レジャーに夜景に盛りだくさん!長崎のおすすめ観光スポット4選★

LIFESTYLE

私が最近旅行した長崎について、おすすめ観光スポットを紹介していきます♪
長崎は鎖国中に唯一オランダとの貿易が許された出島や中華街など、歴史と異国情緒を感じさせるとてもワクワクする町です♪

長崎で絶対行くべき観光スポット①▷日本最大のテーマパーク「ハウステンボス」

引用:www.his-j.com

長崎の佐世保市にある長崎を代表する観光スポットであり、日本最大のテーマパーク「ハウステンボス」は一日では回りきれないほど広いんです♪

広い園内には、オランダのアムステルダムをモチーフにした、かわいらしい街並みと優雅な音楽で、ヨーロッパ気分を味わえちゃいます♪
レンガづくりの建物やフラワーガーデン、運河沿いに並ぶ風車、カラフルな傘が吊るされている通りなど、歩いて写真を撮っているだけで楽しめます♪

アトラクションは洪水体験や、ホラー系、ワンピース、ゲーム系、恐竜の探検ツアーなど、さまざまな種類があります。
夜のハウステンボスは、昼ののどかな雰囲気とは一転して、イルミネーションやプロジェクションマッピングが各エリアで行われています。
ディズニーに負けない圧巻のプロジェクションマッピングは必見です。

ちなみに、夏から秋にかけては比較的空いているので、待ち時間のストレスがありません。
宿泊は、ハウステンボス内にあるホテルアムステルダムのローラアシュレイルームが、内装がかわいく、アフタヌーンティーなどもつくので、女子におすすめですよ♡

♦︎ハウステンボス
住所:長崎県佐世保市ハウステンボス町1−1
電話:0570-064-110
営業時間:9:00-22:00(日によって変動あり)

ハウステンボス 公式HP

長崎で絶対行くべき観光スポット②▷世界遺産に登録されたばかり「グラバー園」

引用:www.glover-garden.jp

長崎の観光スポット、グラバー園内にある「旧グラバー住宅」が今年の7月に世界遺産に登録され話題を集めています。

「旧グラバー住宅」とは、トーマス・グラバーが住んでいたお家のこと。
トーマス・グラバーは、スコットランド出身の貿易商人で、幕末から明治にかけて日本の近代化に大きく貢献した人物です。
伊藤博文や坂本龍馬や岩崎弥太郎など数多くの日本人に影響を与えたと言われています。
グラバーが住んでいた住宅は日本最古の木造洋風建築となっています。
瓦屋根と洋風な建築が西洋と和の融合のようでおもしろいです。

さらに、洋館の目の前にある花壇がとても綺麗で写真スポットとしてもオススメです♪
また、園内にはハート型の敷石が2つあり、見つけると恋が叶う、しあわせになるといわれています♪
夜になるとライトアップされて、それもまた素敵です♡

♦︎グラバー園
住所: 長崎県長崎市 南山手町8番1号
電話:095-822-8223
営業時間:8:00~18:00(入園受付は17:40終了)

グラバー園 公式HP

長崎で絶対行くべき観光スポット③▷日本で初の石造りアーチ「眼鏡橋」

引用:www.nagasaki-tabinet.com

長崎の隠れた観光スポットが、「眼鏡橋」。
なんで眼鏡橋という名前なのかというと、橋と橋が水面に映ったようすがメガネの形に似ているからなんです!

日本で初のアーチ式石橋として「日本橋」、「錦帯橋」と並んで日本三名橋に入っています。
1982年の長崎大水害で一部崩壊しましたが、翌年復元され、国の重要文化財に指定されています。

この付近の石垣部分には、職人さんが遊び心ではめた、ハート型の石"ハートストーン"が埋め込まれてるのだとか!探してみるのも面白そうですね!
また、少し歩いた鍛冶屋町には可愛らしいカフェや雑貨屋さんなどもあります♪

♦︎眼鏡橋
住所:長崎県長崎市魚の町

長崎で絶対行くべき観光スポット④▷長崎の夜景は「世界新三大夜景」の一つ♥

引用:ganref.jp

2012年の夜景サミットで、香港とモナコに並んで長崎が「世界新三大夜景」に選ばれたのだそう♪

特に、標高333mという東京タワーと同じ高さから、長崎全体を見渡せる「稲佐山展望台」からの夜景はオススメです♪
先ほどご紹介した観光スポットからは少し遠いですが、360°パノラマの絶景は行く価値ありです!

長崎市内の主要ホテルで、夜景見学ツアーを申し込めるところもあるので、ぜひ行ってみては?
また、そのほかにも夜景の見える隠れスポットはたくさんあるので、長崎夜景巡りなんかも、ロマンティックで楽しいかもしれません♡

♦︎稲佐山展望台
住所:長崎県長崎市稲佐町
電話:095-861-6321 (長崎ロープウェイ)
展望塔:8:00~22:00

長崎のおすすめ観光スポットいかがでしたか?
紹介しきれなかったものもありますが、長崎には狭い道を走る路面電車や、当時最新のものが集まっていた港、外人の住んでいた住宅など…魅力がたくさん!一度訪れると魅了されること間違いなしです♡