思わぬ一言にイラッとする!?既婚女性と仲良くしていく秘訣♡

まさかこんな状態になるとは……。
学生時代は「25歳までには結婚する」と豪語していたのに、気がつけば目標の25歳もあっという間に過ぎ、アラサーまでの時間も少なくなってきているのでは?
25歳を過ぎると、なぜか怒涛の結婚ラッシュ。独身女性からしてみれば、改めて自分の今後について考える機会も多くなるでしょう。

そんなとき、既婚女性から「早く結婚しなよ!」と言われると、カチンと頭にきたり。
そこで今回は、独身女性が既婚女性と仲良くしていく秘訣をご紹介いたします。

独身女性が既婚女性と仲良くしていく秘訣①自分の価値観を押しつけない

独身女性からしてみれば「結婚がすべてではない」という意思のもと、あえて結婚はせず、独身の道を歩まれている方もいらっしゃるでしょう。

昔であれば「一定の年齢を過ぎたら嫁ぐ」といわれていましたが、今は一生独身を通す方もいらっしゃるし、パートナーとは事実婚というかたちをとる方もいます。

ライフスタイルが多様化してきているからこそ、自分の価値観を正しいと思い込んではいけません。
たとえ既婚女性から結婚を推し進められても「これがこの人の価値観なんだ」と、善か悪かで分けるのではなく、一つの価値観として受けとめましょう。

また自分にとっては結婚の優先順位が低くても、結婚した友人にとっては、どうしても結婚したいと思う相手に巡り会えたのでしょう。
どちらが大正解というわけではなく、どちらも人生の一つである以上、イライラ・モヤモヤするだけ、時間がもったいない♡

独身女性が既婚女性と仲良くしていく秘訣②適度な距離を保つ

多様な価値観があるとはいえ、独身女性と既婚女性とでは話が合わなくなるのは当然です。

たとえば独身女性は、まだまだ仕事モードでいる一方、既婚女性は仕事よりもプライベートを重視している場合は、どうしても話は噛み合わなくなります。
お互いに違和感を覚えたまま以前と同じように付き合おうとすると、どうしてもひずみは生じるでしょう。

既婚女性と仲良くしていくためには、今まで以上に適度な距離を保つことが必要です。
例えば今までは毎週末会うのが習わしだったなら、今度から1か月に1回、あるいは2か月に1回程度におさえておくのです。

距離ができれば、お互いに受けとめられるキャパができてくるでしょう。
無理やり「友達だもんね」と言い合っていたところで、お互いが感じている違和感をカバーすることはできないのです。

独身女性が既婚女性と仲良くしていく秘訣③SNSの閲覧時間を決める

独身女性にとって、SNSを見たことでモヤモヤしだす瞬間も多くなるでしょう。
毎回開くたびに「ご報告」と題して、あちらこちらで結婚・出産報告がされていると、まるで本当にその流れを歩んでいる人しか、正しい道ではないかのような錯覚に陥りませんか?

しかし独身でいることは本来、マイナス要素に捉える必要はないことです。
むしろ誰にも寄りかからずがんばっているのは、かっこいい♡

SNSを見ることでストレスを感じる瞬間が多くなっているなら、あらかじめ閲覧時間を決めておきましょう。

例えば、お風呂にお湯を入れている間の数分間でチェックすると決めておけば、常に見なくても、ある程度の情報量はまとめて見ることができますよね♡
手持無沙汰になるたびにSNSを見ていれば疲れるのも当然です。

独身女性が既婚女性と仲良くしていく秘訣④既婚女性の前では仕事の話はしない

既婚女性の全員とまではいいませんが、結婚を選択した以上は、どちらかというとプライベートを重視される方が多いのでしょう。

なかには出産後、子どもに合わせてキャリアを変更する人もいます。
おそらく、キャリアを変更することに納得できている方ばかりではないはず……。

既婚女性の複雑な胸の内を察しないまま、仕事で成功している話をしても嫉妬されるだけ。
結局、既婚女性から「独身は自由でいいよね」なんて言われて、それはそれでこちらとしては腹が立つ一言です。

既婚女性の前では極力、仕事の成功話は話さないほうが安全♪
どうしても話したくなったら、あなたと同じ独身でがんばっている女性に話しましょう。
独身と既婚。それぞれ選んだ道が違っている以上、どうしても今までのようにはいきません。
それでもお互いに大切な友人と思っているなら、知らない間に相手を傷つけないように言動には十分注意しましょう♡

【関連記事】常にハッピー思考で楽しむこと!周りから愛される人になる方法とは

あの子ってなんであんなに周りから愛されているんだろう?恵まれているんだろう?と思ったこ...

独身女性 既婚女性 仲良く 方法

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

山口 恵理香

webライター。
モットーは「瞬間を生きる」。得意ジャンルは恋愛とライフスタイル。年間2000記事以…

>もっとみる