夢見がちレディが危ない理由!理想が高くなりすぎてない?

女性はいくつになっても、理想の男性を思い描いて夢見がちなもの。
現実離れしてしまった理想を男性に求めてしまう、「夢見がちレディ」。
今回はそんな少し大人レディな年代の危ないテーマに迫りました。

目次

【夢見がちレディが危ない!】20代半ばから30代前半って自分がよくわからなくなる時期

ざっくりと20代半ばから30代前半と掲げましたが、何故この年代が危ないのか?と言うと、やはり女性にとって「結婚」というのが頭に浮かんでくるからです。
一番結婚を意識する年代が、20代半ばから30代前半の間ではないでしょうか。

都会出身の方や大学出身者ですと、20代半ばなんてまだまだ結婚は考えられない!と言う方も多いかもしれませんが、地方出身者だと20代半ばで気付くのです。

「わたし、このまま一人で大丈夫?」と……。
次からは夢見がちレディの特徴である、危ない考えを見ていきます。

夢見がちレディの危ない考え①良い人がいれば結婚したい!

まず自分は決して「夢見がちレディではない!」と言う方がほとんどかもしれません。ですが、3つ当てはまる女性は夢見がちレディの予備群なので、注意して下さいね!

友達でも「良い人がいれば結婚したいんだけど〜」って言ってる子、いませんか?
そう言ってる子は良い人が居たとしても、結婚に踏み切らないでしょう。
「出会いがない!」と言ってる子も同じです。
例え出会いがあったとしても、お付き合いに踏み切ることはありません。

「良い人がいれば」というのは自分はそのままでOKで、しかも選り好みしている状態です。
ありのままの女性を愛してくれる男性と付き合うのは理想ですが、そのままで現在まで良い人と出会えていないのだから、自分もより良く変わる必要があります。

夢見がちレディの危ない考え②本当にこの人でいいの?

選り好みしてやっとの思いでお付き合い♪何年も付き合ってきたのに……「本当にこの人でいいの?」と悩み始める女性ってとっても多いようです。

結婚って重大な決断ですから、迷って当然なんですが「本当にこの人でいいの?」の考えの裏に「もっと良い人が居るはず……」というのが少なからず隠れているんです。

今お付き合いしている人のことを好きだけど、夢見がちレディはプライドが高く、私にはもっと良い男がいるはず!と20代半ばから30代前半で、男性をコロコロ変えてしまう傾向にあります。

夢見がちレディの危ない考え③専業主婦になりたい♡

夢見がちレディの危ない考え、3つめ!これが一番気を付けて欲しい考えです。

女性に「結婚したら働く?働かない?」の質問をすると「専業主婦になりたい♡」と笑顔で答える方がおられます。
それ、危ないです。失敗する確率大です。

夢見がちレディの特徴として、自分では気付いていないのですが、結婚したい理由が「相手と一緒になること」ではなく、「専業主婦になること」にすり替わっているのです。
なので、自分を好いてくれる人が現れると、専業主婦になれるという妄想が先行し、本当は好きでも何ともない方を好きだと錯覚し結婚したあとに失敗する……というのがあるので、これは本当に要注意です。
夢見がちレディの危ない考えに当てはまってしまった女性は、自分自身をもう一度見つめ直してみてください。
「夢見がちレディ=理想が高い、自分に合ってない、身の丈に合ってない」ということがよくあるので、自分と向き合ってみましょう!

【関連記事】理想の恋人ができる方法♪行動に移すことが大事!?

優しくて、真面目で、誠実な恋人が欲しい!そんな時に一体どうしたらいいのでしょう。”具体的...

夢見がち レディ 女性 危ない 恋愛

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

木口美穂

1991,02/28
しっかりと年相応の大人女性になっていくこと。!HAPPYな毎日を送りましょう♡
<…

>もっとみる