賢く生きる「倹約リッチ」を目指そう♪「節約貧乏」との違いとは?

LIFESTYLE

知らず知らずのうちに、節約と貧乏がイコールの関係になっていませんか?
しかし、その考えはもう古いです!
最近は節約しながら素敵な暮らしを楽しむ、「倹約リッチ」な人が増えています。
ということで今回は、節約貧乏と倹約リッチの違いを探します。

節約貧乏と倹約リッチの違いって?【支出の減らし方】

節約を始める時、最初に支出を減らすことに目を向けると思います。

節約貧乏な人は支出を減らしたい時は、買い物を我慢します。

一方、倹約リッチな人は「コンビニではなくスーパーを利用する」「ポイントを貯める」など、買い物の仕方を変えることを意識します。

節約貧乏と倹約リッチの違いって?【お金の使い方】

節約貧乏を続けているとストレスが溜まるので、やけ酒や衝動買いなど、一時的な快楽のためにお金を使いがちです。

一方、倹約リッチな人は、人間関係を豊かにする食事会や、これからのガソリンになる自己啓発本など、価値あるものにお金を使います。

節約貧乏と倹約リッチの違いって?【節約に支配されているか】

節約貧乏な人は、タクシーには絶対乗らないでしょう。
一方、倹約リッチな人は、時間を無駄にしたくないので、タクシーを利用することもあります。

つまり、倹約リッチな人は、目に見えない財産を増やすためならお金を使うのです。

その分、飲み物を持参するなどし、使う・貯めるのバランスを上手に取ります。

節約貧乏と倹約リッチの違いって?【姿勢】

つまり、節約貧乏な人は「守りの姿勢」になり、反対に倹約リッチな人は「攻めの姿勢」なんです。

また節約貧乏な人は、お金に対し受け身でいる時点で、お金に振り回されています。

お金に使われ支配される生活を送れば、お金は増えるかもしれません。
しかし、心はリッチにはなりませんよ!

節約貧乏と倹約リッチの違いって?【今が楽しいか】

節約貧乏と倹約リッチの一番の違いは、今が楽しいかどうかだと思います。

将来のための貯金も大切かもしれませんが、今を楽しむ努力ができないのなら、未来も楽しめません!

節約貧乏と倹約リッチの違いって?【節約を“恥”と思うか】

節約貧乏な人の中には、節約を「恥」と感じる人が多いようですが、倹約リッチな人は、節約することを恥ずかしいとは思っていません!

つまり、倹約リッチな人は、自信と心の余裕があるんです。

それが、節約下手と倹約上手、そして節約貧乏と倹約リッチの分かれ道なのかもしれませんね。

節約貧乏な人は節約のせいで幸せを逃していますが、倹約リッチな人は幸せになるために節約をしているんです。
節約貧乏から倹約リッチに変わりたいのなら、まずは“節約=お金を使わない”という単純な考えを捨てることから始めてください♪