恋愛が上手くいかない女子必見♪モテ子の思考徹底解析♡

LOVE

恋愛が長く続かない、いつも振られてしまう……そんな悩みを抱える子は多いですよね。
非モテ女子の思考を改めないと、同じことの繰り返しになってしまいます!
モテ子の思考をチェックして、カレとの交際を順調なものにしていきましょう♪

モテ子の思考パターン①曖昧を楽しむことができる

気になっているカレに出会い、幸運にもつきあっているのかなと感じれる関係になれました。

ここでモテ子は、「友達なの、恋人なの、どう思っているの?」と白黒はっきりしようとしません。
なぜなら男性は「あっちょっとめんどうだな」「悪くないけど、ちょっとこの気持ちじゃ申し訳ないかな」と引いてしまうのを知っているから。

大人になると中学や高校時代の恋愛と違い、複雑なものが絡み合っています。
よくドラマや小説でも白黒つけようとすると自滅するのがセオリーです。
曖昧な状況をネガティブに考えず、楽しめる位がモテ子なのです。

モテ子の思考パターン②記念日にこだわらない

モテ子は、「今日は何の日か覚えている?」「誕生日どうしよっか?」など記念日にこだわりません。

カレとの距離感に自信がなく、記念日をきっかけに距離を確かめようとするのは、男性からすると「他人に依存する自信の無い子だな」と思ってしまうからです。

記念日に関係無く、365日いつも“カレに認めてもらえるイイ女でいよう”、“手放したくなくなるようにがんばろう”と考え行動していれば、カレの方から言わずとも歩み寄ってきてくれるものなんです。

モテ子の思考パターン③レストランのオーダーを自分でスパっと決める

モテ子は、カレとレストランに行ったとき「私はなんでもいいから決めちゃっていいよ」「◯◯君の好きなものにして」など相手任せにはしません。
また、バーニャーカウダーやなんとか盛り合わせなど、無難なオーダーは避けます。

男性は「どういうものが好きなのか知りたいのに」「選ぶの面倒だな」と思っています。

食事の場は、あなたがどのような趣味趣向をしているかPRする場です!
無難に美味しい料理より、とんでもなく外したマズイ料理の方が思い出に残ったりするもの。

印象に残る演出ができるのがモテ子なのです。

モテ子の思考パータン④会えてなくても楽しいと思える

モテ子は「最近会えてない、今度いつ会えるの?」などカレに催促をしません!
そう言って催促をしてしまうと、男性は「会いたくてしょうがない」という欲求から「会わなければいけない」という義務に気持ちがシフトチェンジしてしまいます。
これがどんどんエスカレートしていき、破局というパターンを招いてしまいます。

恋愛は相手と会っている時だけが楽しい時間じゃなく、会えない時に「いつデートの日がきまるのかな?」とワクワクする時間込で楽しむものです。

モテ子は直接的なデートの約束を取るのではなく、普段のさりげないやりとりからデートのきっかけを導きだしているんです。

総括すると、モテ子になるには余裕を持ったポジティブな気持ちを持つことが大切。
相手あってのことですが、恋愛を上手く行かせるのも結局自分次第です!