20〜30代での発生が急増中!子宮頸がんのがん検診Q&A

BEAUTY

高橋メアリージュン(たかはしめありーじゅん)さんも罹患していたと告白した子宮頸がん。
実は、子宮頸がんは20〜30代での発生が急増しています。
みなさんは子宮頸がんのがん検診、受診していますか?

子宮頸がんのがん検診Q&A!子宮頸がんについて

引用:ganjoho.jp

<子宮頸がんとは>
まず、子宮のガンには子宮体がんと子宮頸がんがあります。
子宮体がんより子宮頸がんの方が、若い年齢で発症しやすいです。
子宮頸がんとは、子宮の入り口である子宮頸部に発生します。
子宮の入り口なので、婦人科での診察や検査がしやすく、発見しやすいがんです。
そして、早期発見できると治療しやすく、子宮の温存もでき、予後のよいがんです。
しかし、進行すると子宮をとってしまわないといけないこともあります。
従って早期発見がとても重要です。

<子宮頸がんの原因>
子宮頸がんの原因として、ヒトパピローマウイルス(HPV:Human Papillomavirus)への感染があります。
ヒトパピローマウイルスは性行為で感染するウイルスです。
子宮頸がんの患者さんの9割以上からこのヒトパピローマウイルスが検出されており、子宮頸がんの原因として確立されています。
ヒトパピローマウイルスに感染することは稀ではなく、多くの場合は感染しても症状が出ないまま自分の免疫の力で排除すると考えられています。
ヒトパピローマウイルスが自己免疫力で排除されずに感染が続き、治癒しないと、子宮頸がんへ進行すると考えられています。
ヒトパピローマウイルスには複数の型があり、一部の型の感染を予防できるワクチンが出てきていますが、ワクチン接種を受けた後も定期的に子宮頸がん検診を受けなければなりません。

<ヒトパピローマウイルス感染の調査>
日本人を対象としたヒトパピローマウイルス感染の調査では、性交経験のある女性の約10%の子宮頸部から子宮頸がんの高危険群のヒトパピローマウイルスが検出されたという報告があります。
このようにヒトパピローマウイルスに感染することは珍しくありませんが、感染しても90%の人が2年以内に自己免疫力でウイルスを排除します。
残りの約10%の人が感染が持続し、子宮頸がんに進行すると考えられています。

<子宮頸がんのリスク因子>
子宮頸がんのリスクとしては、若い年齢での性行為体験、性的パートナーが多い、不特定多数としょっちゅう性行為を行なっているなど、ヒトパピローマウイルスに感染する機会が多いとリスクになるといえます。
また喫煙も、子宮頸がんの危険因子であることが指摘されています。

<子宮頸がんの症状>
通常、がんの初期では無症状ですが、進行すると
・不正出血(生理ではないのに出血する)
・性行為の際の出血
・異常なオリモノ
・下腹部痛
などが現れます。

引用:ganjoho.jp

上のグラフは、子宮頸がんの年齢別罹患率の年次推移を表しています。

このグラフを見ると、上皮内がんを含めた子宮頸がんの発生率は、50歳以上で減ってきています。逆に20歳から29歳で急増しています。

これにはヒトパピローマウイルス感染と関係していると考えられます。
高齢になるほど多くなるほかのがんと違い、性活動が活発な若い年齢で感染の機会が多いため、このような発生率になると考えられます。

ここからは、子宮頸がんのがん検診についてご紹介していきます。

子宮頸がんのがん検診Q&A!子宮頸がん検診について

<スクリーニング検査>
子宮頸がんの検診では、まずスクリーニング検査として子宮の入り口の頸部を綿棒のようなものでこすり取って細胞を集め、顕微鏡で調べる細胞診検査を行います。
20歳を過ぎたら、2年に1回子宮頸がんの検診が勧められています。

<精密検査>
細胞診検査の結果がんの疑いが強い場合は、がんが疑われる部分を狙って組織を採取し、顕微鏡で検査する組織検査という精密検査を行います。

<がんが発見される割合>
スクリーニング検査である細胞診受診者の1%に精密検査が必要となり、精密検査が必要な人の中でがんが発見されるのは約10%弱と高い確率です。
しかし、これらの半数以上はごく早期ながんであるため、子宮を温存した治療が可能です。

<異形成ってなに?>
検診の結果は大きく分けて「正常」「異形成」「がん」と分類されます。
「異形成って何だろう?」と疑問に思いますよね。
異形成は子宮頸がんの前段階、前癌状態であると言えます。
異形成には、①軽度、②中等度、③高度、の3つがあります。軽度異形成のほとんどは自然治癒して正常細胞に戻ります。中等度や高度異形成の場合は、必要に応じて治療します。
異形成という言葉に慌てずに、きちんと対処することが大切です。

子宮頸がんのがん検診Q&A!

<服装は?>
内診台に上がって検査するので、服装はズボンよりスカートが好ましいです。
ストッキングも脱いだり着たりするのに時間がかかるので靴下がオススメ。
靴も脱ぎやすいようブーツなどは避けましょう。

<痛みは?>
通常の子宮頸がん検診では、性交経験がある方なら強い痛みは生じません。
しかし子宮内膜症やその他の疾患があると痛みが起こることがあります。
また、緊張して力んでしまうと痛みを感じることがあるので、できるだけ下半身の力を脱いてリラックスしましょう♪

<生理中は?>
生理中でも検査は可能ですが、正しい結果が得られないことがあります。
検診を受ける病院によっても検査可能か異なるので、病院に電話して問い合わせてみましょう。

<2年に1回の検診でいいの?>
子宮頸がんは進行が非常にゆっくりながんなので、2年に1度でも良いとされています。
ただし前回検査結果が異形成などの場合は、半年から1年に1回の検査が必要となります。医師の指示に従って受診してください。

いかがでしたか?
子宮頸がんは若い女性に急増しており、早期発見が非常に重要なんです。
定期的にがん検診を受診しましょう。