自分に合ったスムージーでキレイになろう!気になる種類と効果

女優さんやモデルさんなども健康のために愛飲しているスムージー♪
今や女性の美と健康をサポートするドリンクとして欠かせない存在になっていますよね。

しかしこのスムージーにはいくつか種類があり、それによって効果も違ってくることをご存知でしたか?
そこで今回は、自分に合ったスムージーを見つけてキレイになるために、スムージーの種類や効果についてご紹介いたします。

スムージーの種類や効果の前に基本知識をおさらいしよう♪

スムージーとは「凍らせた野菜や果物をミキサーでドリンクにしたもの」です。
野菜や果物の栄養素をそのまま摂取することができるので、多くの女性が美容や健康、ダイエットのために愛飲しています。

「野菜ジュースではダメなの?」「野菜ジュースと何が違うの?」と思うかもしれませんが、スムージーと野菜ジュースでは摂取できる栄養素の高さが違うんです!
実は市販の野菜ジュースは甘くするための加工や、雑菌のために加熱処理をされていることが多いことをご存知でしたか?

砂糖などの余分な加工によって栄養の吸収を妨げてしまうことがあるんですよ。
また、野菜や果物に含まれるビタミン類は熱に弱いので、加熱処理を行うことで栄養価が壊れてしまっている可能性もあります!
このことから、生の状態で作るスムージーは大切な栄養素を失うことなく、体内に吸収することができるので、「スムージーのほうがいい」といわれています♪

では、ここからはスムージーの種類や効果についてご紹介していきます。

スムージーの種類と効果①グリーンスムージー

最初にご紹介するのはグリーンスムージーという種類のスムージーの効果についてです。
グリーンスムージーは、多くの女性が健康維持やダイエット目的で取り入れているドリンクで、スムージーの中でも主流になっている種類のひとつ!
「緑」という名前がついているように、葉物野菜をメインに使ったスムージーであることが特徴です。

ほうれん草や小松菜、青梗菜などの葉物野菜には、ビタミンやミネラル、食物繊維などが豊富に含まれているので、便秘解消や腸内環境改善など嬉しい効果が期待できます♪
また、必要な栄養素を摂取しながらカロリーを抑えることができるので、1日一食をグリーンスムージーに置き換えれば健康的にダイエットすることができますよ。

自分でも作れますが、水で溶かすだけでいい粉末タイプもあり、手軽に始められることもグリーンスムージーの魅力!
「忙しくて作れない」「手軽に栄養補給したい」という女性は、市販のグリーンスムージーをぜひ試してみてください。

スムージーの種類と効果②レッドスムージー

次にご紹介するのはレッドスムージーという種類のスムージーの効果について。
グリーンスムージーの次に人気の高いスムージーが、レッドスムージーです!
レッドスムージーとは、トマトやニンジン、赤パプリカ、いちご、ザクロなど赤色の食材をメインに使って作ったスムージーのこと。

レットスムージー最大の特徴は、美肌やアンチエイジングに効果的であることです。
トマトに含まれているリコピンには、老化の原因となる活性酸素を抑制する作用があり、美肌維持に欠かせないビタミンも豊富に含まれています。
ニンジンは高酸化作用があるベータカロテン、リンゴの皮にはポリフェノール、いちごにはビタミンと、美肌作りに欠かせない栄養素をたっぷり摂取することができますよ♪

最近では、アサイーやマキベリー、ブルーベリーなどを含む紫色のスムージーもレッドスムージーと呼ばれることがあり、こちらも抗酸化作用が高いことからアンチエイジングに効果的だといわれています。
葉物野菜特有の青臭さを感じてしまうことがあるグリーンスムージーより、「フルーティーで飲みやすい」という女性が多いので、美肌や飲みやすさを重視するならレッドスムージーがおすすめですよ。

スムージーの種類と効果③ヘルシースムージー

次にご紹介するのはヘルシースムージーという種類のスムージーの効果についてです。
スムージーの中でもあまり聞きなれない種類であるヘルシースムージーは、必要な栄養素を食物から効率よく摂取するためのスムージーだといわれています。

イメージ的にはグリーンスムージーに近いですが、「あくまでもその人の必要な栄養素を摂取すること」が目的なので、必ずしも葉物野菜を入れるとは限りません!
このことがグリーンスムージーと区別されている大きな理由です。

