まず取り掛かるべきことをピックアップ!今からできる結婚式準備7選

彼からプロポーズを受けたら、顔合わせ食事会をして結婚式場を決めて……と、やることがたくさんありすぎて不安というプレ花嫁さんはいませんか?
確かにやることはたくさんあるのですが、大きなことを決める前の“今”の段階でも、できることって実はたくさんあるんです♡
今回は、気持ちが焦ってしまっているプレ花嫁さんに向けて、確実に必要で、“今”から始められる準備をご紹介します。

今からできる結婚式準備①【参列者の名前や住所のリストアップ】▶結婚式を挙げることを決めたら♡

今からできる結婚式準備1つ目は、結婚式の参列者の名前や住所をリストアップすることです。

大好きな彼との結婚を決意し、結婚式を挙げることをイメージし始めたら、はじめに取り掛かりたいのが、参列者してもらいたいゲストの名前や住所のピックアップです。

結婚式を挙げることを決めたら、まずはどんなイメージの結婚式を、どんな結婚式場で挙げるのかを決めることが先だと思い、とにかくひたすら探す……というプレ花嫁さんは多いのではないでしょうか。

しかし実際には結婚式のイメージや結婚式場に関しては、彼とよく相談しないと決定できず、時間がかかるもの。

それが決まらず内心もやもやイライラ……するよりは、決めておけることだけ決めて、準備しておきたいと考えるのが女子の本音ですよね♡

であれば、どんなイメージの結婚式でも、どの結婚式場でも必ず必要になってくる参列してほしいゲストの名前や住所をピックアップしておくことをおすすめします。

これを徐々にリストアップしておけば、いざ結婚式場を下見しに行った時に「何人くらいのゲストを招待しますか?」と式場のプランナーさんに問われた時にもスムーズに受け答えすることができますよ。

今からできる結婚式準備②【写真集め】▶結婚式のイメージが決まる前から♡

今からできる結婚式準備2つ目は、写真集めです。

結婚式に対して、男子よりも女子のほうが強い憧れを持っているケースが多く、彼はなかなか結婚式のことを決めてくれない!と半ば苛立ちを感じてしまうという話は、先輩花嫁さんたちからもよく聞く話です。

彼がまだどんなイメージの結婚式にしたいのかを考え始める前から準備できるのが、結婚式の際に使用する思い出の写真集めです。

どんなイメージの結婚式にするかはまだ決まっていなかったとしても、必ず使うことになるのが幼少期から現在に至るまでの思い出の写真の数々です。

プロフィールブックを作成するにしても、ウェディングムービーを作るにしても、結婚式関連のなにかを作成する際には、必ずといって良いほど思い出の写真が必要になります。

「実家に帰ればたくさんあるから」と、直前まで写真を準備していなかったという先輩花嫁さんたちからは、「意外と探すのに時間がかかってしまった」と後悔の声が多く挙がっています。

何十年もの人生を歩んできた中で、思い出の写真は1か所にまとまって収納されているとは限りません。

徐々に探して準備を開始することで、焦ることなく作業を進められますよ。

今からできる結婚式準備③【BGM用のCD手配】▶結婚式のイメージがわいたら♡

今からできる結婚式準備3つ目は、BGM用のCD手配です。

結婚式直前になって、「まだ決めていなかった!」と焦る人が多いのが、結婚式で使用するBGMです。

結婚式のBGMは、基本的にどのシーンでどんな曲を使用するか、新郎新婦が決めるシステムになっています。

トータルで10曲以上をリストアップし、その原版CDを準備する必要があります。

どんなイメージの結婚式にするかによって使用するBGMは異なってきますので、結婚式場が決まる前やイメージを膨らませる前の段階からBGMを選ぶことは難しいでしょう。

しかし結婚式場が決定して、彼と2人でどんなイメージの結婚式にしていきたいかを話し合い始めたら、徐々にBGMについても話し合って決定していく必要があります。

最後の最後まで決めずにいると、もめてしまう原因になってしまうだけでなく、意外にも原版CDの手配に時間を要してしまって、準備がぎりぎりになってしまうという可能性も……。

なるべく期間に余裕を持って決めていきましょう♡

今からできる結婚式準備④【お車代の用意】▶招待状の返信をもらったら♡

今からできる結婚式準備4つ目は、お車代の用意です。

結婚式を挙げることを決め、参列してほしいゲストの方々をピックアップしたら、まず確認しておきたいのが、どれくらい遠方から参列してもらう人数がいるのかということです。

