メイク道具の正しい洗い方大公開♪手入れ無しではばい菌だらけかも?

毎日使用しているメイク道具……。
ちゃんと手入れをしていますか?
実はメイク道具って、ちゃんと手入れしないとばい菌だらけになってしまうんです。
そんな汚いメイク道具じゃ、メイクのノリにも影響してきてしまいますよ。
ここでは、すぐにでも実践したいメイク道具の正しい洗い方をご紹介します。

手入れされていないメイク道具って、ばい菌だらけかも!?

メイク道具

girlydrop.com

毎日のメイクで使用するパフや筆、正しい洗い方できちんと手入れをしていますか!?
中には買ってから一度も洗ったことのない人も、いらっしゃるのではないでしょうか。
しかしそんな人は要注意!
実はメイク道具って、見た目以上に汚れているんですよ。

メイク道具には化粧品の成分が付着するのはもちろん、それだけでなく肌の皮脂や老廃物も付着してしまいます。
それをそのまま洗うことなく放置し使い続けることで、ばい菌が繁殖しカビの原因になるともいわれています。

洗顔後に使用するタオルは毎日洗濯をして取り代えるのに、メイク道具は一度も洗ったことがないなんてどれだけ不潔なことでしょう。
そして雑菌やばい菌が繁殖したメイク道具を使用して、直接顔に当てていたかと思うと恐ろしいですよね。

正しい洗い方でメイク道具を清潔にしたらメイク上手に!?

顔を触る女性

不潔なメイク道具は、汚いだけでなくメイクの仕上がりにも影響を与えることがあります。
汚れの詰まったメイク道具では、化粧の成分をキメ細やかに肌にのせることが難しくなってしまうのです。
せっかく丁寧にメイクを仕上げるために使用している道具が原因で、メイクのノリが悪くなってしまうなんて残念ですよね。

それを避けるためにも、プロのメイクアップアーティストは、正しい洗い方でメイク道具の手入れをしっかりとおこなっているようです。
それを聞くだけで、メイク道具の手入れがどれだけ大切か分かりますね。
メイク道具

また、汚れたメイク道具を使用することが肌荒れの原因になることもあります。
ばい菌が付着したメイク道具でお化粧すれば、それはばい菌を顔に塗っているようなもの……。
せっかくメイク前に洗顔をして肌を清潔にしても、汚いメイク道具を肌に当てながら化粧をしていては台無しですよね。

「最近なぜか肌荒れが気になる……。」とお悩みの方は、まずメイク道具を見直してみましょう。

それではメイク道具はどのように手入れしたら良いのでしょうか?
ここからはアイテム別に、メイク道具の正しい洗い方をご紹介します。

メイク道具の正しい洗い方①スポンジ・パフ

ベースメイクをする女性

最初にご紹介するメイク道具の正しい洗い方は、スポンジ・パフについてです。
メイクには欠かせないスポンジやパフ!
肌に蜜に密着させて使用するものだからこそ、しっかり清潔を保ちたいですよね。

スポンジ・パフの洗い方は、中性洗剤+ぬるま湯で揉み洗い。
まずはスポンジ・パフに中性洗剤をつけ、汚れを泡に移すように揉み洗いします。
そして適度に泡だったスポンジ・パフを、ぬるま湯で洗い流します。
この時、泡が全く出なくなるくらいまで、しっかりと洗い流しましょう。
また、あまり力を入れ過ぎるとスポンジが破れてしまう可能性があるので、優しくもみ洗いするように心がけましょう。

そして最後はキッチンペーパーで水分をふき取り、日当たりの良い場所で乾かします。
通気性の良い場所で、しっかりと乾かすのがポイント!
スポンジやパフは、化粧品の粉の含みが悪くなったら洗い時ですよ。
毎日使用する人は、3~4日おきくらいに洗うようにしましょう。

メイク道具の正しい洗い方②チークブラシ

チークを入れる女性

次にご紹介するメイク道具の正しい洗い方は、チークブラシの洗い方についてです。
チークブラシを水洗いすることは、あまり良くないといわれています。
とくに動物の毛を使用しているものは、水洗いすることで毛を痛めてしまう可能性があるので注意が必要です。
そこで、チークブラスを清潔に保つために、ブラッシングしてみましょう。
まめにブラッシングすることで、毛と毛の間に挟まったチークの粉を取り除くことが可能です。

