結局何色を選べばいいの?肌別で見るコントロールカラーの選び方♪

Cover image: www.rmkrmk.com

肌の悩みをカバーし、顔色を整えてくれるアイテムとして欠かせない“コントロールカラー”。
必ず取り入れている方も多いと思いますが、中には何色を選べばいいか分からない方も少なくないはず……。
そこで今回は、肌別で見るコントロールカラーの選び方をご紹介いたします。

コントロールカラーとは?

くすみやニキビ・クマなど、肌の悩みをカバーしてくれるアイテムとして欠かせない存在になっている“コントロールカラー”。
みなさんは実際に使ったことがありますか?

コントロールカラーがなくてもベースメイクを完成させることはできますが、自分の肌に合ったコントロールカラーを使うことで、グッとメイクの仕上がりを上げることができます。
その理由は肌の悩みをカバーすることはもちろん、肌の色を整えておくことでファンデーションの発色がよくなるからです!

さらにそれだけでなく、コントロールカラーによってナチュラルにカバーされているので、知らないうちに厚塗りになってしまっていたファンデーションが薄塗りになり、化粧崩れを防ぐこともできるんですよ♡

魅力たっぷりのコントロールカラーですが、一番大切なことは選び方です。
肌別の悩みに合わせて選ばないと、コントロールカラーの効果が発揮されないので、慎重に選びましょう。

肌別で見るコントロールカラーの正しい選び方①ピンク

www.kanebo-cosmetics.jp

肌別で見るコントロールカラーの正しい選び方まずは「ピンク」です。
ピンクは、血行の良い肌へ導き、女性らしい柔らかい印象を与えてくれるコントロールカラーです。

暗く見えてしまう肌を明るく見せてくれるので、肌に疲れが出やすい方や血色が悪くて悩んでいる方におすすめ!

◆LUNASOL モデリングコントロールベース01
定価:3,780円(税込)

肌別で見るコントロールカラーの正しい選び方②オレンジ

www.kanebo-cosmetics.co.jp

肌別で見るコントロールカラーの正しい選び方次は「オレンジ」です。
オレンジのコントロールカラーなら、クマやたるみによる影・肌のくすみをカバーしてくれます。

ナチュラルな健康肌にしてくれるので、明るさがアップするだけでなく、若々しい印象もアップすることができますよ♪

media メイクアップベースS オレンジ

¥630

販売サイトをチェック

肌別で見るコントロールカラーの正しい選び方③イエロー

www.ipsa.co.jp

肌別で見るコントロールカラーの正しい選び方次は「イエロー」です。
肌の色ムラやシミ・そばかすをカバーし、健康的な肌に見せてくれるのがイエローです。

黄色人種といわれている日本人であれば、イエローのコントロールカラーが相性抜群なので、悩んだときはイエローから試してみることがおすすめ!

コントロールベイス イエロー

¥3,024

販売サイトをチェック

肌別で見るコントロールカラーの正しい選び方④グリーン

www.rmkrmk.com

肌別で見るコントロールカラーの正しい選び方次は「グリーン」です。
赤ら顔や小鼻の横の赤み・赤いニキビ・ニキビ跡をカバーしたいなら、グリーンのコントロールカラーがおすすめです!

顔全体に使うのではなく、気になるところに部分使いをすることで、キレイにカバーしてくれますよ♪

RMK ベーシック コントロールカラー 03

¥2,160

販売サイトをチェック

肌別で見るコントロールカラーの正しい選び方⑤パープル

www.naturaglace.jp

肌別で見るコントロールカラーの正しい選び方次は「パープル」です。
ピンクとブルーのいいとこ取りをしたコントロールカラーが、パープルなんです!

肌全体に透明感を与えてくれるので、ワントーン明るくなった肌へ導いてくれます。
また、黄くすみにのせることで、肌色を均一にする効果も!

naturaglace カラーコントロール ピュレ VI

¥3,024

販売サイトをチェック

肌別で見るコントロールカラーの正しい選び方⑥ブルー

www.muji.net

肌別で見るコントロールカラーの正しい選び方次は「ブルー」です。
黄色いくすみをカバーしたい方や、透明感のほしい方におすすめしたいコントロールカラーがブルーなんです♪

ですが、色白の方が使うと血行が悪く見えてしまったり、顔全体に使うと青白くなってしまうので、部分使いで取り入れましょう!

無印良品 UVベースコントロールカラー ブルー

¥950

販売サイトをチェック

肌別で見るコントロールカラーの正しい選び方⑦ベージュ

www.eshop.jillstuart-beauty.com

肌別で見るコントロールカラーの正しい選び方次は、「ベージュ」です。
薄いシミやそばかすをカバーし、ナチュラルな肌色へ整えてくれるコントロールカラーがベージュです。

それだけでなく、ライトファンデーションとしても活用できるので、ベージュのコントロールカラー+フェイスパウダーだけで、素肌感のあるメイクに仕上げることができますよ♪

JILL STUART Beauty ラスティング ティントコントロールベース 02

¥3,240

販売サイトをチェック

肌別で見るコントロールカラーの正しい選び方⑧ホワイト

www.amazon.co.jp

肌別で見るコントロールカラーの正しい選び方最後にご紹介するのは、「ホワイト」です。
ホワイトのコントロールカラーは、肌にハリを与えて、クリアな透明感のある肌を叶えてくれます。

また、マット感のあるファンデーションと混ぜて使えば、ツヤ感のあるファンデーションに変えることもできるんですよ♪
さらにハイライト効果もあるので、TゾーンやCゾーン・頬にのせて使うこともおすすめ!

Elégance モデリング カラーベース EX UV WH990

¥5,850

販売サイトをチェック
肌別で見るコントロールカラーの選び方を、ご紹介させていただきました。
自分の肌に合ったコントロールカラーを取り入れることで、ガラリと印象を変えることができます。
今まで使っていなかった方も、肌に合わず諦めていた方も、自分はどのコントロールカラーを取り入れるべきなのか見極めて、ぜひ試してみてください。

【関連記事】カフェインHOLICから卒業♡おすすめノンカフェインドリンク9選

健康面を重視して、最近飲む方が増えているノンカフェインドリンク。ですが、コーヒーや紅茶...

コントロールカラー 肌別 選び方

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

小湊 瑠衣

beautiful daysをあなたに♡

>もっとみる