脱毛サロンでまさかのNG!?自己処理はどこまで行うのが正解なの?

脱毛サロンでまさかのNG!?自己処理はどこまで行うのが正解なの?

BEAUTY

脱毛サロンに行く時に、自己処理はどうすればいいのか、不安に思う方も多いようです。

脱毛サロンに契約を申し込んだ時や、初回の予約を取った時に、自己処理についての説明は通常あります。
しかし、なぜそうすべきなのかを知らなかったり、どこまで自己処理をすべきなのかを忘れたりすることもあるでしょう。

そこで今回は、脱毛サロンで施術を受ける前後の自己処理について、詳細をご紹介していきます。

そもそも、脱毛ができる部位はどこ?

脱毛は、ほぼ全身の部位が対象となっています。

まず1番人気の脱毛部位は、ワキ。
自己処理をすると最も色素沈着しやすい箇所なので、みんな脱毛処理をしたくなるんですね。

腕も人気の部位の一つ。
夏などは特に人目に付きやすいところですし、冬でも処理は欠かせないという方も少なくないはず。

そして最近人気なのが、VIOライン(デリケートゾーン)です。
自己処理が難しい部位ですし、水着の時にムダ毛を気にしなくて済みます。
また、温泉で毛深くて恥ずかしい思いもしなくて済みますね。

さらに、意外にも注目を浴びている部位が、鼻下やアゴといった、顔全体の産毛脱毛。
服で隠すことができないところである上、肌の中では特に繊細なので、脱毛サロンで処理をしたいと考える方が多いそうです。
ただし、顔の脱毛は、全てのサロンで必ずしもできるとは限りません。
全身脱毛に含まれていないケースもありますので、サロン選びの際には注意してくださいね。

その他にも、脚・背中・胸・お腹・うなじ・襟足・指などの脱毛ができます。

脱毛の施術の前に、ムダ毛の自己処理は必要?

脱毛サロンや美容クリニックで施術を受ける場合、ほとんどの施設で2~3日前に自己処理をするよう依頼されます。

しかし、脱毛方法にも違いがあり、自己処理を禁ずる場合もあります。
例えば、美容クリニックでニードル(針)脱毛をする際は、自分で処理しないよう指示されるでしょう。

しかし多くの脱毛施設では、自己処理が必要であると認識しておいてください。
自己処理が事前に必要である理由は、多くのサロンで使用している脱毛機器の性質にあります。

脱毛は、特殊な光を肌に照射することで、毛根部分にあるメラニン色素に反応させ、毛が抜ける仕組みになっているんですね。
「それならムダ毛が生えている状態で施術してもいいのでは?」と思われるかも知れませんが、毛足が長いムダ毛が残っていると、表面にある肌にダメージを与えてしまう可能性があるのです。

そうしたことからも、毛の長さは、最小限の状態にしておかなければなりません。

事前に自己処理をするよう案内があった脱毛サロンでは、自己処理を忘れて来店した際、安全を優先して、その日の施術を断るケースもあるんだとか。
それほど、ムダ毛の自己処理は大切なんです。

自己処理はどこまですべきなの?

施術前の自己処理については、サロンによって案内に違いがあるようです。

必ず最初に説明があるので、軽く聞き流すのではなく、しっかりと把握しておくことが大切ですよ!

自己処理を忘れた場合や、指示通りにきちんとできていない場合の対応も、サロンによって対処の仕方が異なります。
もしうっかり忘れてしまった、聞きはぐれてしまったといったことがあれば、サロンへ確認するようにしましょう。

自分で自己処理しにくい部位は、脱毛サロンで行ってくれることもあります。
どこまでが対象範囲なのかも、認識しておく必要がありますね。

また、クリニックのニードル脱毛の場合は、前述したとおり、自己処理自体が不要になるようです。
ムダ毛がある状態で施術を受けてくださいね。
ニードル脱毛は、毛根に高周波や電気を流す方法なので、ムダ毛がないと施術をすることが難しくなってしまうんだとか。

いずれにしても、脱毛施設の指示に従うべきですね♪

自己処理を忘れた場合に求められること① 追加料金

うっかりして、自己処理を忘れて脱毛サロンへ来店した場合、シェービングしてもらえるサロンもありますが、追加料金が必要になるサロンがほとんどのようです。

また、忘れたわけではないものの、自己処理が不十分だった場合には、サロンにもよりますが、追加料金が必要になることが多いです。

シェービングが有料のサロンでは、シェービング代金を支払うサロンもあれば、施術の1回分の料金が必要になるサロンもあるようです。

脱毛サロンの利用をはじめる前に、事前に追加料金の仕組みについて確認しておく必要がありますね。

自己処理を忘れた場合に求められること② キャンセル(1回分消化)

