彼や友達に隠すのはもう疲れた。わきが・多汗症は美容医療で治ります!

BEAUTY

汗をかくとぷ~んと臭ってくる、あの感じ。なんとかごまかそうとしても隠しきれないのが現状です。
そんなわきがのお悩みを抱えている人や、汗をたくさんかいてしまう多汗症の人、必見!
ここでは、なんと美容医療でわきが・多汗症を治してしまう方法をご紹介します。

なんで脇から臭いがしてしまうの?

夏場になると、電車に乗ったり街で人とすれ違ったりするときに、なぜか臭いをチェックしてしまうことありませんか?
わきがの臭いはとても独特で、思わず鼻をつまんでしまいたくなるほど強い臭いを放ちます。

そんな厄介なわきがですが、どうして臭いがしてしまうのでしょうか?
臭いの大元の原因はワキの下にある「アポクリン腺」にあると考えられています。

よく汗をかくと「すっぱい臭い」がしますよね。このすっぱい臭いの原因である「エクリン腺」とは全く違い、例えるなら鉛筆の臭い、古くなった洗濯バサミの臭い、納豆の臭いのような臭いを放ちます。

わきがかどうかの判断方法とは?

わきがかどうか、一般的にどのようにして判断をしたらよいのでしょうか。
ここでは、判断方法として一部をご紹介します。

・耳垢が湿っているかどうか(耳の中にあるアポクリン腺からの汗が原因であり、従って体のアポクリン腺も多いという傾向になる)
・専門医による嗅覚で判断を仰ぐ
・血族にわきがの人がいた場合(わきがは優性遺伝する。片親だと50%、両親だと80%に遺伝)

「もしかして、わきがかも!?」と感じたら、自己判断をせずに美容外科や形成外科での診断を受けてみてくださいね。

わきがと多汗症は別物!?

一方、「多汗症」も「汗」が原因で問題を引き起こします。
多汗症とは、上記にて「すっぱい臭い」と表現したエクリン腺から必要以上に汗が分泌される状態のことをいいます。

特に運動などをしているわけでもないのに汗が大量に出るのが特徴で、体質や精神的なストレス、食生活などが原因と言われています。

多汗症の人が必ずしもわきがとは限りません。わきがは汗の分泌で臭いを発するため、わきがと多汗症はセットで考えられてしまいがちですが、本来の汗腺は違う部分のため全く別物なのです。

わきがも多汗症も美容医療で治せる時代!

では、わきがや多汗症はどうやって治せるのでしょうか。

一般的な治療法としては、
・手術(せん除法・皮弁法)……わきのシワに沿って2~3センチ切開し、臭いの元となるアポクリン腺や汗腺を取り除く。わきが治療で一番確実な方法。
・超音波吸引法……細い管を使用し、アポクリン腺を取り除く。手術は簡単。
・シェーバー法……高速移動する刃で組織を取り除く。効果はせん除法に劣る。

といった方法がありますが、多汗症を同時に治療する場合は、ボトックス注射がオススメ。ボトックス注射は治療時間5分ほどで終了し、汗の量を大幅に減らせます!

ボトックスのみでわきがを治すことはできませんが、わきがと多汗症が両方ある場合には汗の量が減ることで、アポクリン腺で作られたわきがのにおいが散らばるのを防げます。

今やボトックス注射という美容医療でわきが・多汗症は治せる、もしくは軽減できる時代なのです。
お値段も上記手術法よりも比較的安価なので、気軽にお悩み解消できそうですね!

ただ、ボトックス注射はデメリットとして効果が永久ではなく、数ヶ月~1年に1度の施術が必要になってきます。

わきがや多汗症かも?と心配になったら1日でも早くお悩みから解放されなきゃ損!
今や美容医療でお気軽に治療できるので、お悩みを解決して夏場のノースリーブやTシャツ、冬場のコートを脱いだ後も堂々としていられたら素敵ですね。