離れていても一番想われたい♡彼にインパクトを残す恋愛テク4つ

LOVE

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム最終回】

彼の一番になりたい♡
そう思ったとしてもどうしたらいいのかやり方がわからないときってありませんか?今回は彼に一番想われる恋愛テクニックをご紹介します。

#彼の脳にインパクトを与える

微笑む女性

会えない関係で重要なのはソフトな対応ではありません。むしろ逆。「なぜかわからないけど、また会いたくなっちゃうんだよな〜」と、彼が何度も思いだしてしまうように仕向けるには、彼の記憶(脳)にインパクトを与えるような振る舞いをするんですね。忙しさに掻き消されて忘れていってしまわないように……。

特に遠距離恋愛の場合は、身近にいる女性の存在が気になることもあるようです。しかし、恋愛では、身近にいる女性が強いかといったらそうとは限りません。彼自身が何度も何度も思いだしてしまう「インパクトのある女性」のほうが強いんです。

どうやってインパクトを与えていくのでしょうか?

#既読スルーされてもLINEを送る

スマートフォンをいじる女性

既読スルーされても気にせずLINE(ライン)を送れるって結構大事なんですよね!「私、あなたの生活にいつもいるよ!」という存在感のアピールにつながるのです。

そもそも、彼が既読スルーするのは理由なんてないことがほとんど。たまたま返しやすいタイミングじゃなかったとかバタバタしていたとか、いろいろと彼にも事情があります。そして人脈も広いタイプの彼であれば一日に来るLINEの量も半端じゃないので、埋もれてしまうんですよね!

何度も言いますが、さすがにLINEブロックには理由がありますが、既読スルーには理由がありません。

なのでガンガン送ってOK。ただネガティブな内容のLINEはやめたほうがいいですね。彼を責めるような内容もやめたほうがいいです。ポジティブな内容を毎日送り続けていると、彼には存在を忘れられることがありません。「離れていてもいつもコミュニケーションを取っているから会っていない気がしない」とお互いが感じられるなら成功です!

#人とは違う個性的なキャラづくり

抱き合う男女

インパクトのある女性になるためには、みんなと同じであってはいけないんですよね。

「個性的だよね」
「面白いね」
「独特」
「変わってるよね」


既に彼からこのような評価をもらっているとするなら、一度会ったら忘れない、インパクトのある女性にはなれているはずです。そのような評価を好きな彼にまだ言われたことがないのなら「キャラが薄い」可能性があります。キャラが薄いと残念ながら記憶に残りません!

男女の後ろ姿

キャラの濃さはもともとの性格でキャラが濃い人もいますが、自分は平凡だと思っている人でも後天的な努力でキャラの濃さはつくっていけます!

個性的な人格を作る近道は、日常生活をしていくなかで「みんながやらなそうなことをあえて選択する」クセをつけることです。

たとえば、買い物をするときに売れ筋商品じゃない商品をあえて買うんですよね。「みんなが買ってるから買う」のをやめてみる。ほかには進路を決めるときにも「普通の人だったらやらなそうなことをやってみる」んです。SNSの発言や投稿も「みんなが投稿している内容からあえて外した投稿をしてみる」など。このようなクセが日頃からついているので彼との会話でも「ほかの女性が言わなそうなことをあえて言ってみる」ことが出来て印象に残ります。

とはいえ、あまりにも突飛なことをしてしまうと、社会生活をしずらい難点が生まれてしまうので、「みんなが行きたい方向からチョットだけ外した選択をする人になる」のが、いい意味で目立つ人になれる、テクニックです!

#自分から連絡してアポを取る

今日からはじめられる恋愛テクニックに「自分から連絡してアポを取る」があります。世の中的には彼から誘われる女が良い女だという誤解があるのか、自分からどんどん彼に連絡して、デートの予約を積極的に取り付けられる女性はそこまで多くありません。

私調べではありますが、いまどき、彼から誘ってもらうのを待っている女性の需要は高くありません。積極的に動ける女性の需要と人気が男子のあいだで年々高まっている感じがしますね!

「彼と会えない」ことに悩んでいる女性のみなさんは、自分から彼に連絡して会う約束(アポ)を取り付けているかどうか、もう一度、確認するのをおすすめしますm(_ _)m

アポを取るほうがいい女になろうと自分磨きを頑張るより、10倍ぐらい効果があります。いい女ってなんなんですかね(笑) 断られてもめげずにアポを取り続けてみてください。関係を継続させることにしつこいぐらい夢中になると一番になりやすいです。

みなさまへ大切なお知らせ。

実は今回で、約2年間書かせていただいた、4MEEE恋愛コラムの連載が終了となります。

かつての私も、恋愛に悩んで泣いてきた女のひとりでした。最初から完璧ではありませんでした。もちろん、今でも完璧になんてなれていません。恋愛につまずき失敗したから情熱がうまれて、およそ10年間かけて男女の違いや、恋愛テクニックを研究してきたのです。

