雑誌連動

ぽよよんお腹から卒業しませんか?ウエストを細くする7つの方法

BEAUTY

♡4MEEE magazine Vol.2 p.104〜 「ヒロインボディを手にする方法♡」

女性なら誰もが憧れる、くびれたウエスト。
しかし、年齢を重ねるとともにお腹がぽっこりしてきたり、ダイエットをしてるのに細くならなかったり、悩んでいる女性が多くいます。
そこで今回は、今日から始められるウエストを細くする方法をご紹介します!

ウエストがたるんでしまうのはなぜ?

ダイエットをしてもなかなか細くならない、ちょっと気を抜くとすぐにたるんでしまうなど、多くの女性が気にしているウエスト周り。
実は、最もお肉がつきやすい部位だということをご存知でしたか?

ウエストというのは、肋骨や骨盤など大きな骨格で支えられていません。
そのため、筋肉で支えてあげる必要があるのですが、日常生活で腹筋を使うことってあまりないですよね。

それに加えて、もともと女性は男性よりも筋肉量が少ないので、脂肪が分解されにくく、皮下脂肪が蓄積されやすいというわけなんです。
しかし、ちょっとした努力を毎日続けて、ぽよよんお腹を卒業しましょう♪

今回ご紹介する数々の方法は、ウエストを細くするだけでなく、冷え性の改善や便秘解消にも効果が期待できるといわれています。
くびれも作れて、健康にもなれるなんて、一石二鳥ですね♪

ウエストを細くする方法①ドローインをする

まずご紹介するウエストを細くする方法は、ドローインをすることです。

ドローインとは、インナーマッスルを鍛えることができる意識的な呼吸法の一つです。
ドローインをすることによって、普段あまり使わないお腹周りの筋肉を使うことができるんですよ♪

代謝も上がり、脂肪が燃焼されやすい身体になるので、やり方をチェックしておきましょう。

①まず、背筋を伸ばして息をゆっくりと大きく吸い込みます。
この時に、お腹を意識的に大きく膨らませて、姿勢を真っ直ぐにしたまま肩を少しだけ後ろへ引くように意識してください。
②息を止めてお尻に力をいれたら、今度は息をゆっくり吐きながら、お腹を凹ませるように背中へ近づけていきます。
③お腹を最大限に凹ませたら、呼吸を止めずにそのままの状態を30秒間キープしましょう。

仰向けでドローインをする場合は、両膝を90度に立てて行うことがポイントです。

ウエストを細くする方法②有酸素運動を取り入れる

続いてご紹介するウエストを細くする方法は、有酸素運動を取り入れることです。

運動不足は、消費カロリーを少なくするだけでなく、血流も悪くしてしまうので、代謝が低下し脂肪が蓄積されやすくなってしまいます。
それを解消するためには、適度な運動が大切です。

有酸素運動は、負荷が軽く、長時間継続が可能な運動のことです。
酸素を多く取り入れることができ、その取り入れた酸素によって、体内の脂肪を燃焼させることができます。

ウォーキングやジョギング、エアロビクスや水泳、自転車などが有酸素運動にあたります。
しかし、外で行う運動なだけあって、続かない方も多いと思うで、室内でできる「エア自転車」がおすすめ!

仰向けになって、頭と両足を上げたら、空中で自転車をこぐように30秒間足を回転させるだけでいいので、ちょっとした時間に取り入れられますね♪

ウエストを細くする方法③筋トレをする

続いてご紹介するウエストを細くする方法は、筋トレです。

ウエストに効果的な筋トレといえば、腹筋を思い浮かべてしまう方も多いと思いますが、腹筋運動ではウエストを細くすることができません。
細くくびれたウエストを作るためには、腹の横にある腹斜筋を鍛える必要があります。

効果的な筋トレをご紹介するので、取り入れてみましょう。

①まずは、脇腹を下にして横になります。
②上になっている手を頭の上に置き、下になっている手をウエストに当てたら、ゆっくりと片足を上げ、頭を腰に近づけましょう。

ウエストの筋肉を使っていることを感じながら、行うことが大切です。

ウエストを細くする方法④ヨガを取り入れる

続いてご紹介するウエストを細くする方法は、ヨガを取り入れることです。

ヨガは呼吸を整えながら、ゆっくりと動作やポーズをとっていくので、運動や筋トレが苦手な方でも無理なく取り入れることができます。
また、しなやかなボディにすることができるので、女性らしいウエストラインを目指したい方にもおすすめです。

・赤ちゃんのポーズ
・三日月のポーズ
・橋のポーズ
・ねじりのポーズ
・V字のポーズ
・わにのポーズ
・門のポーズ

ウエストを細くするヨガのポーズはこんなにたくさんあるので、ローテーションで取り入れて、毎日違うポーズを楽しめば飽きもきませんね!

ウエストを細くする方法⑤フラフープエクササイズ

続いてご紹介するウエストを細くする方法は、フラフープエクササイズです。

ウエストを細くするためには、身体をひねる動作で使われる腹斜筋を使うことが効果的です。
しかしこの腹斜筋は、日常生活でひねる動作がないので、使われることの少ない筋肉でもあります。

そこで活躍してくれるアイテムが、フラフープ!
フラフープが落ちないよう、腰を回しながらウエストをひねることで、腹斜筋を活性化させることができます。

ただフラフープを取り入れるのではなく、「左回りに4分行ったら、次は右回りに4分行う」というように、必ずどちらも行うようにしましょう。
身体のバランスを整えるためにも効果的なので、テレビを見ながらでも始めてみてはいかかでしょうか♪

ウエストを細くする方法⑥ストレッチをする

続いてご紹介するウエストを細くする方法は、ストレッチをすることです。

ウエスト周りの筋肉が固くなってしまうと、血流が悪くなってしまいます。
血流が悪くなるということは、栄養素や酵素が十分に行き渡らなくなってしまうことなので、代謝が低下して脂肪が燃焼されにくくなってしまうんです。

ストレッチは固まった筋肉をほぐすことができるので、血流を良くして代謝アップを期待することができるんですよ♪
簡単なストレッチ方法は、うつ伏せになったら両手で支えながら上体を反らせて30秒間キープするだけ!
ポイントは、腹筋が伸びているのを感じながら行うことです。

冷え性改善や便秘解消にも効果があり、寝ながらできるストレッチなので、毎日続けられそうですね♪

ウエストを細くする方法⑦お風呂でマッサージ

最後にご紹介するウエストを細くする方法は、お風呂で行うマッサージです。

お腹についた脂肪が固くなって大きくなると、燃焼しにくくなり、分解されるまで時間がかかってしまいます。
効率よく脂肪が燃焼されるよう、身体が温まるお風呂でマッサージをすることは、非常に効果的なんですよ♪

①右脇腹に両手を添えたら、右の肋骨下に向かってさすります。
②右の肋骨下から、今度は左の肋骨下に向かって流すように移動します。
③そこから下に向かって左脇腹をさすり、最後は止めるようにぐっと力をいれましょう。
これを何度か繰り返すことで、便秘解消にも繋がります。

あまり湯船に浸かっていられない方は、お風呂上がりにマッサージをしてみてください。
その際は、滑りが良くなるようにオイルやクリームを使うようにしてくださいね♪

ウエストを細くする方法をご紹介しました。
過度な運動や食事制限をするよりも、自分に合った方法を毎日続けることが大切です。
努力を積み重ねて、理想のウエストを目指して頑張りましょう!