もう喧嘩したくない!彼氏と長続きする方法4選

LOVE

彼氏ができても上手くいかなくてすぐ別れてしまったり、マンネリしたりと悩める女子は多いはず!
停滞期で「なんでこうなったんだろう」と後悔している子もいるかも……。
そんな悩める女子に、彼氏と長続きする方法をお教えいたします♪

彼氏と長続きする方法①求めすぎない

「私は彼に予定を合わせているのに、彼はいつも自分都合。」
「友達の彼は駅までお迎えに来てくれるのに、私の彼は私をほったらかし……。」

付き合っていると色々と不満が出てくると思いますが、彼に求めすぎないことが大事です。

あなたにはあなたの考えがあるように、彼にも彼なりの考えがあり、彼の生活があります。
あなたがマイナス評価してしまっているだけで、彼的にはあなたを想って頑張ってくれているのかもしれません。

彼に自分の理想を求めすぎて、精神的な負担を与えてしまうと彼も苦しくなってしまいます。
カレに求めすぎず、期待せずに付き合うと、些細なことでも優しいなと思えたり、幸せを感じられて長続きできます♪

彼氏と長続きする方法②定期的に「褒める」「励ます」こと

人は誰でも褒められたり、励まされたりすると嬉しいものですよね。
彼も仕事のことを褒められたり、落ち込んだときに励まされたら嬉しいはず♪

彼が忙しそうだったり落ち込んでいるときは、さりげなく褒めてあげましょう♡
「私はあなたが頑張っていることや、あなたのいいところも知ってるよ」というアピールってすごく大事!

きっと彼も「俺のことよく見てくれているんだな!」と元気になってくれるし、「こいつしかいない!」とあなたの存在に感謝して、もっと大事にしてくれるはずですよ。

また、彼のプライドも傷つけないためにも褒めることは大切です。

彼氏と長続きする方法③「文字」と「声」の会話の違いを理解する

普段、彼と連絡をどのようにとっていますか?
ほとんど連絡はとらずに会って話すタイプ、常にLINE(ライン)やメールなどで連絡をとっているタイプ、電話をよくするタイプなど。
カップルにはいろいろなパターンがあると思いますが、直接話したり、電話で話たりしないと不安に感じることありませんか?

たとえば、何気ない会話をLINEやメールでしていると、普段絵文字を使う人なのにいきなり絵文字がなくなったら「あれ?怒っているのかな?」と思ってしまったり……。
画面上の文字だけでは、電話や直接会って話すのと違って声のトーンや顔の表情がないので、伝わらないことが多くありますよね。

「文字」と「声」の会話の違いをしっかり理解して、彼に勘違いさせないように、勝手に勘違いしないように気をつけましょう♪

彼氏と長続きする方法④愛情表現はバランスが大事

彼のことが好きでも、毎日のように「好き」「愛している」と言葉にしていたら慣れてしまって飽きてしまうもの。
初めのうちから愛情表現をたっぷりしていたら、3ヶ月後、半年後……年月を重ねるごとに味気なくなってしまいます。

だからと言って全く愛情表現しないのもよくありません!
ここぞというタイミングで、「好き」と言葉にしましょう。

また、言葉にはせずとも日常の行動で愛情表現をすることが大事。
たとえば、彼の好きな料理を作ってあげたり、疲れていたらマッサージしてあげたり。
相手の状況を考えて行動してあげることも立派な愛情なんです。

長続きするためには、お互いに依存しすぎないことも大切。
お互いの世界を認め、受け止めながら付き合っていけば自然と上手くいくはず。
2人の時間も、それぞれの時間も大事にできるカップルになれると素敵ですね♪