「日焼けしちゃった……」正しいアフターケアで肌のダメージを防ぐ!

天気のいい夏の日は、アウトドアをしたり、海やプールに行ったりしたくなりますよね。
しかし、どんなに日焼け対策をしていっても「気がつくと日焼けしてた!」なんて経験があると思います。
もし日焼けをしてしまっても、きちんとアフターケアすれば後々にダメージを残すことはないので、正しいアフターケアのステップをおさらいしておきましょう。

目次

日焼けとは?

日焼け止めクリームを塗る女性

日焼け止めを取り入れて、紫外線対策をしているつもりでも、塗り直しをこまめにしなかったことで、気がつけば日焼けしていたというお話はあるあるですよね。
そもそも、日焼けとはどのような状態のことをいうのでしょうか。

<日焼けの仕組みや原因>
日焼けには、皮膚が炎症を起こして赤くなる「サンバーン」というものと、そのあとに黒くなる「サンタン」というものがあるんだとか。
日焼け後に肌が赤くなるのは、紫外線B波のダメージを受けたことが関係しているそうですよ。

紫外線B波というのは、紫外線A波とは異なり、肌の奥深くまで届かない紫外線の種類になります。
しかし、肌の表皮に与える影響が強いので、浴びたことによってヤケドをしたような炎症を起こしてしまうようです。

日焼けはヤケドと同じ!放置しておくと肌はどうなるの?

水に入った女性

紫外線を浴びた皮膚は、細胞が傷付いて水分を上手く保つことができなくなっています。
これは、ヤケドをした皮膚と同じで、放っておくと様々なトラブルを招くことに!

紫外線による肌へのダメージは、皆さんご存知の通り、シミやくすみの元になるメラニンを生成させてしまいます。
たった3分で紫外線のダメージを受けるともいわれていて、この肌へのダメージが蓄積されてしまえば、後々シミやシワ、たるみの原因に繋がってしまうそう。

さらに、過剰な紫外線を浴び続けた肌はシミやシワが増えるだけでなく、乾燥によってハリや弾力も失われ、見た目にも老け感が一気に加速してしまいます。

どんなに紫外線対策を徹底していても、全ての紫外線をカットすることはできません。
だからこそ、日焼けした肌が吸収してしまった紫外線は、蓄積させないようにアフターケアを徹底することが大切なのです。

日焼け後の肌のアフターケア方法①まずはしっかりと冷やすことから!

バラや化粧品

日焼けをすると、ヒリヒリとした痛みが出てきたり、肌に赤みが出てきたりしますよね。
これは皮膚が炎症を起こしている状態でヤケドと同じ。

このときに保湿を優先して化粧水などを塗ろうとするのはNG!
いつも以上にデリケートで、弱っている肌に変に刺激を与えてしまえば悪化させてしまいます。

アフターケアのファーストステップとして欠かせないのは、まず肌をクールダウンさせること。
ヒリヒリした部分や赤みのある部分を冷やすことから始めましょう。

流水で皮膚を冷やすのがベストですが、水をかけにくい部分ならタオルにくるんだ保冷剤などで冷やしても同じ効果が期待できますよ。
このとき、肌を擦らないように優しく触れるように冷やしてくださいね。
専用のローションがあれば、それを使って冷やすのもいいでしょう。

日焼け後の肌のアフターケア方法②日焼け止めを流して清潔な肌にする

洗顔をする女性

ヒリヒリや赤みが引くまで、しっかりと冷やした後は、まず肌を清潔な状態にすることも欠かせないアフターケアのひとつです。

日焼け止めは紫外線対策で欠かせないアイテムですが、効果が高いものほど肌への負担が大きくなってしまうのも事実。
日焼け後の肌は、いつも以上にデリケートな状態ですから、少しでも早く肌への負担を減らしてあげることが大切だといわれています。

