もう一回書いてみない?日記に書くべきネタのお話☆

LIFESTYLE

誰もが一度は書いたことのある"日記"(たとえそれが三日坊主だったとしても)。
どれくらい続いていますか?日記って結構継続が難しいもの。
これを機に、もう一度日記を書いてみませんか?

{日記に書くネタ①}基本データを書き込むべし

ここでいう基本データとは【食事、運動、目標】です。
アナタが一日生活してきた中で、この3つの項目についてどれくらいこなすことができたのかを記録してみましょう。

24時間生活してきたことの総まとめ的な感覚で書けばいいので、特に迷うことなく、やったことを記録すればいいわけです。

これを応用すれば、"レコーディングダイエット"にもなるので、痩せることも不可能ではないかもしれませんよ…♡

※基本データはあなたの生活リズムによって、カスタムしちゃいましょう!

{日記に書くネタ②}ストレスを発散させる

日記は自分が許可しない限り、誰の目にも触れることはありません。
誰にも言えない悩みやストレスを発散するのならば、ここしかありませんよ!

最近の心配事や今日起こった嫌なことは、ここに書いて明日に持ち込まないようにしておきましょう◎

翌日以降、もう一度読み返してみると、過去の自分はこんな風に考えていたのかと思ったり、解決の糸口が見えてくることもありますよ☆

{日記に書くネタ③}自分を褒める

一日過ごして、自分自身で「よくやった!」と思えることをつらつらと書いていきましょう。
自分を褒めることて照れくさく感じるかもしれませんが、日記です。
アナタしか見ることのない秘密の場所。
自分のことを褒めちぎったとしても、誰も何も言いません。

また、自分が成長したなと思うことも書いてみましょう。
「今日は○○があって、そのとき△△な自分の行動に成長を感じた」
こんな具合でOK!
成長を書き留めていくことで、過去の自分と比較しやすくなるだけではなく、新たな発見にもつながるかもしれませんよ☆

{日記に書くネタ④}ワクワクすることを書く

elitedaily.com

悩みをかいて、成長を記録して、あとは楽しいことをめいっぱい書いていきましょう!
明日はこんな予定があるとかでもいいし、こんなことやりたい!でもいいですよ。

日記の最後に、気持ちが前向きになるようなことを書いておくことによって、明日への希望が見えてくるのです。
楽しいことを考えて一日を終わらせることによって、満足度がぐぅんと上がるんです。

同時に、明日以降の計画を立てるためにも役立ちます。
どんな予定があるのか把握することによって、次の日も無事に、楽しく過ごせるように計らうことも日記の役割の一つと言えるかもしれません。

日記に書くべきことは大きく分けると…
①基本データ②ストレス③成長の記録④今後のワクワク
この4つを書くぞ!という気持ちを持っていれば大丈夫。どんなに短い文章でも構わないんです。
毎日書き続けることが大切ですよ♡