そしてその人数をもとに、“お車代”をお渡しするか、彼と2人で話し合ってみましょう。

お車代とは、遠方から参列してくれるゲストに対してお支払する、交通費のこと。

この金額に決まりはないので、“気持ち”として、3,000~5,000円ほどの金額を包むのが相場といわれています。

遠方から参列してもらうゲストの人数が多ければ多いほど、このお車代の金額もかさむということは、初めから頭に入れておきましょう。

2人の中の結婚式の見積もりにこのお車代をしっかり加味しておくというだけでなく、早い段階から準備を進めておくことも大切です。

お車代は、新札をぽち袋に入れ、それをお渡しする人数分用意しておく必要があります。

新札はATMでは手に入らないので、銀行や郵便局の窓口まで足を運ぶ必要があり、意外と準備に時間を要することを頭に入れておきましょう。

今からできる結婚式準備⑤【席札のメッセージ】▶結婚式場が決まったら♡

今からできる結婚式準備5つ目は、席札のメッセージを書くことです。

席札とは、披露宴の際のテーブルにゲストの名前を記した、カードのことです。

このカードにそれぞれのゲストに向けてのメッセージを記載しておくことで、当日参列してくれたゲストたちの気持ちが、ほっこりと温かくなること間違い無し♡

先輩花嫁さんたちの間で、“やってよかった”もしくは、“やればよかった”という声が多く挙がるのが、この席札へのメッセージです。

席札などのペーパーアイテムに関しては、準備がぎりぎりになってしまった……という声も多いのですが、先に席札へのメッセージを準備しておくと、最後の最後で焦らずに済むのでおすすめです。

まだどんなペーパーアイテムを用意するか決めていない段階でも、ポストイットなどを利用してメッセージを用意しておけば、それを席札に張り付けるだけで準備ができるので、早い段階でも十分取り掛かることができますよ。

今からできる結婚式準備⑥【両親への手紙】▶結婚式場が決まったら♡

今からできる結婚式準備6つ目は、両親への手紙です。

結婚式準備が本格的に進行してくると、どうしても時間が取れなくなってしまうのが、花嫁が披露宴のクライマックスで読み上げる、両親への手紙を書く作業です。

ここまで大切に育ててくれた両親への思いは計り知れず、どんな言葉でつづるべきなのかと考えるだけでも、悩んでしまうというのがプレ花嫁さんたちの本音。

しかしこの準備を後回しにしてしまうと、最終的に焦って書き上げることになってしまいかねません。

両親への手紙の演出は、披露宴の中でも1番といっても過言ではないほど重要なシーンですし、これまで口にできなかった感謝の気持ちを素直に伝えることのできる、大切なシーンですよね♡

だからこそ、結婚式場が決まったタイミングから、徐々に準備をスタートさせましょう!

まだ手紙という形にしなくても、伝えたいことや幼少期のエピソードで頭に浮かんだことなどを、メモに書き留めてきましょう。

これを徐々にまとめていくと、自分自身でも満足できる両親への手紙を書きあげることができますよ。

今からできる結婚式準備⑦【美容に関すること】▶結婚式場が決まったら♡

最後にご紹介する“今”からでもできる結婚式準備は、美容に関することです。
プレ花嫁さんがすべき美容に関することは、ピックアップするときりがありません!

痩身エステに美顔に脱毛……と、どんな内容のスペシャルケアを受けるかを、予算と相談して決定していく必要があります。

美容に関することは、早め早めに準備を進めていきたいというのが女子の本音ですが、通う期間が長くなればなるほど、費用が発生するのが現実です。

結婚式に向けた美容に関することは、結婚式場を決めてから取り掛かるのがおすすめ♡

その理由は、結婚式場で提携しているエステなどを紹介してもらうことで、お得に済ませられる可能性があるからです。

実際に提携しているエステと自分で探したエステのどちらのほうがお得かは、比べてみないとわからないでしょう。

しかしさまざまな情報を仕入れてからのほうが、より良い施術を納得できる価格で受けることができるのです。
いかがでしたか?
さまざまな結婚式準備がありますが、順序立てて早い段階でも取り掛かれるものに関しては準備をしておくと◎
直前の負担や不安な気持ちを解消することができますよ♡

【関連記事】結婚式準備の意外な盲点。装飾アイテムを搬入するときのコツって?

結婚式を挙げる際に、どんな装飾品を使用するかは、とても重要になってきます。結婚式のイメ...

結婚式 準備 今からできる 結婚 夫婦 カップル 支度 挙式 リストアップ

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

秋間 恵璃

フリーデザイナー・アパレルマーケティングのお仕事をしています*

アパレルデザイナー・プ…

>もっとみる