メイクブラシの種類と使い方♪薄くナチュラルな仕上がりを目指して!

BEAUTY

メイクしていると気がつかないうちに濃くしすぎてしまったり、思い通りの仕上がりにならなかったり……。
これは女性にとってあるあるのお話しですよね。
時間がないとそのまま家を出てしまうこともあるでしょうが、その悩みもメイクブラシがあれば一発で解決できることをご存知でしたか?
今回は、メイクの仕上がりを左右するメイクブラシの種類と使い方をご紹介いたします。

メイクブラシを使って理想の仕上がりを目指そう

メイクブラシ

メイクをするときに皆さんはいつもどんなアイテムを使っていますか?
手や付属しているチップなどを使って仕上げることもできるので、メイクブラシを使っている女性は意外と少ないですよね。

しかし、このメイクブラシこそメイクの仕上がりを左右する需要なツールであることをご存知でしたか?
メイクアップアーティストのようなプロが使うツールであるイメージがあるように、メイクのプロもメイクブラシを愛用しています。

その秘密は、メイクブラシを使うことでムラなく均一にのせることができる、薄くナチュラルな仕上がりを目指せる、塗りすぎを防ぐことができるといったメリットがたくさんあるから♡

メイクブラシを使えば、メイクが濃くなってしまったり思っていた印象と違くなってしまったりすることを防げるので、メイクブラシを活用しないなんてもったないですよ。
今までメイクブラシを使ってメイクをしたことがない女性のために、メイクブラシの種類と使い方をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

メイクブラシの種類と使い方①パウダーファンデーション用ブラシ

パウダーとメイクブラシ

最初にご紹介するメイクブラシの種類は、パウダーファンデーション用のメイクブラシです。

メイクの基礎となるファンデーションでメイクブラシを使う場合は、毛先の面積が大きいブラシを選びましょう。
顔の大半と接触するファンデーションブラシなので、肌への刺激が少なくなるように毛質は柔らかいものがおすすめです。

《パウダーファンデーション用ブラシの使い方》
①ブラシの先を垂直にパウダーファンデーションに当てたら、クルクルとブラシを回しながら粉を含ませます。
②一度手の甲に移動し、馴染ませながら量を調節します。
③そして両頬やおでこにポンポンとファンデーションをのせたら、顔の内側から外側に向かって扇形にブラシを動かしていきましょう。
④小鼻はくるくると円を描くようになじませるのがポイントです。

ブラシを使ってファンデーションを塗れば、無駄にパウダーをとってしまうことも少ないのでお財布にも嬉しいですよ。

メイクブラシの種類と使い方②リキッドファンデーション用ブラシ

リキッドとメイクブラシ

続けてご紹介するメイクブラシの種類は、リキッドファンデーション用のメイクブラシです。
毛足がやや短く、平筆のような平になった先端が特徴!

プロのメイクアップアーティストもほとんどの方が使っているタイプで、上手に使うことができれば、ムラなく透明感のある肌に仕上げることができます。
横幅があり、毛先が3cmほどあるタイプや、コシがあり先端が薄くなったタイプがおすすめですよ。

《リキッドファンデーション用ブラシの使い方》
①リキッドファンデーションをおでこ、両頬、鼻、あごに適量のせます。
②ブラシの先端を使って、顔の中心から外側に向かって優しく滑らせながら顔全体に馴染ませます。
③ブラシを反転させてファンデーションのついていない面を向けたら、目の周りや小鼻などを薄く伸ばしていきます。
④ムラなく伸ばすことができたら、最後にスポンジでファンデーションと肌の密着度を高めるように軽く押さえれば完成です。

最初は難しく感じますが、慣れてくると細かいところもキレイに仕上げられますよ。

メイクブラシの種類と使い方③フィニッシング用ブラシ

メイクブラシを使う女性

フィニッシング用のメイクブラシもチェックしてみましょう。
この種類のブラシはフィニッシュブラシともいわれていて、ベースメイクの仕上げに余分なパウダーを払い落とすために使われます。

やや硬く平たい形をしたブラシが特徴で、広い範囲のハイライト用ブラシとしても使うことができますよ。

《フィニッシング用ブラシの使い方》
①クルクルと円を描くように顔の中心から外側に向かってブラシを動かします。
②目の周りのシワなど、余分な粉が溜まりやすいところをメインに使うといいでしょう。
ハイライトとして使う場合は、ブラシにハイライトを含ませてサッと滑らせるようにのせてみてください。

フィニッシングブラシを使うことで、ファンデーションの密着度が増すだけでなく、毛穴を目立たなくさせる効果も期待できます。

メイクブラシの種類と使い方④コンシーラー用ブラシ

コンシーラーを使う女性

続けてご紹介するメイクブラシの種類は、コンシーラー用のメイクブラシ!

