しなやかな美ボディを目指すならバレエストレッチ♡やり方と効果をCHECK!

最近は、程よく筋肉がついた美ボディを目指す女性が多くなってきています。
しかし中には、「筋肉でがっちりした体型になってしまうのではないか」と心配な女性も多いのではないでしょうか。

女性らしいボディラインはそのままで、引き締まった身体を手にしたいなら、「バレエストレッチ」がおすすめ!そこで今回は、家で取り入れられるバレエストレッチのやり方や効果をご紹介いたします♡

バレエストレッチとは?

バレエストレッチとは、単なるストレッチではなく、“バレエ要素”を取り入れたストレッチ方法です。
筋肉を伸ばしたり、身体を柔らかくするためなら、「普通のストレッチでもいいのではないか?」と思ってしまいがちですが、バレエストレッチは普通のストレッチでは得られない効果を得ることができます。

一番の違いは、背筋をピンとさせて姿勢をよくすることができること。
バレエストレッチは、姿勢を意識して行うものが多いので、単に身体を動かすストレッチとは異なり、猫背などを矯正することが期待できるんですよ♪

バレリーナや、バレエダンサーは背筋が伸びていて、立ち姿も美しいですよね。
誰もが憧れる美ボディを持つ女性たちが行っているバレエストレッチを取り入れて、あなたもしなやかな美ボディを目指してみませんか?

まだまだある!バレエストレッチによる嬉しい効果

バレエストレッチで日頃からキレイな姿勢を保つことができるようになりますが、他にも嬉しい効果がたくさん期待できます。

・全身を柔らかくすることができ、血流の流れがよくなるので代謝が上がる
・全身をバランスよく鍛えることができ、しなやかなボディのままシェイプアップできる
・ホルモンバランスが整い、イライラや生理痛を軽減できる
・全身の血行がよくなり、冷え性やコリ、むくみを改善できる
・疲労回復効果を高めることができ、疲れにくい身体作りをサポートしてくれる

バレエストレッチだけで、これだけの効果があるのは嬉しいですね。
家でできる簡単なストレッチばかりなので、ぜひ試してみてください。

バレエストレッチのやり方①股関節のストレッチ

まずは股関節のバレエストレッチから始めていきます。

①床に座ったら膝を曲げて両足の裏を合わせます。
②呼吸をしながら、両ひざを上下にバウンドさせましょう。
足の力を使うだけでなく、手を使ってゆっくりと押し下げてバウンドさせることもおすすめです。

股関節はダイエット効果の高い部分!
股関節ストレッチで股関節をほぐし、可動域を広げることで日常生活での消費エネルギーを増やすことができます。
下半身痩せに効果的で、むくみ解消にも役立ってくれますよ♪

バレエストレッチのやり方②開脚ストレッチ

開脚バレエストレッチで、太ももの内側を伸ばしていきましょう。

①床に開脚をして座ったら、無理のない範囲で上体を前に倒します。
②次に右足を折り曲げて、足裏を左ももの内側につけたら、左足の爪先を左手で掴み、上体を左に倒しながら右手は上に上げます。
③10秒キープしたら、反対側も同じように行いましょう。

内ももや、サイドに上体を倒したときに側面が伸びていることをしっかり意識してみてください。
最初は身体が床や足につかなくても、毎日行っていくことで見違えるほど身体が柔らかくなっていきますよ!しなやかな美ボディになってる証拠でしょう♡

バレエストレッチのやり方③二の腕のストレッチ

バレエストレッチには、痩せにくい二の腕のストレッチもあります。

①左腕を上に伸ばし、ひじを曲げて後頭部の方へ持ってきます。
②背骨を触るイメージ伸ばしたら、右手で左ひじを持って、押し下げるように二の腕を伸ばします。
③10秒キープしたら元の状態に戻り、反対側も同様に行いましょう。

呼吸は忘れず、無理しない程度に何回か繰り返してくださいね。
座ったままでもできるバレエストレッチなので、仕事の合間や入浴中など、ちょっとした時間を活用して行ってみてください。
二の腕が伸びていることを感じられれば、徐々に引き締まっているサインです。