葉物野菜だけでなくヘルシースムージーとして使われることが多いのは、生活習慣病の予防に効果的な黒ゴマを使った黒スムージーや、風邪気味で免疫が低下しているときに効果的な大根や玉ねぎを使った白スムージーなど♪
そのときの体調に合わせて飲むなら、ヘルシースムージーがおすすめですよ。

スムージーの種類と効果④ダイエット用スムージー

次にご紹介するのはダイエット用スムージーという種類のスムージーの効果についてです。
もちろんグリーンスムージーでもダイエット効果を得ることができるのですが、ダイエット用スムージーとして区別されているスムージーがあるんです。
ダイエット用スムージーの大きな特徴は、甘味料が含まれていないシード類やナッツ類をメインの食材として作っていることです。

また、通常のスムージーは水や豆乳で割って飲むことが多いのですが、このダイエット用スムージーはカフェインを含んだ緑茶やコーヒーなどで割ります。
カフェインには脂肪燃焼をサポートする作用があるといわれており、低カロリーなシード類やナッツ類に合わせることで、満腹感を得ながら効率よくダイエットができるといわれています。

アメリカなどでは食事の代わりにこちらのスムージーを飲んでいる女性が多いようですが、日本ではあまり浸透していませんよね。
ナッツ類やコーヒーが好きな女性はぜひ試してみてください♪

スムージーの種類と効果⑤フルーツスムージー

次にご紹介するのはフルーツスムージーという種類のスムージーの効果についてです。
これまでご紹介した種類のスムージーとは少し違うのが、フルーツスムージーです。
一般的なグリーンスムージーやレッドスムージーは、野菜と果物を4:6、もしくは6:4で作ることが多いのですが、フルーツスムージーは果物をメインにして作ります。

果物にはビタミン類や食物繊維が豊富に含まれているので、美肌効果や腸内環境改善効果を期待することができます。
また、血糖値の上昇を抑えたり、生活習慣病を予防したりする効果も期待できますよ。
しかし、糖分も多いので美味しさのあまり飲みすぎてしまうとカロリーオーバーになり、太りやすくなってしまうことも……

このことからどの種類のスムージーよりも甘くて飲みやすいのですが、ダイエット目的で飲むのは向いていません。
自分へのご褒美として、飲みすぎには注意しながらスイーツ感覚で取り入れることがおすすめです♪

スムージーの種類と効果⑥ホットスムージー

最後にご紹介するのはホットスムージーという種類のスムージーの効果についてです。
スムージーの定義は、「凍らせた野菜や果物をミキサーでドリンクにしたもの」です。
しかし、凍らせた食材を使うと身体が冷えてしまうので、グリーンスムージーなどは生のまま常温水で割っている女性が多いよう。

常温のスムージーもいいのですが、それでも「身体の冷えが気になる」「秋冬は温かいものが飲みたい」という女性におすすめしたいのがホットスムージーです。
温めることを前提に作られているスムージーが多く、生姜などの温め効果がある食材も含まれているので、身体の芯から温めることができますよ。

また体温が1℃上がると基礎代謝も13%アップするそうなので、脂肪燃焼効果も高めてくれます。
ですが、野菜や果物に含まれているビタミン類は熱に弱い性質なので、常温のグリーンスムージーなどに比べると摂取できる栄養素は減ってしまいます。
なので、身体が冷えているときや、リラックス効果を高めたい就寝前など、ポイントでホットスムージーを活用するのがおすすめですよ♪
スムージーの種類や効果についてご紹介させていただきました。
一口にスムージーといっても、さまざまな種類があることに驚いた女性も多いのではないでしょうか。
それぞれの特徴を知ることで、自分に合ったスムージーを見つけることができますよ。
ぜひこの記事を参考にキレイを目指してみてください♪

【関連記事】たったの5分で気持ちがスッキリ!グリーンエクササイズの効果

最近お疲れの皆さん、しっかりリフレッシュすることはできていますか?“ストレス社会”といわ...

スムージー 種類 効果 キレイ

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mana yuki

頑張るすべての女性にステキな記事をお贈りします♪

>もっとみる