♡読者のみなさまへ。
毎週書き続けてこられたのは、楽しみにしてくれた読者のみなさまがいたからでした。読者の方々のもっと知りたい!というピュアな気持ちが私を動かして生かしてくれていました。少しでもお役に立てていたら、本当に嬉しいです!見つけてくれてありがとうございました。

今後の活動。
私自身、今後も発信をやめる予定はありません。最新の活動はTwitter(ツイッター)で発信していますので@miunarenaiをフォローしていただけたら幸いです^_^

さいごに。
4MEEEさんのお仕事を通してつながることのできた全てのみなさまとのご縁に心から感謝いたします。またご縁があることを願っています。そのときはぜひ、新しく生まれかわった関係性でお会いしましょう!♡

↓斎藤美海さんの人気恋愛コラムはこちら!

もう既読スルーなんて怖くない!誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第28弾】 好きな人とのLINEのやり取りが相手の既読スルーによって途切れてしまった……なんて経験はありませんか?? 心配性の女子ほど「既読スルー」で落ち込み、傷つきやすいものです。裏を返せば、それだけピュアに彼のことを好きになっている証拠なんですけどね〜\(^o^)/ 実は、すごくウザいことをやっちゃうとか、重いことを言ってしまうではない限り、男性が既読スルーをする理由なんて大した意味はないというケースがほとんどです。「ゴメン。他のことに熱中していて返すの忘れてた!」が多いのではないでしょうか?ですから、一番の対策は、「気にしないこと」です。少し時間を置いて軽めの内容をまた送ればいいだけです。 「でも、頭ではわかってるけど、やっぱ気になっちゃう!!どうしたらいいんだろう?」と女性が思うとするならば、そう思ってしまう「不安」「孤独」「恐怖」で出来上がっているメンタルを変えていきましょう^ ^ 「わくわく」「ハッピー」「彼のこと大好き〜♡」の最強メンタル状態でいつもいられたら、どうでしょうか?? 今回は「誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法」を4つ、ご紹介します。アナタに合いそうな方法をぜひ選択してみてください^ ^♡♡

カラダからはじまった彼を好きにさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第24弾】 世の中に溢れている恋愛本や女性誌の特集を読むと、必ずといっていいほど、「カラダの関係を持つのは付き合ってから!」「結婚したいと思ったらなるべくカラダの関係は遅らせる」と書いてあります。確かにそれは、恋愛初心者が誰でも成功しやすいお付き合いの方法かもしれません。 しかし、男女の関係はそれだけが全てではありません。例外がたくさんあります。特に大人になってくると、出会って間もない相手と盛り上がった勢いではじまる恋愛があったりもします。 カラダからはじまった彼のことがもっと好きになってしまった場合、恋愛本を参考にしすぎていると頭で考えてステップを踏むことに忠実になってしまい、臨機応変にその場の状況に対応できなくなってしまう危険性があるのです。。 では、どうしたらいいのでしょうか?? それが、「私、この人が好き!この人がいい!」と思った彼を自分がいなくなったら困るという中毒状態にさせることです。そうなってしまえば、どんなスタートを切ろうと自分が望む関係性になっていきます。 少し時間はかかるかもしれませんが、付き合うことも結婚することもラクにできます。だって、彼の人生の必需品にアナタがなっていくということですから…。 今日は、「カラダからはじまった彼」を好きにさせていく方法について詳しく書いていきます。

絶対に失敗しない結婚相手の選び方

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第32弾】 私達の親や親戚世代のオトナ達は「結婚して出産しなさい」ということだけは頻繁に教えてくれますが「結婚相手選びを失敗しないためにはどうしたらいいのか」という、具体的なアドバイスをくれる人は稀です。 「結婚、ミスった( ; ; )」と口にはしなくても内心では思っている既婚者の方々は世の中にいっぱいいると思います。そのなかでも本当に離婚に踏み出すのは、自分に嘘をつきたくない、もう一度人生やり直そうというパワーがある僅かな人達です。 それ以外は、世間体を気にして仮面夫婦になったり子供がいるからという理由や経済的な事情により我慢を続けて離婚できていないケースも本当に多いと思います。 今回ご紹介するのは、女性が〇〇歳で結婚したい!という年齢になる数年前から「ある4つのステップ」を意識的に踏むことで失敗しない結婚にたどり着く方法です。 はじめにお伝えしておきますが、こちらは斬新かつ非常識な方法といえます。実際に使うかどうかはみなさんに判断を委ねます。ですが「結婚、ミスった」という想いを何十年間も抱えて生きるよりは随分と良い人生が送れるだろうと思ったので、ここに書くことにしました!