自己処理を忘れて来店した場合、シェービングをしてもらえない施設もあります。

その日の脱毛はキャンセルとなってしまい、契約回数の1回分を消化せざるを得なくなります。

また、自己処理を頑張って行った場合でも、毛足の長いものが残っていれば、キャンセルになってしまうこともあるそう……。

さらに、自己処理を行った後の肌の状態にも要注意です。
自己処理には、顔用の電気シェーバーなどを使用するのがベター。
毛抜きや使い古したカミソリを使用すると、肌が荒れてしまい、結果的に施術を断られてしまうこともあるのです。

特に毛抜きは、自己処理に絶対に使用しないでください。
毛根まで抜けてしまうので、光を照射した時に反応するメラニン色素がなくなってしまうからです。
せっかく脱毛サロンで施術をしても、効果をなさない可能性がありますよ。

自己処理を忘れた場合に求められること③ シェーバーの購入

脱毛サロンによっては、自己処理を忘れてしまった場合、シェーバーを購入しなければならないケースもあります。
これも、契約前に事前に確認しておきましょう。

シェーバーを購入しなければならない理由は、衛生面と安全性を保つためです。
他人が使用したシェーバーを使い回すことは、大変危険だからです。

また、購入したシェーバーを使って、セルフでシェービングを行えるサロンや、スタッフに処理をしてもらえるサロン、どちらでも選択可能なサロンがあるんだとか。

どのようなサロンであっても、脱毛する日には常に小型のシェーバーを持参すると、追加購入の心配がなく、安心かもしれません♪

脱毛施術を受ける前に行う自己処理で注意すること① 3日~前日までに行う

脱毛サロンでは、自己処理を3日前〜前日にするように説明を受けるでしょう。

こうした期間を設けていることには、理由があります。

まず、3日以上前だと、施術までに毛が伸びすぎてしまいます。
前述した通り、脱毛機器の光はメラニン色素に反応します。
照射した途端、毛根ではなく、毛足の長い部分に影響してしまうので、施術の効果を妨げる可能性があるのです。

また、肌が強い方なら、施術の前日に自己処理しても問題はないのですが、自己処理によって肌が赤くなってしまったり、炎症が起きたりしやすい方なら、2日前までに済ませておきましょう。
肌に以上がある場合、施術をキャンセルしなければならないこともあるのです。

万が一肌トラブルが起きても、1~2日ほどで治まるケースがほとんどです。
肌が弱い方は、2~3日前までに自己処理する方が安心ですね。

このようなことから、事前の自己処理は3日~前日にするよう指示されるのです。

脱毛施術を受ける前に行う自己処理で注意すること② 毛抜きを使わない

これまで毛抜きで自己処理をしていた方は、脱毛サロンに通い始めた後も、つい毛抜きを使いたくなってしまうものです。

先にもご紹介しましたが、自己処理は顔用の電気シェーバーが理想的。
そして、絶対に使ってはいけないアイテムが、毛抜きです。

脱毛サロンは、1~3ヶ月の間隔を開けて通うものです。
これは毛周期に合わせているためですね。

そのため、完全脱毛が完了するまでは、自宅での自己処理もある程度は必要です。
その際も毛抜きは使うのは避けましょう。
毛根から抜いてしまうと、この毛周期までもが乱れてしまいます。
脱毛が完了するのに必要な回数や期間に影響を与える可能性があるので、気をつけましょう!

脱毛施術を受ける前に行う自己処理で注意すること③ 保湿をたっぷりと行う

脱毛サロンでの施術後は、肌の保湿をしっかりと行うことが大切。

サロンによっては専用の保湿クリームなどを塗ってくれますが、自宅でのケアこそ入念に行うべきなんです。

また、脱毛サロンで施術を行う前の自己処理の際にも、保湿が重要になります。

脱毛による肌トラブルは、乾燥によって起きることが多いもの。
注意を怠ると、肌が荒れてしまいますよ。

脱毛施術を受ける前に行う自己処理で注意すること④ 健康な肌状態を保つ

自己処理を完璧に行ったのに、施術を受けることができない場合もあります。

それは肌の状態に問題があるケースです。

自己処理によって肌に赤みが出てしまったり、傷がついていたりといった、肌に何らかのトラブルを抱えている場合、脱毛によってさらに大きなダメージを与えてしまいかねないので、施術を受けることができないのです。

また、施術を受けられない要因は、自己処理による肌荒れに限りません。
日焼けをしてしまったり、肌の黒ずみがひどかったりする場合も、同様なんです。

特にデリケートゾーンの自己処理の際、目に見えない傷をつけてしまい、施術時に必要以上の痛みを感じてしまうこともあります。

施術を受ける際には、万全の肌状態で受けることができるよう、日頃のケアにも気をつけてくださいね。

脱毛サロンで施術を受ける前後の自己処理についてご紹介しましたが、疑問は解消できましたか?
クリニックやサロンによって違いもあるので、気になることがあればスタッフに確認して、安心して施術を受けるのが1番ですね。
特にデリケートゾーンに関しては、聞きにくいことも多いはず。
でも、「恥ずかしいな」と思うことについても、スタッフは聞き慣れていたり答え慣れていたりするので、心配しなくて大丈夫ですよ♡
肌状態が気になる場合は、皮膚科へ相談するのもいいですね。