洗っているのにクサイのはなぜ?今日からできる足のニオイ対策♪

BEAUTY

ブーツやタイツなど、足元が蒸れやすいこれからのシーズンは、足の臭いが気になる時期ですよね。
お風呂で毎日洗って、清潔にしているのになぜか臭う!という方。
そんな悩みを持つすべての女子に向けて、簡単にできる足の臭いの対処法をご紹介します。

対策をチェック♪洗っても足から臭いがする原因は?① 表面的なケアによるもの

毎日お風呂で必ず足を丁寧に洗っていたとしても、臭いが気になるという人は意外と多いもの。
そんな人は、まず自身の足の表面的なケアに関して振り返ってみましょう。

角質がたまっていたり、爪のケア不足で長くなっていたり、履いた後の靴のケア不足が原因となり、足が臭いを発していることが考えられます。

まず角質は、足に潜む菌がエサとしているものなので、角質ケアを怠ってしまうと、足の菌が繁殖し臭いやすくなってしまうのです。
そして爪のケアを怠っていると、長くなった爪に細菌が繁殖してしまいます。これも、足の臭いに大きく影響を及ぼしてしまうのです。
毎日コップ1杯程度の汗をかきながら履いている靴に関して、十分にケアを行っていないと、もちろん臭いが付着してしまいます。

こうした表面的な要因により、足から臭いが発生してしまっているのかもしれません。

対策をチェック♪洗っても足から臭いがする原因は?② 病気の可能性も潜んでいる

先程ご紹介したような表面的な原因がないにも関わらず、足の臭いが気になる。
そんな方は、もしかしたら病気になってしまっているのかもしれません。

足が臭うことによって考えられる病気は、自律神経失調症や水虫、糖尿病などです。

自律神経が乱れると、大量の汗をかいてしまうといわれています。
この汗は細菌が繁殖する原因になるので、足が臭ってしまう可能性が高いんです。

また水虫も白癬菌(はくせんきん)が足に繁殖してしまうので、臭いの原因になりやすい病気です。

足の臭いの対策① 表面的なケアを怠らない♡

前述の通り、角質&爪のケアは、足の臭い対策にとって必須項目!

お風呂に入るたびに、ただ汚れを落とすだけではなく、角質を柔らかくすることも同時に心がけておきましょう。
足の爪は手に比べて放っておいてしまいがちですが、こまめにカットし、菌の繁殖を防ぎましょう。

またブーツやパンプスなど、蒸れやすい靴を履く際に、5本指靴下やデオドラントストッキングを履いて、蒸れを防ぐことも効果的ですよ♡

もっと気になる人は、普段履いている靴下を熱湯殺菌することもオススメです。

足の臭いの対策② 変わり種で効果を実感できる

他にも一風変わった方法で、足の臭いを撃退することができるのです!

まずは、「靴を冷凍する」という方法。
実は靴に付着した足の臭いを取り除くのには、一番手っ取り早い方法かも♡
1日中履いていた靴の中に存在している雑菌は、冷凍庫の温度ではほとんど生き残ることができないのです。
ビニールなどに入れて一晩冷凍庫に入れておくと、靴の臭いがほとんど消えます。

他にも「お酢もしくは重曹入りの足湯」も効果的!
そもそも足の臭いの原因は酸性の物質です。
その一方、お酢や重曹は弱アルカリ性の物質です。つまりアルカリ性と酸性が混じり合い中和することで、消臭効果が期待できるのです♡

「重曹もしくはコーヒーもしくは10円玉」をデオドラント剤代わりにして、対策するのもオススメです。
これも弱アルカリ性の成分を利用することで、靴に付着した臭いを取り除くというもの。
重曹やコーヒーは、不織布で出来た袋に入れて靴の中に入れて使用すると、使い勝手がよく簡単に実践できますよ。

いかがでしたか?
意外なところから発生する足の臭いも、ご紹介した対処法で簡単に撃退することができます。
これで冬の足元のオシャレも怖いものなしですね♪