悪口言うと不幸顔になる!"悪口"のデメリット4つ

LIFESTYLE

女子ってなにかと悪口を言うイメージが世間的にもありますよね。
悪口ってその時はスッキリしているように感じてもできればあまり言いたくない…悪口は自分を不幸にするだけだと感じます。

悪口のデメリット①単純に嫌われる。

まず第一に悪口ばかり言っている人は嫌われます。
悪口ばかり言っている人と食事をしたりする時、ご飯は美味しくなくなる。

「あんなに仲の良い子の悪口まで言うなら私のことも言ってるんだろうな。」と思った経験ありませんか?
信用もしなくなりますし、誘われても会いたくないなと思ってしまうし…
悪口ばかり言ってると段々と周りから人が離れてしまうかも。

悪口のデメリット②相手を思いやっていないことに気付く。

悪口を言っている側は楽しかったり、スッキリしているのかもしれませんが、聞いている側のことって考えたことありますか?

まず、リアクションに困ります。困っている人ほど終始「う〜ん…」と曖昧なリアクションに。
そして①で書いたように不快な気持ちにもなります。

これって相手のことを思いやっていない!相手の気持ちを考えてみて!相手は楽しい会話をしたいんです。

悪口のデメリット③実は自分も不快な気持ちになっている。

悪口を言うと自分の耳にも自分で発している悪口が聞こえてきます。
無自覚に実は自分も不快な気持ちになっていると思います。

悪口を言ってしまうと、その日の夜はなんだか悲しい気持ちになるし、聞いてもらった相手にも悪いことをしたと感じるし。

また、悪口を言うとその人への嫌悪感が高まってしまうように感じます。
声に出して言ってしまったがために、その人と会うと自分がさらに嫌な気持ちになってしまいます。

悪口のデメリット④悪口顔になっちゃう!

悪口を良く言っている人の顔ってちょっと怖い…そのまま悪口を言い続けたら"悪口顔"になっちゃうかも!

悪口ばかりいう人は特有のちょっと怖い顔になっています。
なかなか悪口をやめられない!なんて人は周りの悪口ばかりいう人の顔を見てみて。
たまに悪口を言っている人を見ても、その顔が印象に残りそういったイメージがついてしまうことも。

悪口顔になりたくなかったら、悪口で楽しむことをやめた方がいいです!

私もあまりにも嫌ことがあると「ちょっと聞いて!」となっちゃいますが、余程のことが無い限り言わないようにしています。
悪口はその場のスッキリ感以外いいものを感じません!自分のためにも悪口はあまり言わない方がいいように感じます。