ミス・ユニバースも実践!タニタに学ぶ「美人をつくる習慣」4つ♪

BEAUTY

ヘルシーな社員食堂でダイエットに成功した社員が続出し、一気に有名になった健康総合企業の「株式会社タニタ」をご存知ですか?
ミス・ユニバースジャパンの食事サポートも手がけている、とっておきの美のレシピを紹介します♪

タニタの美レシピ① 天然の食べ過ぎ抑止ホルモンを出す

出典:wooris.jp

白米やパン、うどんなどをどれだけ食べたとしても、アミノ酸(タンパク質)を摂取しなければ食欲は収まりません。

糖質の多い主食を控えて、代わりに卵や肉、魚、大豆製品などの良質なタンパク質を食べることで、満腹感が刺激され、食欲を抑えることができます。

また、そこにプラスして、梅干しやしそ、酢などを摂取すると、肥満ホルモンの分泌を抑制してくれるのでオススメです♪

酢や大豆製品など、伝統的な和食で使われる食材は、酸化、糖化、炎症を予防してくれる、アンチエイジングに最適な味方です。ストレスなく食事量を減らして、肥満も予防しちゃいましょう!

タニタの美レシピ② アイスクリーム好きは実は貧血を引き起こしているかも……

出典:item.rakuten.co.jp

人は鉄分が不足すると舌の温度が上昇します。そのため、冬場でもかき氷やアイスクリームを食べたくなってしまうのです。

鉄分が不足すると貧血になりますが、若い女性は特に貧血気味の人が多く、女性の約4割が貧血だと言われています。

貧血は目の下にくまを作ったり、肌をくすませたり、太りやすく痩せにくい体にしたり、とまさに美の大敵です。

思い当たる節がある方は、レモンなどの柑橘類と一緒に、魚や肉を食べて"ヘム鉄"を摂取するように意識してみてください!

貧血予防で有名なひじきやほうれん草に含まれているのは、"非ヘム鉄"と呼ばれる鉄分のことで、吸収率は"ヘム鉄"の方がいいので、なるべく肉や魚から摂る方が望ましいです。

タニタの美レシピ③ 食後の猛烈な眠気は危険信号

出典:idiva.com

食後に猛烈な眠気に襲われたり、普段からよく食事を抜いていたり、間食に甘いものを食べている人は要注意です!

このように血糖値を急上昇、急降下させるような食事をしていると、ホルモンバランスが崩れて、前糖尿病のような症状が出てきてしまいます。

なるべく空腹を感じた時はお菓子ではなく、ビタミンやミネラルを補給できるよう、ナッツや野菜スティック、チーズ、海藻、豆乳など上手な間食を選択しましょう♪

私もまさにこのような症状が出て、気分のアップダウンがとても激しかったのですが、一回一回の食事に集中して、全力で食事を楽しみ、甘いものが欲しい時は一番食べたいものをゆっくり少しずつ味わうように意識すると、少しずつ症状が緩和されてきました。

タニタの美レシピ④ 美肌をつくるのは「ミルクとベビー」

出典:www.tomizawa.co.jp

ミルクとは、海のミルクである牡蠣、畑のミルク・大豆、スキムミルクなどのことを指します。

また、ベビーとは、ベビーリーフ、卵類、しらす、ちりめんじゃこ、スプラウト、発芽玄米、ナッツ、植物種子のことです。

ミルクとベビーには豊富な栄養素が含まれているだけでなく、野菜のベビーなどは、生えてすぐ収穫されているので、農薬なども比較的少ないです。

特にベビーリーフは色々な野菜のベビーなので、とてもオススメです♪今度食材を買う時は、ぜひ「ミルクとベビー」を意識してみてください。

いかがでしたか?
タニタが紹介する美の秘訣は、毎日の生活にすぐ取り入れられるわかりやすいものばかりです♪
興味がある方はぜひ、タニタに関連する書籍を読んでみたり、実際にタニタ食堂へ足を運んでみてください♡