倦怠期とはおさらば!カップルが長続きする◯◯な秘訣とは?

LOVE

いつまでもラブラブで長く交際しているカップルと、すぐに倦怠期を迎えるカップルとは、何がちがうのでしょうか?
大好きな相手と、いつまでも長く素敵な関係を保つ方法、ご紹介します。

長続きの秘訣① 頻繁に肌を重ねる

お互いの存在が当たり前になりすぎて、最近ご無沙汰……というカップルは危険信号!
人も生き物なので、本能に訴えかけるスキンシップは、愛を育むのにとても有効です。

特に女性は、肌を重ねることで、相手のことをより愛しく想うようになる傾向があります。
スキンシップは、愛を深める上で欠かせない、大切な行為なのです。

危険なのは、一見ラブラブに見える、同棲中のカップル。
「恋人」から「家族」になってしまうと、恋愛初期のドキドキ感はなかなか取り戻せません。

二人の時間を、日常生活の一部としてなんとなく過ごすのではなく、キャンドルやインテリアで雰囲気作りをしたり、おうちでも魅力的な格好で過ごすなど、いいムードを作る努力をしてみて♪

長続きの秘訣② まめに連絡する

お互い学校や仕事が忙しすぎて、つい連絡がおろそかに……なんてことになっていませんか?

特に女性は、ほんの些細なことで気持ちが浮き沈みする生き物。
まめに連絡するようにすれば、彼女のちょっとした気持ちの変化に気づくことができるはず。

女性は、自分が落ち込んでいる時に、ほんの少し男性からアクションがあるだけで、なんだか元気が出て、よりカレのことを愛しく思えるものなのです。

また、まめに連絡することで、「今夜は急遽予定が空いたからデートしよう!」なんて、付き合う前のようなドキドキ感も楽しめちゃいます。

長続きの秘訣③ ケンカしたら、頭を冷やす!

長く付き合っていると、どうしても避けて通れない、ケンカ。
お互いのことをよりよく知るチャンスですし、ケンカそのものは悪いことではないのですが、ケンカが原因で、音信不通になるのはよくありません。

ケンカをすると、つい「自分は悪くない。相手のココがいけないんだ!」と、自己中心的に考えてしまいがちですが、とにかく頭を冷やすように心がけて!

冷静に考えてみると、
「自分のあの態度が相手を傷つけていたのかな?」
「たまたま機嫌が悪かったのかも!」
と、それまでと違った見方ができるようになります。

寛大な心を持つことで、相手からの信頼も増しますし、仲直りもできて一石二鳥ですよ。

長続きの秘訣④ 相手を信じる

手を繋ぐ出典:www.shutterstock.com

相手がお風呂にはいっているスキに、携帯を黙ってチェック……そんな後ろめたい経験のある方も多いのでは?

仲良く今の関係を続けたいなら、疑心暗鬼になるのは絶対NG!
今、あなたの目の前にいる時点で、相手はあなたのことを大切に思っているのです。

それに、24時間ずっと一緒にいない限り、「もしかして」という疑問をなくすことはできません。
逆の立場になって考えてみれば、誰だって、自分のことを疑う人より、信じてくれる人一緒にいたいですよね。

「自分には愛される価値があるのだから、大丈夫」と、まずは自分に自信をもつことから始めてみて!

ちょっとした工夫で、ラブラブ状態をキープすることはできるのです。
うまくいかないからといって相手のせいにするのではなく、ぜひ自分からプラスのアクションを起こしてみてくださいね♡