ストレスを減らすヒント!「なにもしない時間」の作り方4つ

1日の中に、なにもしない時間はありますか?
スキマ時間を埋める方法やアイテムがたくさんある時代なので、作ろうとしなければ、なにもしない時間はなかなか持てないかもしれませんね……。
そこで今回は、「なにもしない時間の作り方」をご紹介します。

なにもしない時間を作れば、大きな時間を失わずに済む!

ぎっしり詰めた予定をこなしたり、スキマ時間を有効活用したりすることができるのは、素晴らしい長所だと思います。

しかし、寝ているとき以外、常になにかを考えて行動していると思うと、少し怖くなりませんか?
また、常になにかをしているのが当たり前になれば、突然限界がきて心身の不調をきたし、燃え尽き症候群になってしまいそうです……。

こうなれば大きな時間を失うので、これを回避するためにも、なにもしない時間を持ちたいところ!

「なにもしない時間」の作り方① “なにもしない”という予定を入れる

なにもしない時間を作る1つめの方法は、「なにもしない」という予定を入れる。

なにもしない時間が欲しいと思ったとしても、「持ち帰り仕事や家事が終わった後に時間が余ったらいいな」なんて思うだけで、わざわざ作ろうとはしませんよね?
これではいつまで経っても、なにもしない時間が持てなさそうなので、ひとつの予定にしてしまいましょう。

家事と家事の間など、区切りのいいところにできれば毎日15分くらい「なにもしない」という予定を入れてみてください♪

「なにもしない時間」の作り方② テレビをダラダラと見るのをやめる

なにもしない時間を作る2つめの方法は、テレビをダラダラ見るのをやめる。

帰宅後やお風呂上がりに、テレビをダラダラ見るのも楽しいですが……特に見たい番組がないなら、その時間はなにもしない時間に最適ですね。

ダラダラとテレビを見る習慣があるなら、無音の癒しに新鮮さを感じるのでは?
就寝前に実践すれば、いつもよりいい睡眠につながると思います!

「なにもしない時間」の作り方③ スマホの電源を切る

なにもしない時間を作る3つめの方法は、スマホの電源を切る。

ちょっと時間ができれば、無意識のうちにスマホでFacebook(フェイスブック)やInstagram(インスタグラム)などのSNSをチェックしたり、ゲームをしたりしていませんか?
なにもしない時間が作れない大きな原因は、このスマホだと思います。

本気でなにもしない時間が欲しいなら、思い切ってスマホの電源を切りましょう!
電源を切るのが難しいなら、隣の部屋に置いてスマホが視野に入らないようにすればOK

最初は落ち着かないと思いますが、慣れてくると「SNSに振り回されていたな」「視野が狭くなってたな」なんて、スマホとの付き合い方を見直すキッカケが生まれるかもしれませんよ♪

「なにもしない時間」の作り方④ 電車に乗っているときに実践してみる

なにもしない時間を作る4つめの方法は、電車の中でなにもしないでみる。

家にいると、仕事や家事などやることがたくさん目に入ってしまうなら、外でなにもしない時間を作るのもひとつの手。
公園やカフェでゆっくりするのももちろんいいのですが、毎日のように電車に乗っているなら、その時間に実践してみましょう!

いつもは電車の中で音楽を聴いたり、本を読んだりしているかもしれませんが、それもお休み。
スマホをいじる人たちに囲まれて、電車に揺られながらボーッとすると、なんだか得した気分になれますよ♪
「なにもしない時間の作り方」をご紹介しました。
日常の何気ない時間の使い方を変えれば、なにもしない時間は作れます。
頑張りすぎている人ほど、なにもしない時間を持ってくださいね!

【関連記事】仕事のことは気にしない!デキ女の休日の過ごし方を参考にしてみて♪

働く女性なら、仕事のデキる女に憧れちゃいますよね。デキ女の仕事のやり方も気になりますが...

なにもしない 時間 作り方 休息 ストレス

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

楠原諒子

読者モデル・サロンモデル・WEBライター
野菜コーディネーター・国際薬膳食育師3級の資格を持って…

>もっとみる