プーさんの原作も!大人だからこそ響く、おすすめ岩波少年文庫☆

LIFESTYLE

梅雨こそ、おすすめなのが読書。
あのプーさんの原作をはじめ、サクッと読めて手軽なのが「岩波少年文庫」。
子供の時に読んだ方も多いかもしれませんが…大人になった今だからこそ、心に響く名作をご紹介します♪

大人にもおすすめ♪岩波少年文庫①クマのプーさん

引用:www.amazon.co.jp

ディズニーキャラクターでおなじみ、『クマのプーさん』。
なんと原作は二部作なんです♪(続編で完結作は『プー横丁にたった家』)

中でも名言は、プーさんとピグレットの会話。
「プー、朝起きた時、最初に自分に話しかける言葉はなんだい?」
「『朝ごはんは何かなあ?』だね。ピグレット、君はどうなんだい?」
「ぼくは、『今日はどんなワクワクすることが起こるだろうなあ?』って言うよ」
「じゃあ一緒だね」

なんだか明日が楽しみになるセリフですよね♡
全体的にほんわかしていて、温かい挿絵付きの文章にほっこりします。
お友だちや恋人をもっともっと大事にしよう!と思える一冊です。

クマのプーさん (岩波少年文庫 (008))

¥734

販売サイトをチェック

大人にもおすすめ♪岩波少年文庫②長くつ下のピッピ

引用:ehon-house.com

カラフルで、グッズ商品も人気のある『長くつ下のピッピ』。
北欧スウェーデンのお話って知ってました?♡
ムーミンやインテリア、落ち着いた印象が多い北欧ですが…こんな色鮮やかなイラスト&チャーミングなお話もあるんです。

子供だけど、親がいなくて一人暮らし、自由奔放で気ままなピッピ。
ハチャメチャでいつも周りをビックリさせますが…自立していて強い女の子でもあります。
そんな芯のある性格に、ライフスタイルのお手本として学べることも多いはず!

全部で3部作で、実写映画化もされています♪

長くつ下のピッピ (岩波少年文庫 (014))

¥734

販売サイトをチェック

大人にもおすすめ♪岩波少年文庫③星の王子様

引用:www.amazon.co.jp

長年愛されてきた、フランスの名作『星の王子様』。
箱根にミュージアムもあります♪

読み返す度に、心に響く箇所が変わる大人向けの絵本です。
年月を置いて読み直すと、自分の成長に気付ける、手元にずっと置いておきたい一冊。
新装版や、文庫版など様々なバージョンで出版されているので、プレゼントにもおすすめです。

なんと今年の11月、3Dアニメで映画化されます♡今後、ますますブレイク予感がしますね!

星の王子さま (岩波少年文庫 (001))

¥691

販売サイトをチェック

大人にもおすすめ♪岩波少年文庫④モモ

引用:www.amazon.co.jp

独特な世界観が大人気の、ミヒャエル・エンデの『モモ』。

子供向けに出版されていますが、『時間とは何か』『忙しさの中で、生きることの意味を忘れてしまった人々に対する警鐘』がテーマになっています。
ミステリー要素が強いので、続きが気になってグイグイ読んじゃいますよ!
きっとモモを読むと、日々の過ごし方やライフスタイルを見直すきっかけにもなるはず♪

少し奇妙だけど、引き込まれる挿絵とストーリーです。岩波少年文庫の人気ナンバー1作品でもあります♡

いかがでした?
小さい頃は心に響かなかった作品も…大人になって読み返すと、新たな発見があります!
どれも短い時間で読めちゃうので、ゼヒ手に取ってみて下さいね♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。