色白の美人になりたい♡美白に近づくための方法とは?

人気の傾向は今、美しく透き通る美白肌。
さらに意外と男性も美白かどうか、注意して見ているようですよ!
どんなメイクもどんな洋服にも合うような、きれいな肌を手にいれるコツや、地黒の人でもちょっとした工夫で美白に近づく、肌の手入れの方法が満載です!

目次

色白の人に憧れる♡

「色白は七難を隠す」と日本では昔からいわれていますが、ファッションや美の流行はめぐりめぐって、今再び美白ブームです。
日傘をさす女性や、腕や足へ完璧な紫外線対策をしている人もよく街で見かけますよね。

実は、男性も彼女が美白かどうかをしっかり見ているようです。
雑誌のモデルやテレビに出ている芸能人もみんな美白で、うらやましくなるような透き通る肌をしていますよね。

色白になるには、日々の生活の中での努力の積み重ねが大切です。
アジア人の中でも日本人は何もしなければ色白なため、白人に負けない肌の白さを作れるのだそう。

遺伝により地黒の人は、メラニン色素が多い人たちです。
紫外線へのバリア力が生まれつき、高いというメリットもあります。
色黒は悪いことばかりではないのですが、コンプレックスを感じているのなら、少しずつ美白に近づくためのコツもあるので、ご参考にしてくださいね♡

美白に近づく方法①洗顔の仕方

美白になるはじめの一歩は、なにより洗顔をきちんと行うことです。
メイクの汚れやホコリ、皮脂の汚れが残っていては、透明感のある色白とはほど遠い顔……。

まずは顔から、くすみの原因をきれいに取り除くことからはじめましょう!

顔の皮膚は、体に比べて繊細にできています。
ゴシゴシこするだけで傷になってしまうこともあるので、できるだけやさしく洗うことが大切です。

美白効果のある洗顔料は、より効果的でしょう。
ご参考までに、おすすめ商品をご紹介します!

■長寿の里 然(しかり)よかせっけん
自然な素肌の美しさを見直したい、ナチュラル志向の女性に大人気の石けんです。
商品の名前に「よか」とあるだけあり、九州原産の良いものを使用するこだわりが自慢の石けんです。
火山灰シラスを超微粒子化した、キメの細かい泡でしっかり汚れを吸着してくれるので、美白効果もあるといわれています。

■北の快適工房 二十年ほいっぷ
石けん職人が20年かけて作った、秘蔵の石けんフォーム。
直火釜練り製法という手間のかかる製法で手作りされた一品です。
泡立ちよく、手になじむ弾力が癖になると評判です。

洗顔は、何度も洗顔すれば良いというのではありません。
洗いすぎると、肌に必要な皮脂も洗い流してしまうことも!
適度な洗顔が大切ですよ!

美白に近づく方法②念入りな保湿

保湿は肌のお手入れとしてとても大切ですが、美白になるためにも必要だったとご存じでしたか?
保湿は肌のシワやたるみを防いでくれますが、美白のために肌に浸透させる美容液の成分を行き渡らせるためにも、十分な浸透力が必要なのです。

透き通るような白い肌の輝きは、水分が十分に浸透して潤いがあるからこそ、余計に魅力的にうつるのです。

エアコン使用時や乾燥期の保湿のお手入れは、特に入念にするように心がけましょう。
特に、保湿力アップの効果がある化粧水や乳液を選んで使用すると良いですよ。

美白に近づく方法③食生活に注意する

美白になるには、なにも顔だけをお手入れすれば良いわけではありません。
美しい肌は、おいしい食べものと規則正しい生活習慣から作られます。

美しい肌や粘膜を作る働きのある栄養素や抗酸化作用のある食べものを積極的に摂ることで、色白の大敵である活性酸素を減らすこともできますよ。

そんな美白作りのための代表的な食品とともに、ご紹介しますね。

■ビタミンC
肌の健康効果があり、メラニンの生成を抑える働きがあります。
ビタミンCは熱すると消失してしまうので、生のままで食べられる果物や生野菜、スムージーなどで摂るといいですよ。
レモンや柿、いちごなど、多くの果ものに含まれています。

■鉄
皮膚や粘膜、コラーゲンを作る働きがあり、豚や鶏のレバーなどに多く含まれています。
ほかにカツオやマグロ、あさりなどの魚介類にも。
鉄分は不足がちになりやすいので、積極的に摂るよう心がけましょう。

■ビタミンE
アンチエイジング効果のビタミンEは、ビタミンCとコンビで摂ると、抗酸化力を補いながら体に働く効果が高められますよ。
アーモンドやアボカドや黒ゴマに含まれています。
サプリメントではなく、天然の食品がより効果的です。

■ビタミンB1やB2
美容効果の高いビタミンB群も積極的に摂りましょう!
肌だけでなく髪も一緒にきれいにしてくれます。
うなぎやカツオ、緑黄色野菜にも含まれています。

■リコピン
トマトに多く含まれており、メラニンを抑える効果があるとされ、美白効果に期待が集まっています。
トマトにはビタミンCやB1、B2、Eなども含まれているので、いくつもの美白効果があるのでおすすめです!

