心と体のサインを知ろう。「怒り」の感情と上手に付き合う4つのコツ

LIFESTYLE

怒ることをダメなこと、ネガティブなことと思っている人は多いでしょう。
しかし、怒りとは生きてる誰もが抱く、ごく普通の感情です。
一生つきまとう“怒り”とどのようにして付き合っていくべきなのでしょうか?

怒りの感情とうまく付き合うコツ①怒りは現状打破の源

人が何かに怒りを覚える時というのは、不満があったり、許せない事態が起こったりと、現状に満足していない時ではないでしょうか。

つまり、怒りは現状打破を試み始めた段階といえます。あなたが現状と真剣に向き合って、どうにかしたいと思うからこそ怒りの感情が生まれるのです。

改善されたら怒ることはなくなるのですから、怒ってしまったことよりも何に怒ったのかを把握して、改善に努める方が賢明です。

怒りの感情とうまく付き合うコツ②怒りの気持ちは自然と湧くもの

怒りは自然と湧く感情の一つだからこそ、怒ってしまった……と自分を責める必要は全くありません。ただし、怒って誰かに八つ当たりしたり、傷つけた場合は別です。

怒りは喜怒哀楽の一つ。
何かに大喜びするのと同じように、何かに激しい怒りを感じることもあるのです。適当に聞こえてしまうかもしれませんが、怒っている自分に気がついたらそっとしておくことが一番です。

怒りの感情とうまく付き合うコツ③怒りポイントを知っておこう

自分が何に怒りやすいかを知っておくことは、怒りと付き合って行く上で最も重要なポイント!

もし怒りの感情が湧いてきたら、「私何に怒りやすい?」と自分に問いかけてみてください。

きっと傾向があるはずです。それが分かれば事前に対策を練ることもできます。怒ってばかりいる人生なんてつまらないし、自分自身も疲れてしまうので、できれば少ない方がいいですよね♪

怒りポイントを知っておくことは、人生をスムーズに生きることに役立つかもしれません。

怒りの感情とうまく付き合うコツ④セルフケアを入念に!

怒って泣けてきたり、枕を殴ったり、もうどうしようもないくらい怒ってる状態になってしまったらどうしますか?
誰にも会いたくないけれど、そうもできないですよね。

怒ってしまうことは、怒りの対象にも問題がありますが、あなた自身の心と体の状態も関係しているんです。

あなたが怒りやすくなっているのは、自分に厳しすぎるからかもしれません。もっと甘やかしてみたらどうですか?

心と体にいいことをしてみましょう。
新しいコスメを買う、メイクを変える、体が喜ぶような食材を食べる……。怒りは、「自分にもっとご褒美をあげて!」というメッセージなのかもしれませんね♪

怒りと上手に付き合うコツ、いかがでしたか?
もし今度怒った時は、ぜひ参考にしてみてください♡