バレエストレッチのやり方④脚の裏側のストレッチ

足の裏側全体もバレエストレッチでほぐしていきましょう。
足の裏側は意外とコリやすい部分です。
しっかりほぐしてあげることで、しなやかな美ボディを目指せます。

①床に座って両足を揃えたら前に伸ばします。
②まずは両腕を天井に伸ばして、しっかり骨盤を立てます。
③そのままの状態で、腰から上体をゆっくり前に倒れるところまで倒していきます。
④20秒キープしたら、①の状態に戻り、これを5回~10回繰り返しましょう。

ポイントは、ひざを曲げないことと、骨盤から前に倒すイメージで行うことです。
そして、天井に両腕を伸ばしたとき、指先まで意識して伸ばしてみてください。
そうすることで引き締まったボディだけでなく、動作の美しい女性になることができます。
バレリーナも指先までの動作が美しいので、バレリーナになった気分で行うといいですよ♪

バレエストレッチのやり方⑤お尻ストレッチ

デスクワークの女性は、お尻がとてもコリやすいです。
お尻は脂肪がつきやすいパーツでもあるので、凝ったままにしておくと血行が悪くなってどんどん脂肪が蓄積されてしまいます。
なので、お尻もバレエストレッチで血行をよくして脂肪を燃焼させましょう♡

①仰向けになったら両ひざを立てます。
②左足を、右足の太ももに乗せたら、両手で右ひざを包み込むようにして胸に引き寄せます。
③20秒キープしたら、反対側も同じように行いましょう。

座って行う場合は、椅子に浅く腰をかけ、左足を右足の太ももに乗せたら上体を前に倒してみてください。
長時間座っていて、「疲れたな」と思ったときに行うと、気持ちもリフレッシュできますよ♪

バレエストレッチのやり方⑥肩甲骨ストレッチ

デスクワークだけでなく、長時間スマホを使っていると肩も凝ってきますよね。
肩甲骨に効くバレエストレッチを行うことで、コリを解消できるだけでなく、背中の脂肪をつきにくくしてくれるんです!

①あごを引いて、背筋を伸ばします。
②両手を上に伸ばして、手の甲を合わせるのですが、両腕は耳の後ろに来るようにします。
③そのままの状態で、ゆっくりひじを曲げ、両腕を下ろしてきます。
④一度上に戻したら、また③を行いましょう。

上げ下げを1セットにして、10回繰り返してみてください。
呼吸を忘れないことと、腕をしっかり大きく広げて下ろすことがポイントです。

バレエストレッチのやり方⑦お腹引き締めからのむくみ解消ストレッチ

最後にご紹介するバレエストレッチは、お腹引き締めとむくみ解消に効果的なやり方です。

①あごを引いて真っ直ぐ立ったら、かかとはつけて、つま先やひざは開きます。
②そのまま腰を下ろし、ゆっくりとひざを曲げていきます。
このとき、かかとは上がらないように注意しましょう。
③ひじを曲げた状態で5秒キープしたら、①の状態に戻ります。
④今度は、足にしっかり力を入れて内ももを引き締めたら、両手を上げて背伸びをします。
⑤そのままかかとを上げた状態で5秒キープし、再び①の状態に戻りましょう。

①から③を繰り返すことでお腹が引き締まりますし、①と④~⑤を繰り返すことでむくみ解消に繋がります。
なので、別々で行ってもOK!腹筋を意識することが大切です。
余分な筋肉をつけることなく、全身の引き締めが叶うバレエストレッチのやり方をご紹介させていただきました。
その他にも冷え性やむくみを改善したり、疲れにくい身体作りをしてくれるなど、嬉しい効果ばかりです。
1日ひとつでもいいですし、自分のライフスタイルに合わせて組み合わせることもおすすめ。
毎日コツコツ続けて、バレリーナのようなしなやかな美ボディを目指しましょう♡

【関連記事】彼に恥ずかしい身体を見せたくない!セルライトをセルフケアで撃退する方法♡

肌の表面にボコボコとできてしまったセルライト。ダイエットをしてもなかなか消えず、悩んで...

バレエストレッチ ストレッチ 効果

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mana yuki

頑張るすべての女性にステキな記事をお贈りします♪

>もっとみる