チークブラシのブラッシングには、細いクシを使用してくださいね。
普段髪の毛をとかす時に使用するようなクシでOKです。
ブラッシングのやり方は、柄に近い部分から毛先に向かって優しくクシを通します。
チークブラシを使用したらその都度ブラッシングをして、汚れを落としましょう。

ブラッシングでもなかなか綺麗にならないような頑固な汚れが気になる場合には、シャンプーや洗顔フォームなど低刺激なもので優しく洗ってみてください。
洗いすぎはブラシを痛めてしまう原因になることがあるので、汚れが落ちた後はブラッシングで手入れするようにしましょう。

メイク道具の正しい洗い方③リップブラシ

リップを塗る女性

メイク道具のひとつリップブラシも、正しい洗い方で手入れすることが大切です。
リップブラシは使用した後、毎回ティッシュでブラシについた口紅を拭き落としましょう。
口紅のついたブラシを、そのまま放置するのは絶対NG!
毎回水洗いする必要はありませんが、毎回しっかりティッシュオフするよう心がけましょう。

また、2~3か月に1回は洗剤を使ったケアを取り入れていきましょう。
中性洗剤を水に溶かし、それにリップブラシをつけて静かに上下に振ります。
ある程度汚れが落ちたらブラシを水から出し、キッチンペーパーなどで水分をしっかりと拭き取りましょう。
この時リップブラシの毛並みを整えるのがポイント!
最後に筆部分を上に向けて、しっかりと乾かしたら完成です。

メイク道具の正しい洗い方④アイシャドウチップ

アイシャドウを塗る女性

続いてご紹介するメイク道具の正しい洗い方は、アイシャドウチップについてです。
色んな色が混ざり合ったアイシャドウチップは、見るからに「不潔そう……。」なんて感じたことがある方も多いのではないでしょうか?
アイシャドウチップも、他のメイク道具同様手入れが必要なアイテムです。

アイシャドウチップの洗浄に必要なのは、こちらも同じく中性洗剤!
中性洗剤を少量含ませて、チップの部分を指の腹で優しく押さえながら汚れを浮かせます。次に水を溜めたお皿に、同じくアイシャドウチップを入れて同じく指の腹を使って水洗いしましょう。
最後は水分をしっかりと拭き取って、チップ部分を上に向けたまま立てかけ、乾かしたらお手入れ完了です。

アイシャドウチップは目の周りに使用するものだから、とくに清潔を保つよう心がけましょう。
菌の繁殖したアイシャドウチップを使ってアイメイクしていれば、目のトラブルを引き起こしてしまう可能性も……。
アイシャドウチップは使用するアイシャドウの色を変えるごとに、しっかりティッシュオフしておきましょう。

メイク道具の正しい洗い方⑤ビューラー

ビューラーを使う女性

目元に使うビューラーも、正しい洗い方で手入れする必要のあるメイク道具のひとつです。
ビューラーは使用するごとに手入れするのがマスト!
使い終わったら雑菌効果のあるウェットティッシュ等で、毎回拭き取るように心がけましょう。
薬局などで簡単に手に入る、エタノールを使用しても◎

さらに、ゴム部分が劣化していないか毎回チェックするようにしましょう。
ゴム部分が劣化していると、まつ毛が切れてしまったり、痛めてしまう原因になることがあるので注意が必要です。

メイク道具の正しい洗い方⑥化粧ポーチ

ピンクの化粧ポーチ

最後にご紹介するメイク道具の正しい洗い方は、化粧ポーチについてです。
あまり意識したことがない人も多いかもしれませんが、もちろん化粧ポーチも手入れしなければ汚れてしまいます。
メイク道具を清潔にしても、化粧ポーチが汚れていては台無しですよね。

洗える素材の化粧ポーチを使用している人は、月1回を目安に丸洗いすることをおすすめします。
一方洗えない素材の化粧ポーチを使用している人は、除菌シートや除菌スプレーでこまめに除菌を心がけましょう。
メイク道具の正しい洗い方をご紹介しました。
何気なく使用していたメイク道具が、実は汚れていたなんて驚きですよね。
これからはメイク道具もしっかりとお手入れして、清潔感のあるメイクを楽しみましょう。

【関連記事】数万個の雑菌が発生しているかも……!メイク道具のお手入れ方法

女性の身だしなみのひとつとして欠かせないメイクですが、そのメイクをするためにはメイク道...

メイク お手入れ ポーチ

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

たなかみか

キラキラ輝く女性の味方♡

誰でも取り入れやすいトレンドを発信してきます!

>もっとみる