あなたは大丈夫?冬のあるある「NGファッション」に気をつけて!

FASHION

先日、某女性ファッション誌の辛口批評がSNS炎上で話題になったけれど、みんなはチェック済み?
やりすぎ言い過ぎはあるとしても、やっぱりお洒落を楽しむなら最低限のマナーやルールはクリアしたいものよね!
あるある!な冬のNGファッションはこの4つ!

あるある!冬のNGファッション…①モテコーデを勘違いした雪だるま

冬のモテの王道といえば、ホワイトやパステルカラーを使った淡くてふわふわな女子力高めのコーデよね?
素材やデザインもできるだけ女性らしいふわっとしたものを選ぶと、写真のようなセンス抜群のいい感じに♡

だけど、勘違いしてしまう人は、モテコーデのモデルを雪だるまとでも思っているかのよう……。
暖色や淡色、そしてホワイトは膨張色としても有名なことをすっかり忘れて、まるでたったいま山から滑り落ちたと言わんばかりのまんまる感。

ちょっぴりボディデザインをさぼりがちな女子が雪だるまに見えるのはもちろん、モデルみたいな細い子の手足だって、これじゃあ雪だるまの手足の木の枝同然よ!

あるある!冬のNGファッション…②見ていて全身かゆくなりそうなゴワゴワ洋服

出典:www.naturalweb.co.jp

冬のNGファッションで、一番自分じゃ気がつかないのがこのゴワゴワ感。
ニットやフェルト、タイツなど冬の洋服の素材は着ているうちに毛玉が溜まりやすいものが多数!

古くなったものは捨てる、リサイクルに出す、そしてできるだけ長く着られるようにきちんとブラシを使ってのお手入れは欠かさないでくださいね♪
たったこれだけの気遣いができれば問題ないけど、案外ぼけーっとしがちなそこのあなたは注意!

プチプラアイテムを可愛くお洒落に着こなす世代だからこそ、気を付けたいものよね♡

あるある!冬のNGファッション…③見ていて寒い!痩せ我慢ファッション

雪だるまがいるなら、その逆も然り。

冬の寒さに凍える子犬を演出しているつもりなのか、着まわしの意味を間違えているのか、冬の格好としてふさわしくないような素材やデザインのアイテムを着ている人って、凍死したいのかしら?

ファッションは、自己表現であると同時に他人に見られ、常に内外から評価されているもの。
イマドキ手が届く値段でトレンドの可愛いアイテムが手に入るんだから、ちゃんとあったくしてよね♪

あるある!冬のNGファッション…④凍死寸前?と言いたくなる露出狂

最後はどのシーズンにも、なぜかあるある!な露出ファッション。

冬の露出は、ほかのどんなシーズンよりも“加減”が大切!
近年トレンドのシースルーっぽい透け感を大事にするのはもちろん、出す箇所だって注意しておきたいもの。

可愛くセクシーな露出を勘違いした露出狂はかなりイタい!
ひどいときは、よくその脚を晒せるわね…なーんて思っちゃうレベル♡

最低限の着衣マナーぐらい守ってほしいものよ!

気温の変化がまばらな毎日、そろそろコートを引っ張りだしてる人も見かける冬になる前のこの季節。
いつの時代、いつの季節、どんな場所にだって、やっぱり勘違いなイタ〜いブスコーデをしてる人っているものね!