ただし、強く擦るなどしてさらに刺激を与えるのも注意したいところ。
クレンジング、洗顔料、ボディソープなどは、敏感肌用のマイルドな成分のものを使用するなどして、スクラブなどは使わないようにしましょう。

そして熱めの温度も肌にとっては負担になるので、32~35℃くらいのぬるま湯で優しく洗い流すようにしてみてくださいね。

日焼け後の肌のアフターケア方法③保湿効果のある化粧品を使う

化粧水ボトルとお花

肌をしっかりと冷やし、日焼け止めを流してさっぱりさせたら、傷付いた細胞に水分を補給してあげましょう。
このアフターケアで保湿を忘れてしまうと、肌がカサカサしてきて、シミやシワ、ごわつきなどの老化現象を加速させることに繋がるので注意してください。

保湿は、パーツごとに方法を変えるのがポイントです。
顔は油分を多く含みすぎるとベタベタになってしまうので、化粧水で水分を皮膚に染み込ませてから乳液で保湿します。
顔以外の全身であれば、ボディローションを使って優しく手のひらで包み込むように保湿していきましょう。

保湿するときに注意したいのが、保湿アイテムの成分です。
ダメージを負った肌は、アルコール成分が入っているような刺激の強いものを使うと、炎症を起こしてしまう可能性があるといわれています。

ですので、クレンジングや洗顔料と同じように、低刺激なものを使うようにしましょう。

日焼け後の肌のアフターケア方法④当日のスキンケアはシンプルに済ませる

布団で隠れる女性

日焼け後の肌のアフターケアでは、「冷やす→流す→保湿する」が基本ステップ。
ただ、この「保湿をする」というときに、もう一つ心がけたいことがあるんです。

それは、シンプルなケアにシフトするということ。
保湿する=いつも通りのスキンケアと捉えて、化粧水から美容液、そして乳液やクリームの手順で顔の保湿をするかと思います。
ですが、日焼け後の肌からすると、顔に触れる手でさえも刺激や負担になってしまうことも……。

肌が敏感なときは、化粧水で潤いを与えてクリームで水分の蒸発を防ぐというシンプルケアで良いといわれているので、日焼け後は2ステップでスキンケアを済ませるのもいいでしょう。

化粧水がしみた場合はすぐに洗い流し、気になる場合は皮膚科を受診してくださいね。

日焼け後の肌のアフターケア方法⑤美白ケアは翌日から取り入れる

パックをする女性

日焼け後のアフターケアは、シミなどができないようにすぐに美白ケアを始める女性もいるかと思いますが、日焼け後直後の美白ケアは厳禁。

美白作用のある化粧品を使用したくなる気持ちも分かるのですが、有効成分が強い刺激となる可能性があるので、美容を気にかけているつもりでも肌の炎症を悪化させてしまう場合があるんです。

美白ケアをするなら、赤みやヒリヒリした感じが引き、肌が落ち着く翌日以降にしましょう。
翌日の肌の様子を見ながら、メラニン生成を抑制する効果が期待できるビタミンCなどの成分が配合された美白アイテムを使ってみてくださいね。

当日は避けたいフェイスパックも、炎症が落ち着いているようなら翌日から使うのも◎

日焼け後の肌のアフターケア方法⑥引き続き紫外線対策は徹底する

帽子をかぶった女性

日焼け後の肌のアフターケアは、当日だけでなく翌日にも続きます。
赤みなどが良くなっていても、日焼けした肌に、さらなる日焼けを重ねるのは避けたいものです。

ただし、日焼けした肌の状態が完全に落ち着くまで、刺激の強い数値が高めの日焼け止めや、紫外線吸収剤が入っている日焼け止めは控えた方がいいでしょう。

赤ちゃんでも使えるような肌への刺激の少ない日焼け止めを選び、2~3時間おきに塗り直すことを徹底してください。
首の後ろ側や耳、足の甲などは塗り忘れをしやすい部分ですから、全身をまんべんなく塗ることも忘れずに。

