原因を突き止めて小顔を目指そう♪セルフでできる小顔矯正6つ

女性にとって、永遠の憧れとも言える小顔♡
好きなモデルさんや女優さんを見ていると、「なんであんなに顔がちっちゃいんだろう!」と不思議に思ってしまいますよね。
それと同時に、元の顔が大きいから……と諦めている女性も少なくありません。
ですが原因を知ることで、誰でもセルフで小顔矯正をすることができるので、まだ諦めないで小顔を目指してみませんか?

まだ遅くない?セルフで小顔矯正をすることは可能!

好きなモデルさんや女優さんのような小顔に憧れながらも、友達と自分の顔の大きさを比べて、ショックを受けている女性はいませんか?
小顔は女性にとって永遠の憧れとも言えるので、「神様は不平等だ……」と思ってしまうこともありますよね。

ですが、小顔の邪魔をする原因を知ることで、誰でも小顔矯正をすることができるんです!
まずは、その原因を一緒に突き止めていきましょう。

小顔になれない・顔が大きくなった気がすると感じている女性の原因は、大きく分けて3つ挙げられます。

①いつも噛むほうが決まっていたり、噛み合わせが悪い・姿勢が悪い・頬杖をつくことが原因である「ゆがみ」。
②リンパの流れが滞り、顔に老廃物や余分な水分が溜まってしまったことが原因である「むくみ」。
③筋肉の衰えや、むくみを放置してしまったことが原因である「余分な脂肪」。

セルフで小顔矯正をする前に、自分はどのタイプなのか確認してみてください。
むくみなのか、脂肪なのかを区別するためには、顔の一部を指で10秒間強く押してみましょう。
離したときに、指の跡がハッキリ残っていれば、むくみと言うことになります。

セルフでできる小顔矯正▶ゆがみが原因の場合①

まずは、ゆがみが原因の場合のセルフ小顔矯正を2つご紹介いたします。
顔の左右どちらがゆがんでいるか確認してから行いましょう。

①膨らんでいる方の頬骨に手のひらを当てて、膨らんでいない方には耳の上に手のひらを当てます。
②顔を真っ直ぐにした状態で、顔の中心に向かって20秒ほど力を入れます。
③次に、正面を向いたら、左右交互に首を振ります。
あまり回らなかった方の首をほぐすように限界まで振り、20秒キープしてください。
④仕上げに、首を左右に何度か倒しましょう。

一つ一つの動作をゆっくり行い、力を入れすぎないようにすることがポイントです。

セルフでできる小顔矯正▶ゆがみが原因の場合②

こちらも、ゆがみが原因の場合のセルフ小顔矯正方法です。

①鏡を見ながら割り箸をくわえ、左右の奥歯でしっかりと5分ほど噛みます。
少し意識しないと、ゆがんでいる方が下がってくるので、左右でしっかりと噛むことが大切です。
②そのまま、上の歯だけを見せるように口角を上げて10秒キープします。
②だけを、10セット連続で行いましょう。

この小顔矯正は、特に口元のゆがみが気になる方に効果的です。
毎日続けることで、広角が上がり、ほうれい線やたるみの改善にも繋がりますよ♪

セルフでできる小顔矯正▶むくみが原因の場合①

続いて、むくみが原因の場合のセルフ小顔矯正をご紹介いたします。
原因でもお話したように、顔のむくみを解消するためには、リンパの流れを良くし、老廃物や余分な水分を排出することが必要です。

①両手の人差し指を、左右の目尻の下に当てます。
②そのまま目の下を通り、鼻までリンパを押し流すようにマッサージをしていきます。
③鼻まで行ったら、今度はまぶたを通って、目尻まで戻します。
④そこからさらに、耳の付け根まで押し流していき、最後は首に流しましょう。

オイルを手のひらに馴染ませてから行うことですべりが良くなるので、肌に余計な刺激を与えないよう、取り入れることがおすすめです。
そして、体が温まっているお風呂上がりに行うと効果的ですよ♪

セルフでできる小顔矯正▶むくみが原因の場合②

こちらも、むくみが原因の場合のセルフ小顔矯正方法です。
顔にはむくみをスッキリ解消してくれるツボが2箇所あるので、刺激していきましょう。

1箇所目は、頬骨の下にある觀髎(けんりょう)と言うツボです。
位置は、目尻から真っ直ぐ下に線を引いたところと、頬骨の下縁から横に向かって引いた線が交わるところにあります。
中指でこめかみに向かって、数回押し上げてください。

2箇所目は、口角の外側にある地倉(ちそう)と言うツボです。
位置は、口角の外側・ほうれい線を下に伸ばしてきたときに交わるところにあります。
中指で口角を上げるようにしながら、クルクルと円を描くようにマッサージをしましょう。

どちらのツボも、むくみだけでなく、たるみの解消にも繋がります。

セルフでできる小顔矯正▶脂肪が原因の場合

続いて、脂肪が原因の場合のセルフ小顔矯正をご紹介いたします。

①目を見開き、口の形に意識しながら、大きく口をあけて「あ・い・う・え・お」と動かします。
声は出さなくてもいいので、顔全体の筋肉を使うようなイメージで、ゆっくりと行ってください。
②最後に天井を向いたら、真上に舌を突き出して10秒キープしましょう。

表情筋が鍛えられることによって、顔の脂肪を取り除くことができますよ!

セルフでできる小顔矯正▶頭皮マッサージ

最後にご紹介するセルフ小顔矯正方法は、頭皮マッサージです。
「頭皮と小顔は関係あるの?」と思ってしまいますが、頭皮が固いことによって顔が垂れる原因になるといわれています。
顔から頭は皮膚一枚で連なっているので、頭皮の動きが悪くなる分、垂れ下がってしまうというワケなんですね。

①手のひらで頬骨からこめかみに向かって、少し圧迫しながら持ち上げていき、こめかみから髪の生え際に向かって軽く引っ張り上げます。
②続いて、親指を除いた4本指の腹を使って、前頭部の髪の生え際からつむじに向かってマッサージをしていきます。
指圧・皮膚を持ち上げる・移動の順番で繰り返すことがポイントです。
③続いて、頭を両サイドから手のひらで挟み、圧迫していきます。
側頭部に手のひらを置いた状態で奥歯を噛み締め、筋肉が盛り上がった位置を確認してください。
その盛り上がった筋肉と、骨のキワに手のひらの付け根を置くことが重要です。
④最後に、親指の腹を使って、首の付け根と髪の生え際を斜め上に指圧していきましょう。

血行を促進しやすい入浴中や、お風呂上がりに行うことがおすすめです。
セルフでできる小顔矯正の方法を、原因別でご紹介させていただきました。
小顔になれない原因がいろいろあることにビックリした女性も多いのではないでしょうか。
まずは、自分に適した小顔矯正方法を見つけることが小顔への近道です。
そして、毎日続けていくことが何よりも大切なので、根気強く取り入れていきましょう。

【関連記事】ハリネズミみたいな顔だけど効くんです!話題の美容鍼で小顔効果を実感して♪

確実な美容効果を得られるとして話題となっている、美容鍼。美容鍼の効果やそもそも美容鍼と...

セルフ 小顔矯正

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

小湊 瑠衣

beautiful daysをあなたに♡

>もっとみる