相手を逆なでしないで別れたい!上手な夏の恋の終わらせ方5つ

「夏で、彼との恋を終わりにしたい。」と別れを決意していても、どんな風に相手に伝えるべきかわからず、悩んでしまっていませんか?
相手を逆なでせず、別れることに対して納得してもらえる上手な伝え方をご紹介します。

上手な夏の恋の終わり方①▶良い経験であったことを伝える

「今の恋を終わりにしたい。」という感情にかられた時、あなたはどんな方法で終止符を打ちますか?

曖昧にして終わらせようとするのは、大人としてあるまじき行為。
あなた自身が終わりにしたいと感じたのであれば、自分の口ではっきりと相手に伝えるのがマナーです。

別れを相手に伝えるときに、必ず伝えてほしいのが、彼との恋愛が「良い経験であった」ということ。
仮に今の恋に魅力を全く感じられなくなってしまっていたとしても、「付き合っていた時間が無駄だった」というニュアンスのことを伝えてしまうと、彼は自分のすべてを否定されているような気持ちになってしまいます。

それでは、相手の気持ちを逆なでせず、綺麗な終わりを迎えることはできません。
これまでの時間を共に過ごしてくれた感謝の意味を込めて、自分の人生においてよい経験ができたという感謝の気持ちを伝えられるようにしましょう。

上手な夏の恋の終わり方②▶新しい恋については触れない

自分の口で別れを伝えることがルールだからと言って、すでにいる新しい好きな人の存在を口にするのはNGです。

確かにはっきりと別れを告げることは大切ですが、何も馬鹿正直に「新しく好きな人ができたから、あなたとは別れたい」と伝える必要はありません。

新しい恋に関しては触れず、それ以外の部分の別れの理由を相手に伝えるようにしましょう。

上手な夏の恋の終わり方③▶相手に対する不満に関してはあまり触れないほうが良い

あなたが今の恋を終わりにしたいと思っているということは、何かしら相手に対する不満を持っているということですよね。

しかし、相手を逆なでせず、恋に終止符を打つということを目標にするのであれば、相手に対する不満には触れないほうが良いでしょう。

仮に怒りの気持ちが抑えられず、相手に対する不満をぶちまけたとしましょう。
すると相手は、「それ、悪いのは全部俺なの?」と、怒ってしまう可能性が高いのです。

不満があるのではなく、好きではなくなったというニュアンスで伝えることが、相手を逆なでせず恋を終わりにするために、一番重要なことなのです。

上手な夏の恋の終わり方④▶“別れたい”というセリフをきちんと伝える

一番やってはいけないのが、すべてを濁し、曖昧にして別れようとすること。
これこそ、最も相手を逆なでしてしまう別れ方なのです。

この恋愛に関して後悔はしていないことや、相手に対する不満は抑えつつも、別れたいというセリフをきちんと伝えることで、あなたの意思をはっきり提示しましょう。

これは話の本題でもあるので、口にせずにはいられないセリフなのです。

上手な夏の恋の終わり方⑤▶危険を回避する方法も考えておく

ここまででご紹介したのは、あくまで相手を逆なでさせない方法です。

別れたいからといって、あなたの言いたいことすべてを伝えてしまうと、相手は怒って感情を逆なでしてしまう可能性が高いのです。

お互いに言いたいことを全て言って納得できる関係であればよいのですが、必ずしも相手がそうとは限りません。

あなたのセリフの節々に怒りを感じ、感情を逆なでしてしまったら、ひどい場合にはストーカー化してしまう……なんていうことも想定できます。

危険を回避する方法も考えつつ、慎重に別れ話をするということを胸に留めておきましょう。
自分から別れを口にするのは、非常に勇気が必要ですよね。
だからと言って、すでに感情が薄れているのにだらだらと付き合いを続けるのは、あなたにとってだけでなく、彼にとっても良いこととは言えません。
彼に嫌な思いをさせず、別れたいという気持ちを理解してもらうために、今回ご紹介した方法で、勇気を出してあなたから別れを伝えてみてください。

【関連記事】長く付き合った恋人と別れる時の注意点。本当に終止符を打つの?

交際してから、5年以上の範囲になってくると入籍していないだけであって、関係自体は夫婦と変...

別れ 終わり 相手 カップル 破局 振る 振られる 新しい恋 恋の終わり 方法

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

夢咲 姫花

ブログ♡ http://ameblo.jp/le-secre-de/
インスタグラム♡ @eriusa0325 https://instagram.com/eri…

>もっとみる