さらに、外出時は肌の露出を控えた洋服や、UVカット効果のあるカーディガン、帽子、日傘などで紫外線を極力浴びないように工夫するといいですよ。
帽子に関しては、ツバが7cm以上あるものを選ぶのがおすすめです。

日焼け後の肌のアフターケア方法⑦メイクはナチュラルにシフトする

メイクをする女性

日焼け後の肌はとってもデリケートなので、翌朝のメイクにも注意が必要です。
化粧品が刺激を与える可能性もありますから、アフターケアのひとつとしていつもよりナチュラルなメイクにシフトしましょう。

最近では、ミネラルファンデーションのような肌に優しい低刺激の化粧品も充実していますよね。
敏感肌でも安心して使えるような肌に優しい化粧品を使ってメイクをしていくのもおすすめです。

日焼け止め効果のある化粧下地を塗ったら、ミネラルファンデーションを薄く伸ばして塗り、あとはアイラインとリップだけにするなど、調整してみてください。
ナチュラルメイクにしておけば、夜にクレンジングをするときも肌への負担を少なくすることができますよ♡

とにかく日焼け後は肌のことを一番に考えてみて!

日焼け後の肌のアフターケア方法⑧水分補給も忘れない

水を飲む女性

日焼け後の肌のアフターケアとして、意外と見落としがちなのが水分補給をすること。
日焼け後は、全身の肌が乾燥している状態でもあるので、保湿ケアで外側から潤いを与えるだけでなく、内側からのスキンケアとして、たくさんのお水を飲むことも大切なんですよ。

ただ、一気に水分を摂り入れると、むくみの原因にもなってしまうので、一時間に一回くらいのペースで、コップ1~2杯の水分補給を心がけてみてくださいね。

基本的にジュースよりもミネラルウォーターが良いといわれていますが、ビタミンCがたっぷり入ったアセロラジュースで内側から美白ケアをするのもおすすめ。

冷たいものばかり飲んでいると、体を冷やしてしまう可能性もあるので、常温のものを飲むなどの工夫も必要ですよ。

日焼け後の肌のアフターケア方法⑨最後のアフターケアは体の内側から

野菜を食べる女性

日焼け後の肌のヒリヒリがおさまって保湿も完了したら、外部からのアフターケアは終了です。
次は皮膚を生まれ変わらせるために、水分補給とともに食事にも気を付けて内部からケアをしていきましょう。

最も皮膚に効果がある食べ物は、ビタミンCを含んだもの。
ビタミンCはメラニンの生成を抑え、すでにあるメラニンを薄くしてくれます。
日焼けしてしまった後にビタミンCを摂取すれば、肌が黒くなる前に対処できるといわれているので、積極的に食べたいですよね。

ただし、レモンは光に反応して色素沈着してしまうこともあるそうなので避けるのが◎

ビタミンCの他にも、ビタミン類ならA、E、B2、B6が効果的です!
肌の新陳代謝を促進してターンオーバーを活性化する効果や、シミやシワの原因となる活性酸素を押さえる抗酸化作用が含まれているそう。
なので、バランスのいい食生活を中心にビタミン類を食べることを意識してみてください。
日焼け後の肌のアフターケア方法をご紹介させていただきました。
一度日焼けをしてしまうと、「もう遅い」と思ってしまう女性もいるかもしれませんが、本当に大切なのはアフターケアを正しくできるかどうかです。
紫外線を浴びないように対策することも重要ですが、万が一日焼けしてしまったときにはこの順番でアフターケアをするようにしてみてくださいね。

【関連記事】最低限のUV・紫外線ケアで日焼け対策。賢く美白をキープせよ!

女性の美肌や美白を邪魔するのが、UV・紫外線ですが、しっかりと日焼け対策はできていますか...

日焼け スキンケア

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

>もっとみる