リキッドファンデーション用のメイクブラシと同じように平筆タイプで、横幅が狭いのでシミやニキビなど気になる部分をピンポイントでカバーすることができますよ。

《コンシーラー用ブラシの使い方》
①コンシーラーを取ったら、最初に手の甲に広げて量を調節します。
②そして気になる部分にポンポンと置いたら境目をブラシで軽くたたくように馴染ませましょう。
目の下のクマを隠す場合は、斜めにラインを入れるようにしてブラシで馴染ませるといいですよ。

目元や小鼻などの細かい部分や、リップラインのカバーにも使うことができます。

メイクブラシの種類と使い方⑤眉用ブラシ

アイブロウブラシを使う女性

こちらは、眉(アイブロウ)用のメイクブラシです。

毛が短く切り揃えられていて、斜めにカットされているタイプが多いですよ。
パウダーを取って描くこともできますし、ペンシル後にぼかすこともできるので、理想の眉を作りやすい優れもの♡

《眉(アイブロウ)用ブラシの使い方》
①アイブロウパウダーを含ませたら、眉山の位置を決め、ブラシの先端を使って眉山~眉尻までを描きます。
②そして残ったパウダーで眉山~眉頭に向かってぼかし込んでいきましょう。
ペンシルタイプで眉山を決めてから、眉用ブラシでぼかし込んでいくのもおすすめです。

眉尻に向かうほど薄くしていけば、自然なグラデーション眉も作ることができますよ。

ちなみに、眉用ブラシにはもう一つ「スクリューブラシ」という種類もあるんです。
やや硬めのブラシで眉の流れを整えたりぼかしたりするときに使うことができ、眉メイクをする前に使うことでアイブロパウダーなどののりも良くなります。

メイクブラシの種類と使い方⑥アイライン用ブラシ

アイメイクをする女性

続けてご紹介するメイクブラシの種類は、アイライン用のメイクブラシです。

アイライン用にはいくつか種類があり、先端が尖っているペンシルタイプのブラシや、平らで毛先が斜めになっている筆タイプのブラシなどがあります。
いずれも細くできているので、細いラインから太めのラインまで自由に調節することができますよ。

《アイライン用ブラシの使い方》
①アイライン用の色を取ったら、まつ毛の隙間を埋めるようなイメージで色をのせます。
②下まぶたも同じようにのせましょう。
毛先が平らになっているタイプであれば、目頭から真ん中へ、目尻から真ん中へ塗り、最後に真ん中を塗るとキレイです。

非常に細いアイライン用のブラシであれば、リキッドタイプでも使うことができますよ。

メイクブラシの種類と使い方⑦アイシャドウ用ブラシ

アイシャドウブラシを使う女性

アイシャドウ用のメイクブラシも見ていきましょう。

大小さまざまな種類があり、大きいタイプはまぶた全体にアイシャドウベースをのせるブラシとして活躍♡
また、小さいタイプはアイホールからまぶたの際まで丁寧に仕上げるのにぴったりです。

《アイシャドウ用ブラシの使い方》
①ベースカラーをブラシに取ったら、アイホール全体に伸ばすようにブラシを寝かせてまぶたを左右に往復させましょう。
②そしてミディアムカラーを二重まぶたほどまで伸ばしてのせたら、最後にディープカラーで引き締め、自然なグラデーションを作ってみてください。

アクセントカラーを入れる場合は、ブラシを立てて目の際に入れるのがポイントです。

メイクブラシの種類と使い方⑧リップ用ブラシ

リップブラシを使う女性

続けてご紹介するメイクブラシの種類は、リップ用のメイクブラシです。

平筆タイプと丸筆タイプがありますが、どちらも細いリップラインを描くことができるので、理想のリップメイクも思い通り!
唇の中も塗れば、上品な仕上がりとリップメイクのキープ力が同時に叶います。

《リップ用ブラシの使い方》
①口紅をブラシに取ったら手の甲で量を調節します。
②そして上唇の口角から真ん中へ左右からラインを引き、下唇も同じように口角から引きましょう。
③最後に輪郭の中を塗りつぶせば完成です。

唇の真ん中が濃くなるように意識すると、立体感のある仕上がりになりますよ。

メイクブラシの種類と使い方⑨チーク用ブラシ

メイクをする女性

最後にご紹介するメイクブラシの種類は、チーク用のメイクブラシです。

メイクの仕上がりを左右しやすいチークを入れるときには、ファンデーションブラシと同じように気持ち大きめのブラシを使うのがおすすめですよ。

《チーク用ブラシの使い方》
①パウダーチークをくるくるさせながらたっぷりとブラシに取ったら、手の甲で量を調節します。
②頬骨の高いところからこめかみに向かってくるくるさせながら、のせていきましょう。

一度手やティッシュにオフすることで、いきなり濃く色が出てしまうのを防ぐことができます。
また、ブラシは寝かせるイメージで持ってあげるとムラなくふわっとした仕上がりになりますよ。

メイクブラシのお手入れ方法や収納方法は?

グラスに入ったメイクブラシ

メイクブラシは値段が高く手を出しにくいと思いますが、正しい方法でお手入れすれば長いこと使えるので、長期的に見れば負担にはならないんです。

なので、長持ちさせるためにも定期的にお手入れをするのが◎
毎日使い終わった後にティッシュなどで残ったパウダーなどをオフしたり、1週間に一度は洗ったりするようにしましょう。

お手入れの方法は、ぬるま湯を張った洗面器にシャンプーを溶かして、優しくもみだすように洗ってすすぐだけ!
あとは、タオルで水分を拭き取って毛の形を整えてからしっかり干してくださいね。

収納方法としては、専用のケースに入れるのが一番です。
グラスなどに縦て入れておくと、ホコリがついてしまい、メイクをするときにメイクブラシについたホコリが肌に付着してしまうので、衛生的に好ましくありません。
スタンドタイプを使うならホコリ除けで何か被せるか、ポーチやペンケース、透明の引き出しなどを使って収納するといいですよ。

メイクの仕上がりを左右するメイクブラシの種類と使い方をご紹介させていただきました。
パーツごとに分けてメイクブラシを使うのが大切ですが、それ以外は難しいテクニックもないので、プロに近い仕上がりを目指すこともできます。
人気のコスメブランドからもメイクブラシセットが販売されているので、まずはセットになったメイクブラシから試してメイクの仕上がりの違いを実感してみていかがでしょうか。