肌の新陳代謝(ターンオーバー)に気をつけるなど、生活習慣を整えながら、効果的な食物を摂るとより効果的です。

美白に近づく方法④紫外線対策を強化

美白のためには、シミは少しでも減らしたいのが乙女心。
実は嫌われもののシミは、紫外線から皮膚を守るバリアの働きがあるのです。

紫外線による肌への攻撃を減らすために、メラニン色素が紫外線を吸収してくれています。
シミがあるということは、体は紫外線ブロックの働きをきちんとしてくれているということ。

人は生まれてからずっと、ある程度の紫外線を受けながら生きています。
その間、体内では必要なメラニン色素を生成し必要のないものは排出されるなど、バランスの良い新陳代謝を行われています。

けれど、大人になるにつれて新陳代謝のバランスが悪くなり、不必要なメラニン色素を排出しきれなくなることも。
若い頃なら自然に排出できたものが体内に残ってしまい、シミとして肌に沈着してしまうこともあるのです。

色白が美しいのはいうまでもありませんが、それだけ紫外線に肌が攻撃される危険があることを忘れてはいけません。
メラニン色素が生まれつき少ない白人より、多い黒人や黄色人種の方が皮膚ガンになる可能性は少ないのも事実なのです。

色白になったことで、紫外線から直接攻撃される危険をきちんと自覚して、常に紫外線対策を心がけておくことはとても大切ですよ。

美白に近づく方法⑤ピーリングをする

ピーリングは、新陳代謝の低下によって残ってしまった古い角質をはがす作用があります。
これも色白の肌になるために必要なお手入れです。

市販のピーリング石けんは、なるべく肌トラブルが出にくいように工夫されています。
そのため、厳密にはシミをなくすような強い効果はないと思った方がいいかもしれません。

また、なるべく肌を傷めないようにするためには、水で洗い流すピーリング石けんを選ぶと良いですよ。

美白に近づく方法⑥シートマスクを利用する

シートマスクは、長い時間じっくりと美容液成分を肌に浸透させることができます。
毎日のお手入れのワンランクアップケアとして、スポット的に使われる方が多いかと思います。

でも本心は、できれば毎日でもシートマスクで肌を癒してあげたいですよね?
高価なシートマスクはもちろん効果がありますが、1ヶ月に1〜2度しか使わないのなら、少し値段のランクを落としてでも、毎日お肌の手入れをした方が美しい肌作りに効果があるのだとか。

ビタミンCやプラセンタエキス、ハトムギやアルブチンなどの美白成分が配合されたシートマスクを選ぶようにしましょう。

美白に近づく方法⑦サプリメントを飲む

外から美容液のたっぷり入ったシートマスクで美白成分を補うことも大切ですが、同様の成分を体内にとりいれることができる、サプリメントもおすすめです。

ビタミンEは、天然由来のサプリメントを選びましょう。
人工的なビタミンEサプリメントには、ほとんど抗酸化作用があまりないといわれているからです。

美白に強いサプリメントもおすすめです。

■キミエホワイトプラス
■ロスミンローヤル

サプリメントを飲むと同時に、紫外線対策をきちんとして、お肌を守ることも同時にしましょう。

美白に近づく方法⑧エステサロンに通う

エステサロンは、肌のスペシャリスト!
シミやそばかすのない、透き通るような美白を手にいれるためにも、美肌アシストの専門機器を完備した、エステサロンに通うと、より効果的に美白の肌を手に入れられます。

年齢を重ねると必ず1つや2つの肌の悩みが出てくるもの。
皮膚自体が持つ新陳代謝の能力を高めてくれたり、肌のハリや潤いも整えてくれるメニューなど、ユーザーの悩みにマッチした肌の専門的なメンテナンスメニューが用意されています。

長いスパンで無理のない肌ケアをしていくため、メンテナンス費用はかかりますが、それだけ満足のいくメンテナンスが受けられるでしょう。

■ポーラ
化粧品メーカーのポーラによるエステサロン。
全国1,000店舗もあるので、お近くのサロンを選べるのも嬉しいですね!

主にフェイシャルエステが中心ですが、メニューも豊富で料金設定も明確なので、安心してケアをしてもらえます。

■たかの友梨ビューティークリニック
知名度の抜群のエステサロン。
上質な施術のテクニック、知識や接客術などすべてが満足できるサービスが用意されています。
また、内装もリッチな雰囲気なため、リピーターも多いと評判です。

美白だけでなく小顔エステなど、メニューは非常に充実しています。
韓国女性のような白くてみずみずしい水光美肌トリートメントや、顔からデコルテまですっぽり包む速攻ビタミントリートメントは、美白効果も高いと評判だそうです。

美白に近づく方法⑨美容皮膚科に通う

本格的に、シミやそばかす、ホクロなどを消したい場合、美容皮膚科など専門医院で、本格的な施術をしてもらうのも良いかもしれません。

■城本クリニック
美のトータル医療機関の城本美容外科クリニックによる皮膚科部門で、肌にまつわるいろいろなトラブルが独自のフォトフェイシャルケアによって美しく生まれかわると評判です。

■品川スキンクリニック美容皮フ科
肌に関するトータルケアを安心して任せられるクリニック。
レーザー美白などがおすすめです。

■銀座よしえクリニック
保険適用の皮膚科と適用外の美容皮膚科があります。
駅チカで仕事帰りにも寄れる診察時間が、働く女性にも魅力的です。
比較的料金が安価なのも嬉しいポイント!
いかがでしたか?
洗顔や食生活など、身近なポイントから専門的な施術が魅力のエステサロンや美容皮膚科まで、おすすめ情報をまとめました。
街で二度見されるくらいの美白の女性になりませんか?

色白 方法 美白 メラニン 紫外線 UV 美容外科 ピーリング 洗顔 ビタミン

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

松下*まさよ

湘南からbeautiful lifeの小わざをお届けします♡
web designer/writer/movie creator/illustrator<…

>もっとみる