就活で他の人と差をつける!企業の人にアピールできる面接攻略法♡

就活などの面接では、誰しも少なからず緊張するものです。
緊張感を持ちながらも、自分らしく自己紹介したり、プレゼンテーションができる攻略法を知っておきましょう!

就活攻略法① 企業の方に覚えてもらうためには、前へ!!!

説明会や、合同面接では、多くの人が来ます。そのなかで企業の人にアピールするためにはまず、前のほうに座ることです。

自分が企業側だとしたら、就労意欲のあるひとを採用したいですよね?
人より一歩前に出て話を聞くことによって、人事部の方に覚えてもらえる可能性があるのです。

面接のときだけでなく、行動面からもどんどん自己PRをしていきましょう。

就活攻略法② 長所と短所をうまく伝える!

「短所、長所はなんですか?」と聞かれて、はっきりこうです!と、常に答えられるように準備はできていますか?
自己分析をしても自分のことが分からない場合は、ご両親、兄弟、友人に尋ねてみることをオススメします。

本題はここから。
長所はもちろんのこと、短所もプラスに捉えてもらえるように言い換えるのが重要です。

例えば『粘り強い』ということを自分の長所にした場合、その言葉を短所で言うとなんと言うのかを考えます。「粘り強い=諦めが悪い」ということになります。

長所を具体的に述べた後、「逆にこのような性格ですので短所は諦めが悪いことかもしれません。」とひとことプラスしましょう。

短所が短所に聞こえず、相手にはプラスイメージが強く残るはずです。

就活攻略法③ 企業のことを前もって調べておく!

企業のことをきちんと調べずに面接に行くのは、刀を持たずに戦いに出かけることと同じなので、NGです。

自己PRをしてくださいと言われた時に、
「御社のこんなところに惹かれ、私も◯◯をしていきたいために入社希望しています。」と具体的に、企業と自分のやりたいことを繋げて伝えられることが重要です。

また、質問の時間も大切な自己アピールタイムです!

「◯◯と伺ったのですが、◯◯はどうですか?」と質問することによって、企業の方の意見が聞けるだけでなく、自分のやっていきたいこともさりげなくアピール出来るのです♡

就活攻略法④ 学生時代頑張ったことよりも、今後どうしたいのか。

企業の方々が知りたいのは実は、その人の「今後の取り組み」です。

自己PRの時間に、ただただ学生時代に頑張ったことを言うだけでは印象に残りません。そこから何を学び、今後企業のために、どのような形でいかしていきたいのかをPRする必要があります。

この時さらに他の人と差をつけるポイントは、大学時代に取り組んだことがインパクトがあるかどうかです。

小さな話題も深く掘り下げると、オリジナリティがでてきます。
面接は、自分を売り込みにいくことです!自分から動くことが重要です。
コツがわかってくれば緊張もなくなってきます。学生のみなさんは、何年後かのために、今出来ることは今しちゃいましょう♪

就活 面接 アピール 自己PR 長所 プレゼン

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

高野桃子

初めまして!服飾大学の2年生です♡!
大学に通いながら役者もしております。よろしくお願いします。

>もっとみる