ダメ人間になる前に!エネルギッシュになれない悪習慣4つ

LIFESTYLE

ダメ人間であるかどうかは性格や素質ではなく「習慣」の方が影響が強いんです。
ダメ人間になりかかっている人も、そうでない人も、エネルギッシュな生活を送るために悪い習慣を排除しましょう!

《脱ダメ人間!エネルギッシュになれない悪習慣①》糖質とカフェインの摂りすぎ

ご飯をたくさん食べると眠たくなり、なぜだか疲労感が漂い身体が動かなくなりますよね。

それは摂取した糖質によって、体内でインシュリンというホルモンが多く分泌されるからです。
頭がぼーっとすると効率が下がってしまうので、糖質の摂取は控えるようにしましょう。

カフェインも中毒にならないレベルで飲むことが大切です。
「気付けばいつでもコーヒーを飲んでいる」「カフェイン無しではやってられない」というレベルまで来ていたら要注意!

カフェインを控えることで身体が正常に戻り、エネルギッシュになるはずです♪

《脱ダメ人間!エネルギッシュになれない悪習慣②》好きなことを突き詰めない

趣味や好きなこと、興味があることがあるのにそれに没頭しない理由はなんでしょうか。
時間がない、忙しい、お金がない……という声が聞こえてきそうです。

好きなことを見つけられたことは、実は幸せなことです。
今は無趣味な人が増えてきている時代ですから、趣味があることに誇りを持って突き詰めるべきです♪

1日30分〜1時間、好きなことだけに集中する時間を作ってみてはいかがですか?
新しいアイデアが生まれたり、気分転換もでき、エネルギッシュになれます。

《脱ダメ人間!エネルギッシュになれない悪習慣③》類友しかいない

考え方が似ていて、いつでも共感できるような友達といるのは、居心地がいいし楽かもしれません。
それに比べて、価値観が違う友達は刺激を与えてくれます。

価値観が違う友達といると、初めは言っている意味がわからなかったり、時には対立することもあるかもしれません。

疲れてしまうこともありますが、その刺激がエネルギッシュなあなたへと導いてくれます♪

《脱ダメ人間!エネルギッシュになれない悪習慣④》決めたことをやらない

決めたことをやらないのは一時的には楽かもしれません。

ツケが回ってくるのはもちろんのこと「決めたはずなのに守れなかった」という精神的ストレスが、身体にダメ人間となる影響を及ぼしてしまいます。

決める力はあるのだから、元々ダメ人間なわけではありません!
「自分はできない人間だ」と悲観的にならずに、TODOリストを作るなどして一歩ずつ前進しましょう♪

毎日が退屈で平凡だと、エネルギーが搾り取られるような気持ちになりますよね。
この4つの悪習慣を見直してダメ人間にならないようにしましょう!

今すぐSTOP!後悔しない人生を送るために
心がける5つの習慣