未婚のうちに知っておきたい!妊娠・出産・子育ての大変さ

将来は子供が欲しい、と思っている女性は沢山いるでしょう。
子供ができたら一緒に買い物へいったり、遊びに行ったりと、やりたいことを想像するだけでも楽しいですよね♪
しかし、妊娠や出産、そして子育ては喜びだけでなく、想像を絶する苦労もあるのです。
今回は、妊娠、出産、子育ての大変さをいくつかご紹介していきます。

未婚のうちに知っておいた方が良い理由

妊娠や出産、子育ての具体的な大変さは、経験してみなければ理解しがたいものです。
しかし結婚後や出産後に、何もイメージせず経験するよりも、何となくでもイメージを持って経験する方が良いでしょう。

特に、「私なら子育てできる!」など自信を持っている場合は、できると思っていたことができないと凹みやすく、自己嫌悪に陥りやすい可能性が高いのです。

また、色々な壁を乗り越えるために、貯金の有無やパートナーと協力できるかできないか、モチベーションや苦労の大小が大きく左右されます。

妊娠、出産、子育ての苦労を何となくでも知っておくと、一緒に苦労を乗り越えられるパートナーかどうかを見極める助けにもなるでしょう。

未婚のうちに知っておきたい!妊娠・出産・子育ての大変さ▷妊娠

まず、妊娠したくてもなかなかできない場合は、不妊治療を始めなくてはなりません。
しかし、この不妊治療が結構大変なのです………!

最近では、晩婚化が進んでいることや生活習慣が乱れている方が多いために、不妊に悩んでいる方も少なくありません。

一言に不妊治療といっても、タイミング法、投薬治療、何かしらの手術、人工授精、体外受精など、様々な方法があります。
不妊治療は、精神的にも体力的にも大変なものですが、金銭面での負担も多くあります。
そのため、お金の貯めやすい独身時代に、できるだけ貯金をしておくと安心でしょう。

そして妊娠できた場合も大変なことはあります。
つわりに悩まされたり、食べ物や行動などが色々と制限されたりします。

入院が必要な事態になることも少なくないので、仕事を休まなくてはいけない場合や、思わぬ大きな出費があることもありますよ。

未婚のうちに知っておきたい!妊娠・出産・子育ての大変さ▷出産

出産の大変さは、何と言っても命がけであるということ。
出産は何があってもおかしくない仕事で、立ち会うと壮絶な光景に唖然としてしまう男性も少なくありません。

そして、陣痛の辛さはもちろんですが、力みたくても力むのを我慢しなければならない辛さや後陣痛もあります。

帝王切開の場合、お腹を切るわけですから、当然その傷跡が痛み、産後しばらくは痛みと闘いながらの育児となります。

また、帝王切開よりは痛みは少ないですが、赤ちゃんの出口を広げるために会陰部分を切る会陰切開を行った場合も、1週間程度痛みがあることが多いようです。

未婚のうちに知っておきたい!妊娠・出産・子育ての大変さ▷子育て

子育ての大変さは十人十色です。
生まれたときから手探りで色々な方法を見つけて、目の前にいる子供と日々向き合い、子供と一緒に親も成長していきます。

育児書通りにいかない苦労や社会から疎外されているような孤独感、自分のペースで行動できない拘束感、言うことを聞かない子供とのやりとり……。
命を育てるというとても重い責任感を感じながら、上手く子育てできない自分に自己嫌悪してしまうこともしばしば、という方も多いようです。

そして、子育てをする上で必要不可欠なものが、お金。
生まれてすぐに必要になる大量の育児用品や保育園や幼稚園の費用、習い事や学費などなど。

「もっと貯金をしとけば良かった!」という声を良く聞きますが、後悔しないようにできるだけ備えておくと良いですね。
いかがでしたか?
説明されてもまだピンとこないこともあるでしょう。
しかし、知っているのと知らないでいるのとでは大きな違いが生まれるでしょう。
貯金やパートナーの見極めなど、将来の妊娠・出産・子育てに向けて、今できることはしておきましょう。

【関連記事】結婚を控える女子たちへ♡「ブライダルチェック」ってどんな検査?

みなさん、「ブライダルチェック」をご存知ですか?ブライダルチェックとは、妊娠・出産に影...

妊娠 子育て 大変さ

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

内山愛

3歳の女の子のママです♪
ファッション、映画、旅行、音楽、料理が好きです✨

>もっとみる