人気コメディ映画!笑いが止まらないテッドを徹底解説

LIFESTYLE

R指定されてしまうほど、エッチで可愛いぬいぐるみが主人公の「テッド」はもう観ましたか?
実は笑いアリ、最後にはホロリ…? な傑作映画なんです!
その人気のワケを徹底調査しちゃいます!

映画「テッド」の人気な理由①世界一ダメなテディベア!?

出典:s-media-cache-ak0.pinimg.com

映画「テッド」は、セス・マクファーレンが監督、脚本を兼任。
マーク・ウォールバーグ、ミラ・キュニス、マクファーレン主演による、2012年アメリカ制作のコメディ映画です。

映画「テッド」は、エッチな描写シーンなどからR指定されるまでになりました。
日本では2013年冬に公開され、その年の夏「大人になるまで待てない!!バージョン」という題目で、通常版をファミリー向けに再編集した日本語吹き替え版が、PG-12指定で公開されて人気となりました!

主人公テッドの吹き替えを有吉弘行さんがしていて、毒舌具合がとてもいい味をだしている映画です。

映画「テッド」の人気な理由②ちょっとありえないストーリー…笑!

出典:s-media-cache-ak0.pinimg.com

人気映画「テッド」のストーリーを簡単に解説します。

誰からも相手にしてもらえない孤独なジョンは、せめてクリスマスプレゼントとして贈られたテディベアと、友人になれるように祈ります。
そんな彼の願いが通じたのか、テディベアに命が吹き込まれ、ジョンに初めての親友ができます。月日が経ち、それから27年。
いつまでも親友であり続けるジョン(マーク・ウォールバーグ)とテッド。

ともにソファでくつろぎ、マリファナを吸い、どんな時でも一緒にいる彼らにジョンの恋人は付き合いきれない様子でした。
そんな恋人はジョンに、自分とテッドのどちらかを選べと迫り…。
といった、ありえないストーリーが人気の映画が、「テッド」です!

映画「テッド」の人気な理由③可愛い見た目とは裏腹に、どこまでもお下品なテッド

出典:ecx.images-amazon.com

「テッド」は、その可愛い見た目とは裏腹に、中身は驚く程下品極まりない中年のおじさんです。

可愛いくまのぬいぐるみが下ネタを連発するなんて、しかしそのギャップがたまらない!と人気になっているのです!
テッドはその可愛さを武器に、女の子を両手に抱え、ついには…もうここでは書ききれないようなことまでしちゃいます!

映画「テッド」は、最新のCG技術を駆使し、表情のすべてがリアルなのも人気の秘密です。
映像にも引き込まれる、映画「テッド」は必見です!

映画「テッド」の人気な理由④お下品では終わらない、ハートフルムービー

出典:s-media-cache-ak0.pinimg.com

テッドのひとコマひとコマに、男性ならお腹を抱えて笑うはずです。
映画のストーリーは、とにかく笑える小ネタが満載で人気!
そして女性は、映画「テッド」で始終そのギャップに萌えるでしょう。

しかしテッドはずっとおバカなだけではなく、最後はきっちり感動させてくれる映画です。
“大人になりきれない大人”が成長していく過程が、なんともジーンとさせるから、人気映画なのかもしれません。

あとは、映画テッドを観てのお楽しみですね!

いかがでしたか。
2015年の夏には「テッド2」の公開されたので、映画の人気はうかがえます。
とにかく深く考えずに、笑いたい人!「テッド」は必見の映画ですよ!