「職場のお荷物」にならないために…!心がけたい5つのこと

LIFESTYLE

働く女子は、職場で戦力として働きたいですよね。
しかし、そのやる気が空回りして「職場のお荷物」になっているかもしれません……。
ここでは、職場のお荷物にならないために心がけたいことを探します。

「職場のお荷物」にならないために心がけたいこと① 見せ方にこだわらない

過去の栄光にとらわれすぎると、会社のお荷物になってしまうかもしれません。

たとえば高学歴の人の中には、謙虚な姿勢を持たず、プライドを保とうとする人がいますが、職場にこんな人がいたら嫌ですよね。
また、どんな状況でも自分のやり方を貫く傾向があるので、臨機応変さに欠けている人も……。

このタイプの人は、見せ方にこだわりすぎなのではないでしょうか?用意周到な戦略を持っているのかもしれませんが、マニュアル対応ではなく臨機応変に対応してください。

「職場のお荷物」にならないために心がけたいこと② 評価される環境は自分でつくる

常に自分に非がないと思っている、非を認めたら負けという考えを持っている人の中には、職場で問題が発生したら、職場や同僚を非難する人もいるでしょう。
また、職場での評価が低いと感じているかもしれませんね。

このタイプの人は、周りを変えようとしますが、まずは自分の固定観念を壊した方がいいです。自分で評価される環境をつくってください。

「職場のお荷物」にならないために心がけたいこと③ できないことをできることでカバーする

自分に自信がありすぎるだけでなく、自分に自信がなさすぎても会社のお荷物になってしまうかもしれません。

たとえば、飲み込みが遅い人や作業に時間がかかる人は、仕事ができなくて辛いと感じているかもしれません。
こうなると、会社の荷物だと思い込んでしまいがちですが、このタイプの人は、できないことをできることでカバーすれば戦力になれるはずです。

仕事の消化が遅いのなら、誰よりも早く出社する、自宅でもいいので苦手な作業に取り組む時間を確保するといった工夫をしてください。同僚より早く取りかかることが大事です。

これを続ければ、必ず誰かが見てくれているので、評価もされるでしょう。

「職場のお荷物」にならないために心がけたいこと④ 無理を習慣にしない

「続きは明日早く来てやればいいや」「徹夜しないと終わらないな」と思う日もあるかもしれませんが、常にこの考えを持つのはやめましょう。この生活を続けるのは、心身の健康のためにもよくありません。

“無理をすればいいや”という考えが生まれる前に、仕事が仕上がるよう計画を立ててください。

急を要する作業やトラブルが発生したときに、対応できなくなってしまうので、無理を習慣にするのは絶対にやめてください。

「職場のお荷物」にならないために心がけたいこと⑤ チャレンジしやすい環境にいることを忘れない

高学歴の自分に自信がある人も、仕事が遅く自分に自信がない人も、変化がこわいのかもしれませんね。

人生の先輩から見ると、10代・20代の人はとても若く、それでいてチャレンジしやすい環境にいます。けれども、それに気がつかず「もうアラサーだし……」と、醜い現状だと感じている人もいるでしょう。もしくは、可もなく不可もない現状に満足していませんか?

現状に満足しない、変化をおそれないというのは難しいですが、チャレンジしやすい環境が背中を押してくれていることを、忘れないでください。

腫れもの状態になる前に、仕事に対する姿勢を見直してくださいね。
自分の武器を見つけることができれば、職場のお荷物にはならないはずです。