「どん底まで落ち込んだからこそ。」強い女性から学べる4つのコト♡

LIFESTYLE

強い女性こそ過去に辛い経験をしていることがあります。
どん底まで落ちたのに、そんな顔ひとつ見せずに強くあり続ける……。
どん底まで落ち込むことは辛いけれども、メリットだってあるんです!
今回は、彼女たちが強い女性になることができた理由と方法についてご紹介します♪

どん底まで落ち込むことはメリット♡実践したい行動:見つめ直す

何かに夢中になっている時、集中している時、やり遂げたくて躍起になっている時。
どれも素晴らしいことですが、こういう時こそ周りが見えなくなります。
周りだけではなく、自分自身も見えなくなることがあるのです。

自分のことを理解していないと失敗もしやすくなります。

どん底まで落ちた時は、いやでも自分と向き合わなくてはいけなくなりますよね。
そこで未熟さや不完全さ、どんな方法が良かったのかを見つめ直すことが大事です♡

どん底まで落ち込むことはメリット♡実践したい行動:悲観的にならない

どん底まで落ちた時、まずはその状況をあまり悲観しないようにしましょう。

「悲観せずにはいられない」という声が聞こえてきそうですが、あなたをどん底まで落としたそれは、実はあなたには必要ないものだった……なんてこともありうるのです。

失敗しなきゃ気付かなかった不必要さ。
「なんでこんなことのために頑張っていたのだろう。時間と労力の無駄だった」と、思える時が来るかもしれません♡

あまり思いつめすぎずに、「合わなかったんだ」とできるだけ楽観的に捉えておきましょう!

どん底まで落ち込むことはメリット♡実践したい行動:全くやり方を変えてみる

物事に対するアプローチの仕方が間違っていたのかもしれません。
成功する力、乗り越える力は確かにあるけれども、方法を間違えると失敗続き……なんてことがありえます。

どん底まで落ち込んだことを機に、やり方が間違っていなかったかもう一度確認してみましょう。
もし他にアプローチできる方法があると感じたら、落ち込んでいる暇はありませんよ!
早速試してみましょう♡

どん底まで落ち込むことはメリット♡実践したい行動:壁を厚くする!

落ち込んだ時は、何もかも失った喪失感に駆られることもあるでしょう。
立ってることも座ってることも、寝ることも辛い。お先真っ暗で無気力感しかない……。

けれども、どん底の時にしかできないことがあります。
どん底は強い女性になるための土台作りだと思ってください!
失敗するたびに壁を厚くし、ついには厚みも高さも最高レベルに達するのがどん底。

あなたの作った壁には足場が付いています。
壁を使ってもっと上まで登ることともできるし、その壁で世間からの当たりを防ぐこともできる。
厚い壁は「あなたが落ち込むことでしか作ることができない」と考えてみましょう♡

どん底まで落ち込むことのメリットや、強い女性になる方法をご紹介しました。
人間は落ち込み、何が悪かったのか見直し、それを受け入れるだけの力があります。
私たちはそんなにもろくはないのです!
それを知っていたからこそ、強い女性はより強くなれたのかもしれません♡