私の耳、なんか変。整形手術で治したい「立ち耳」とはどんなもの?

なんだか、私の耳横に広がりすぎてない……?
そう思ったあなたは、もしかしたら「立ち耳」かもしれません!
立ち耳を治すための手術方法や費用、ダウンタイムについてご紹介します!

この記事の監修

湘南美容外科新宿本院 主任医長 兼 技術指導医 Dr. 村松 英俊

「立ち耳」って?

「立ち耳」とは、正面から見て耳が横に広がっている状態のことを言います。

"立ち耳の女性は可愛い”なんてことも言われますが、それより顔が大きく見えてしまうし、なんだか幼い印象を与えてしまうし、問題点がたくさん!
多くの人はヘアスタイルなどでごまかしているそうですが、何も気にせずアップスタイルを楽しみたいはず。

立ち耳を治して顔周りをスッキリ見せたい!
そのためには整形手術が必要だそうですが、その詳細とはどのようなものなのでしょうか?

立ち耳の手術方法は?

立ち耳の原因は、耳介軟骨と呼ばれる耳裏の軟骨が十分に後方へ形成されてないこと。
この原因を解消するための手術法として、耳裏の付け根あたりを数センチ切開し、糸で癖付けを行う方法が一般的に用いられます!

病院によっては、埋没法による立ち耳の整形手術もあるんだとか。
なんだか、二重整形と同じ感覚でできそう!立ち耳の整形手術は意外にも手軽だったのです。

施術箇所が耳裏なので、傷跡が目立たないという点も嬉しいですね!

ダウンタイムについて

立ち耳の整形手術によるダウンタイムをご紹介します。

✔腫れや内出血
→抜糸後に起こる場合があります。

✔痛みを感じる
→ツッパリ感や鈍痛を感じることも。

✔シャワー・入浴
→シャワーは3日後、入浴は抜糸後から。

✔就寝の際
→3週間は横向きで寝ないように。

気になる費用は……?

今回は、アテナクリニックの値段を参考にします。
立ち耳の整形手術は、30万円~施術可能だそうです。
決して安い値段ではありませんよね……!

しかし、顔や体と違って、耳は自力で改善できるものではありません。
立ち耳や柔道耳といった耳の問題は、整形外科でしか治せないのが事実です。

どうしても立ち耳が気になるという方は、施術を受けることをおすすめします!
病院選びやお医者さんとの話し合いはしっかり行いましょうね♪
立ち耳の整形手術についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
整形手術の中ではあまり主流ではありませんが、立ち耳に悩む人の多くは意外にも施術を受けているのです!
どうしても治したいという方は、是非施術を考えてみてください♪

立ち耳 整形 手術

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

明石愛

都内女子大生*恋愛・ライフ記事が中心

>もっとみる