体質改善!腹式呼吸の驚くべき効果とは

BEAUTY

『腹式呼吸』ってよく耳にしませんか?なんとなく体に良さそうだけど、何がいいのかどうやるのかイマイチわからない!
ここでは腹式呼吸の効果&やり方をご紹介します☆

【腹式呼吸の効果①】お腹を引き締める!

「たかが呼吸」と思いがちですが、腹式呼吸にはお腹を引き締める効果が期待できます。

腹式呼吸のやり方は後ほどご紹介しますが、横隔膜、腹斜筋、腹横筋とよばれるインナーマッスルを使います。
なのでお腹、ウエストの引締め効果があるんです♪

お腹を引き締めるとなると、腹筋をしたりハードな筋トレをしないと無理そうですが、呼吸で理想のお腹が手に入るなら、続けられそうですね!

【腹式呼吸の効果②】ストレス解消☆

腹式呼吸はストレス解消効果もあるんです!

深〜く呼吸をすることで、副交感神経の働きが活発になり、リラックス効果もあるんですよ♡

ストレスが溜まると、上手くいかないことだらけですよね。
イライラして周りの人を大切にできないし、肌も荒れるし、やけ食いして太ったりすることもあります。
そんな悪循環は、腹式呼吸で阻止しましょう☆

【腹式呼吸の効果③】冷え症改善★

冷えは天敵!これから寒い季節は、特に冷え症の人には辛い季節……。

「冷え」は、自律神経の乱れが原因になっていることもあるのです。
交感神経と副交感神経からなる自律神経は、呼吸でコントロールできます◎
腹式呼吸を行うと、副交感神経が優位になり冷え性の改善が期待できるんです!

冷え症の人、ぜひ試してみて下さいね♡
意識して腹式呼吸をして、自律神経の乱れを防ぎましょう☆

〜腹式呼吸のやり方〜

それでは、腹式呼吸のやり方をご紹介します。

①背筋を伸ばし、鼻からゆっくりと息を吸い込み、お腹を膨らませる。(おへその下に空気を入れるイメージ)
②お腹をへこませながら、口からゆっくり息を吐く。(体の中の悪いものをすべて出しきるイメージ)

呼吸は、息を吐く方を意識。
息が苦しくなれば自然と吸いますが、十分吐けないということが多いんです。
十分吐くことができないと、十分吸うこともできません。

腹式呼吸をするときは、座りながらでオッケーです!
回数は1日5回。慣れたら10回くらいと、徐々に増やしてみてくださいね☆

腹式呼吸の効果&やり方をご紹介しました。
呼吸だけで様々な効果を期待できるなんてすごい!
簡単にできるのでぜひ、生活に取り入れてみてください♪

2015.11.28 UP
※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。