ハーバルセラピスト・えびちゃんが火付け役♡ハーブの魅力とは? 

BEAUTY

モデルとして不動の人気を誇るえびちゃんこと、蛯原友里さん。
「モデルの仕事以外で初めて夢中になったのがハーブ」と語り、ハーバルセラピストを取得。
そして、2015年2月7日には『きれいになるハーブ おしゃれに暮らす幸せレシピ』という本を出しました。
えびちゃんがそこまでハマるハーブには一体どんな魅力があるのでしょうか? 

ハーバルセラピストって?

引用:gassan-life.com

日本メディカルハーブ協会認定の超難関資格「ハーバルセラピスト」。

「ハーブの見た目、名前、成分、作用を表にしてハーブへの理解を深めて、仕事の合間に繰り返し覚えるなど約半年間勉学に励んだ」と、多忙なモデル業をこなしながら手に入れたびちゃんの合格は、偉業ともいえます。

ハーバルセラピストになると、ハーブ店のアドバイザー、認定校の講師として活躍することができます。

ハーバルセラピストとしてのえびちゃんの今後の活動に期待ですね♡ 


えびちゃんがハーブにハマった4つのワケ♡

引用:image.news.livedoor.com

「モデルの仕事以外で初めて夢中になれた」というほどハーブにハマったえびちゃん。どうしてそこまでハーブにのめりこんだのでしょうか? 

その理由は4つあるといいます。

①「そのときの体調に合うものを選べるから」
30歳を過ぎて、身体の疲れが顕著にでるようになったというえびちゃん。
そんなときに味、香り、効能など個性豊かなハーブと出会って、自分の身体に1番必要なものを取り入れることができ、ハーブのスゴさに感動したのだそう。

②「料理がグレードアップするから」
いつもの料理にハーブをひとつまみ入れるだけで、味に深みが出るし、見た目がお洒落になるしで食卓が華やかに。ハーブのおかげで、今まであまりしてこなかった料理に目覚めたのだとか。

③「自分でブレンドできるのが楽しいから」
その日の気分や体調に合わせて、ハーブをブレンドするのがとにかく楽しい!というえびちゃん。ハーブの数だけオリジナルのハーブティが完成するんです♡ 

④「インテリアとしても活躍するから」
身体の中に取り入れるだけでなく、見た目も楽しめるというハーブ。
えびちゃんは、キャンドルやフレグランスサシェとしてハーブを活用させています。

本「きれいになるハーブ おしゃれに暮らす幸せレシピ」♡ 

引用:www.amazon.co.jp

ハーバルセラピスト、えびちゃんの「きれいになるハーブ おしゃれに暮らす幸せレシピ」。

写真や構成もすべてプロデュースし、えびちゃんならではのお洒落なハーバルライフがギュッと凝縮されています。

主な内容は、
・ハーブそれぞれの紹介
・おすすめのハーブティーブレンド
・ハーブ料理のレシピ
・ハーブを使ったテーブルコーディネート

えびちゃんの美しさの秘密がいっぱいで、読んだらきっとあなたもハーブを取り入れたくなるはず♡ 

ハーブ初心者にも分かりやすく説明が書かれているので、最初の1冊にぴったりです♪ 

きれいになるハーブ おしゃれに暮らす幸せレシピ

¥1,620

販売サイトをチェック

えびちゃん×LUPICIA(ルピシア)の3種のハーブティ

引用:www.womaninsight.jp

えびちゃんは2月7日に本を発売したと同時に、お茶の専門店”LUPICIA(ルピシア)”とコラボした3種のハーブティを発表しました。

1つめが「ベルヴィ(Belle vie)」。
甘くて香ばしい黒豆と食物繊維が豊富のバードックルート、アクセントにシナモンとジンジャーを効かせたハーブティです。
名前の「ベルヴィ」=「素敵な毎日」という意味の通り、女性の美をサポートするとっておきの1杯。

ジンジャーが身体の芯までぽかぽかにしてくれるので、冷え性の方に特にオススメです♪ 

2つめが「チュメーム(Tu m' aimes?)」。
ビタミンCたっぷりのハイビスカス、ローズヒップ入りで、飲むだけで女子力がアップする1杯。
「チュメーム」=フランス語で「私のこと好き?」と言えるくらい、魅力的な女性を目指しましょう♡ 

3つめが「ビアンドルミ(Bien dormi?)」。
「ビアンドルミ」=フランス語で「良く眠れた?」という意味で、寝る前やお疲れのときに飲みたい1杯。
爽やかなレモングラスとほのかに甘いカモミールの風味が、疲れた心と身体に沁み込み、ほっと一息つかせてくれます。

えびちゃんを始め、美容好きの間でハーブが大人気です。
ハーブを取り入れることは、自分の身体とじっくり向き合うきっかけになります。
これからはハーブと共に、一歩先の美を追求していきましょう♡ 

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。