気になる相手にしてはいけない4つのタブー!出会いをムダにしない

LOVE

夏は出会いの季節♡
イベントの出会いが豊富で、恋人を作るなら絶対今でしょう。
しかし、気になる相手ができてもいつも上手くいかない人もいるはずです。
そのような人は、もしかしたらアプローチの「タブー」を犯しているのかも!
今回は気になる相手にしてはいけないタブー4つを紹介します♡

気になる相手にしてはいけないタブー① 焦らない

恋愛に焦りは禁物!
恋愛における常識と言っても過言ではですね。

相手と早く良い関係に発展したい♡と思うばかりに先走った行動に出てしまうことは逆効果です。
特に男性は追われると逃げる人が多いので、恋する女子は要注意!

関係が浅いうちにいきなりデートに誘ったり過度なアプローチをするのはやめましょう。
自分を保ちながら、落ち着いた心を持って接してください。

気になる相手にしてはいけないタブー② 期待しすぎない

気になる相手と仲良くなり始めた頃、誰しも多少は期待をしてしまうかもしれません。
しかし、人生何が起こるか分かりません。
このまま関係が上手くいくとは限りません!
期待をしすぎず、気軽な心持ちで相手と接しましょう♡

期待をしすぎると、相手が自分に気がなかったと分かった時のダメージはかなり絶大。
一人で空回りしていた自分を惨めに思うはずです。

「なんだかいい感じだけど、他の人でもアリかも〜!」くらいの気持ちで行った方が案外うまくいきますよ。

気になる相手にしてはいけないタブー③ 近づきすぎない

気になる相手と距離を縮めるために、定期的に顔を合わせることは大切ですが、そのたびに近づきすぎることは避けましょう。

毎度ベタベタしていると「ただの鬱陶しい人」扱いされてしまいます!

大切なのは「よく会うけど深くは知らない」「もっと中身を知りたい」と思ってもらうことです♡
出だしから自分のことをベラベラ話したり、相手のことを根掘り葉掘り聞きだすと「なんだか気になる」と思ってもらえません!

気になる相手がいてもしばらくはミステリアスな自分を演じて♪

気になる相手にしてはいけないタブー④ わざとらしすぎない

アプローチする上で重要なことは「自然体」。
わざとらしかったり、あざとさが垣間見えるアプローチ方法は相手の心に響かないどころか相手の気分を損ねて逆効果です。

ありのままの自分を全て見せろとは言いませんが、不自然に感じない程度のスタイルで相手と接しましょう♡

わざとらしいアプローチは、どうしても計算高さがバレてしまいます。
モテテクを使いこなさなきゃ!と思うあまり自分を偽ることはNG!

あくまでも普段の自分の最大限の魅力を見てもらえるように努力しましょう♪

いずれかの行動を起こしてしまって、恋愛に失敗してしまった人もいるかと思います。
出会いの季節を無駄にせず、素敵な恋人をゲットしちゃいましょう!