大切な友人から距離を置かれないように、更新頻度や内容には十分注意を払いましょう♡

【関連記事】それウザがられますよ!SNSで話題のさりげな〜い「間接自慢」とは

4MEEE magazine Vol.1 p.116〜「SNSで華麗に生き抜く方法」Facebook(フェイスブック)やInstag...

Instagram(インスタグラム) 更新 多い

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

山口 恵理香

webライター。
モットーは「瞬間を生きる」。得意ジャンルは恋愛とライフスタイル。年間2000記事以…

>もっとみる