胸を取る手術「乳腺切除法」のメリットや手術内容とは?

BEAUTY

豊かなバストは女性らしさの象徴ですが、女性の性同一性障害の方には逆に悩みの種です。
胸を平らにする「乳腺切除法」はどのような方法があるのでしょうか?
また、乳腺切除法の手術にはどのようなメリットがあるのでしょうか?
今回は胸を平らにする手術「乳腺切除法」についてご説明します。

性同一性障害のお悩み。平らな胸が叶う乳腺切除法のメリットとは?

女性の方が性同一性障害である場合、自分らしくないと感じてしまうことのひとつに、女性らしい豊かな胸の存在があるのではないでしょうか?

女性ならほとんどの場合、大きな胸であることは喜びや誇りですが、性同一性障害を持つ方にとっては、深刻な悩みであるため胸を男性のように平らにするための改善策が必要です。

胸を平らにする手術は主に、乳腺切除法と脂肪吸引法があります。
平らな男らしい胸にするには、乳腺切除法で乳腺の組織を取り除く必要があります。多くの場合は同時に脂肪吸引を行います。

メリットが気になる!胸を平らにしたいお悩みに有効な乳腺切除法とは?

乳腺切除法とは、完全に乳腺組織を切除する手術で、男性の胸のように平らにする方法です。
現在の乳房のサイズによって、手術方法が異なってきます。

一般的には、傷跡が目立ちにくい乳輪周囲半周を切開します。
乳輪の下半分の円周部分を切開して、余分な乳腺組織と脂肪を取り除きます。
切開は乳輪周囲に沿って行いますので、傷跡は目立ちにくいです。

胸のサイズが大きい場合や下垂している場合には、乳輪周囲をドーナツ型もしくは、乳房の下部(アンダー)から乳腺を切除します。
大きい胸の場合や下垂している場合には、乳腺を取った術後に皮膚がたるむことがあり、その皮膚を切除するための施術をする場合があります。

その結果、胸を平らにするとともに乳輪乳頭の位置を移動します。

胸を乳腺切除法で平らにするメリットとは?

乳腺切除法のメリットは、乳房縮小のように単に胸を小さくするのではなく、乳腺のほとんどを取り除くため、男性のような平らな胸にすることが可能なことです。

ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが受けた「将来の乳がんを予防するための乳房切除」のように、乳がんのリスクが減少することもメリットのひとつにあげられます。

平らな胸へ。乳腺切除法のデメリットとは?

乳腺は、乳腺切除法で一度切除してしまえば、元に戻すことはできません。 当然、授乳はできなくなります。

また乳腺の除去は、胸や乳腺の大きさによって切開範囲が広くなるため、傷跡が目立ってしまう可能性や血流障害による壊死が乳輪や乳頭に起きる可能性があります。

ダウンタイムとして腫れや内出血が2週間程度続きます。
また乳腺切除法の術後は、1ヶ月程度は激しいスポーツは厳禁です。

性同一性障害で自己意識が男性の場合には、ふくよかな胸がストレスに感じてしまうことや、男性らしい服装をはじめとしたスタイルが似合わないなど、精神面にもライフスタイルにも不都合が起ります。
そんな胸のお悩みには乳腺切除法という手術が有効です。
まずは、美容外科クリニックでカウンセリングを受けることをおすすめします。