覚えておこう!美容整形の基礎知識講座♡【肌の手術編】

BEAUTY

美肌は全ての女性の憧れ!
美肌は生活習慣や日々の努力によって手に入りますが、施術によっても手に入りますよ。
今回は、肌の美容整形手術を検討している人に知ってもらいたい、基礎知識をご紹介します!

肌の美容整形の知識講座:皮膚の構造について

まず、皮膚の構造についてご紹介します。
ここをきっちりと理解することで、自分の今の肌の状況や適切な施術が見えてくるのです。

皮膚は表皮、真皮、皮下組織で構成されています。
表皮は皮膚の一番上の部分。その中でも最も上にある角質層は、実は肌の死んだ細胞の層なのです。
角質層以下の表皮は生きた細胞が存在しており、水分が多く含まれています。

真皮とは、表皮に守られながら皮膚の機能を内側から支えている部分のこと。
真皮の中でコラーゲンは生成され、肌の弾力性が左右されるのです。

私達はどうしても表皮のケアに意識が行きがちですが、実は真皮をケアすることで本当にキレイな肌が手に入ります!
真皮に影響を与える方法こそ、レーザーや注射による肌の整形手術なのです。

肌の美容整形の知識講座:手術の種類

肌の美容整形手術にはたくさんの種類があります。

しみ、ニキビ、美白、しわ、ほくろ、毛穴、赤ら顔、リフトアップ、くま、脱毛……挙げだしたらキリがありません!

これらの手術は大きくわけて「レーザー」と「注射」の2つの方法で分けられます。
どこをケアしたいのかによって手術方法は異なってきます。どちらも見ていきましょう!

肌の美容整形の知識講座:レーザーによる肌の整形手術

肌の治療の多くは、レーザー照射によって行われることが多いです。
美白やアンチエイジング、ニキビなどがレーザー治療の代表例。
レーザーは種類も多く、自分に合ったレーザーを医師と共に見つけることが重要となります。

安全そうに見えるレーザー治療にも、注意点がいくつかあります。

・施術中の多少の痛み
・施術後の皮膚は非常に敏感。刺激を与えないこと
・複数回の通院で効果が表れる

などです。

費用も病院によって差が生じます。
施術後のアフターケアも付いているのか、何回の施術なのかなど条件をしっかり把握しておきましょう!

メスを使わず美しく!ダウンタイム知らずの美肌レーザー「VIVACE」 美肌を諦めないで。肌を蘇らせる最終手段は「レーザー治療」だった!

肌の美容整形の知識講座:注射による肌の整形手術

注射による肌の美容整形手術は、ヒアルロン酸注入やボトックス注入、最近話題のBNLS注射などが主流です。

肌への注射は、種類によって留意点がかなり異なってきます。
ヒアルロン酸などは人体に大きな影響を与えず、注入した数年後には体に吸収されることが多いです。やりすぎると奇形になることもありますが、適量であれば問題はないでしょう。

ボトックス注入も、近年安全性が確立されている注射の一つ。
逆にBNLS注射は、人気を呼んでいますが長期的な成果は未だ出ていません。

どの方法にも良い点とリスクが存在します。気になったものをすぐ注入するのではなく、それぞれの安全性や特徴を調べましょう!

骨を削るほどではないけど……小顔になりたい時のボトックスって?

覚えておきたい肌の美容整形用語① ターンオーバー

「ターンオーバー」とは、肌の新陳代謝のこと。表皮の生まれ変わりを指します。

表皮は約28日かけて角質となり、垢となりはがれます。
このサイクルは年を重ねるごとに長くなるため、しわやくすみができてしまうのです。

ターンオーバーは睡眠や食事も大きく影響します。
そのため、闇雲に肌の美容整形手術を行おうとするのではなく、自分の生活習慣を見直してみることも大切なのです!

覚えておきたい肌の美容整形用語② 女性ホルモン

肌に限らず、「女性ホルモン」は体の様々な箇所に影響をもたらしますよね。

女性ホルモンには2つあり、美肌の素ともいわれるコラーゲンの産生を促す「エストロゲン」と、妊娠の成立を促したりする「プロゲステロン」に分けられます。

エストロゲンは閉経に向かうにつれ、分泌量が減るため肌は年齢と共に劣化するのです。
美肌を保ち続けるには、どちらも極力分泌量を減らさないことが大切!安定した生活習慣や健康的な食事、生理期間の適切な過ごし方などを心掛けましょう。

肌の美容整形手術に関する知識をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
肌の状態は生活習慣などに大きく左右されるため、施術を受けるのか、自分の生活を見直すのか、よく考えてから行動するべきでしょう。
是非、参考にしてみてくださいね!